◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ロジテック、SDカード8枚を搭載可能なMP3チェンジャ
−FMトランスミッタも付属


2月上旬発売

標準価格:オープンプライス


 ロジテック株式会社は、8つのSDカードスロットとFMトランスミッタを搭載した車載MP3オーディオユニット「LAT-SD100MP3」を2月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11,800円前後の見込み。

 LAT-SD100MP3は「Dialive(ディアライブ)」の愛称でシリーズ展開する。Dialiveの由来については、「生活を活気に満ちたものにするデジタル機器」を意味する「Digital Alive」からの造語としている。

 本体前面にSDメモリーカード/MMCに対応したカードスロットを8基搭載。容量1GBのメモリーカードを8枚使用すれば最大8GB容量のオーディオジュークボックスとして利用できる。オーディオ入力端子も備えており、iPodなどのオーディオプレーヤーの接続も可能となっている。

 前面パネルのボタンでモードや任意のカードを選択でき、各カードごとの再生/停止などの操作が行なえる。対応オーディオ形式はMP3のみで、ビットレートは64〜320kbpsをサポート。ID3Tag Ver.1.1に対応し、前面の液晶パネルにタグ表示が行なえるが、日本語表示はサポートしていない。なお、液晶に加え、各操作ボタンもバックライトで照明される。

 同社では、現在1GBのSDメモリーカードまで動作確認しており、楽曲はメモリーカードの上限まで認識できる。ただし、液晶パネル表示の制限で2桁以上の楽曲の管理が難しいため、最大曲数は99曲としている。

 CLASSIC/JAZZ/ROCK/CLUB/POP/SOFTの6つのプリセットイコライザを装備。早送り/戻しや、一曲リピート、全曲リピートなどの機能も搭載するほか、電源OFFからの復帰時には、電源を切った時点で再生していた曲の先頭から再生が行なえる。

 カーオーディオ機器と、FMトランスミッタ経由または、MP3チェンジャのオーディオ出力経由で接続する。FMトランスミッタの送信周波数は、87.7/87.9/88.1/88.3/88.5/88.7/88.9MHzから選択可能。オーディオ出力利用時の方が、より高品位な音楽再生が可能としている。  外形寸法は133×51×51.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は185g。シガーソケット電源ケーブルや、ACアダプタなどが付属する。

□ロジテックのホームページ
http://www.logitec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.logitec.co.jp/press/2005/0202_01.html

(2005年2月2日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.