◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
SCEI、PSPのファームウェアをアップデート
−動画・音楽のレジューム再生に対応など


3月24日公開


 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは24日、携帯ゲーム機「PSP」(プレイステーション・ポータブル)の最新ファームウェアを公開した。バージョンは1.50。PC経由でアップデートを行なう際のアップデータのファイルサイズは約13.2MB。

PSP

 同ファームウェアを適用することで、ビデオ再生面ではメモリースティックDuoに保存した動画を再生する際、他の動画を再生しても、前の動画で設定した画面モードがクリアされないようになる。

 また、スリープモードから復帰した際に、以前再生していた動画の続きから再生できるレジューム再生機能に対応。復帰後にメモリースティックアイコンが選択された状態で、○ボタンを押すと、以前再生していた動画のアイコンが選択され、その状態でもう一度○ボタンを押すと続きから再生が行なわれる。

 なお、今後発売されるUMDビデオソフトの再生時には、ファームウェアバージョン1.00の段階で、既に上記2点の機能に対応しているという。

 また、メモリースティックDuo内の音楽ファイルの再生でも、レジューム機能に対応。スリープモードからの復帰後にメモリースティックアイコンが選択された状態で、「リモコンの再生ボタンを押す」、「本体のSTARTボタンを押す」、「△ボタンでオプションメニューを表示し、再生を選び○ボタンを押す」のいずれかの動作を行なうことで続きから再生が行なえる。

 さらに、MP3形式の音楽ファイル、および画像ファイルのファイル名やフォルダ名に、アクセント付きアルファベットを使用できるようになった。

 システム面では新たに、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語の表示もサポートした。

 なお、アップデート方法は、PSP本体のネットワークアップデート機能を使って、無線LAN経由でアップデートを行なう方法と、PCでアップデータをダウンロードし、メモリースティックDuoに保存、同メモリースティックをPSPに読み込ませてアップデートする方法の2種類が選択できる。

 ただし、無線LAN経由でアップデートを行なう際も、ファイルを保存するためのメモリースティックDuoが本体に挿入されている必要がある。さらに、アップデートを行なう際はACアダプタも必要。

 また、アップデータが記録されたPSP用ゲームソフトが4月以降、順次発売される予定となっており、同ゲームを起動するとアップデートを促す画面が表示され、アップデートが行なえる。

アップデータを発見するとダウンロードが開始される。この際、同ファイルを保存するため、PSPには14MB以上の空き容量のあるメモリースティックDuoが挿入されている必要がある アップデータのダウンロードが完了

アップデートにはACアダプタの接続が必須となる。接続しない場合はアップデートは行なわれず、旧バージョンで起動する アップデートが完了

□ソニー・コンピュータエンタテインメントのホームページ
http://www.scei.co.jp/
□ファームウェア公開ページ
http://www.playstation.jp/psp/update/ud_01.html
□PSPの公式ページ
http://www.playstation.jp/psp/index.html

(2005年3月24日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.