◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
バッファロー、MP3に対応したHi-MDプレーヤー
−単3電池駆動で約21.5時間再生が可能


MD-HUSB

4月下旬発売

標準価格:27,720円


 株式会社バッファローは、Hi-MDポータブルオーディオプレーヤー「MD-HUSB」を4月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、価格は27,720円。

Hi-MDプレーヤーとして利用できる

 Hi-MD/MDメディアを記録媒体として利用するオーディオプレーヤー。Hi-MD対応のポータブルプレーヤーの製品化は、ソニーに引き続き2社目となる。同社では「データストレージなどのPC関連製品だけでなく、デジタルホーム関連の新しい分野の製品も展開していく」と説明している。

 対応オーディオコーデックはATRAC3/ATRAC3/ATRAC3plusと、WAV、MP3で、付属のオーディオソフト「BeatJam for BUFFALO」から転送を行なう。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XPとMac OS 9.0.4、Mac OS X 10.0.4以降。なお、MP3ファイルの転送については、5月下旬公開予定のBeatJam強化キットが必要となる。

 作成したMP3収録のHi-MDディスクを「MD-HUSB」以外で再生する場合、MP3再生に対応したHi-MDプレーヤーが必要となるが、現在のところソニーの「MZ-DH10P」や「MZ-RH10」などに限られている。また、従来のMDディスクもHi-MDフォーマットを行うことで利用可能で、80分メディアの場合は約300MB容量のディスクとして扱える。

 Hi-MDフォーマットでの対応ビットレートはPCMモード(1.4Mbps)、Hi-SPモード(ATRAC3plus 256kbps)/Hi-LPモード(ATRAC3plus 64/48kbps、ATRAC3 132/105/66kbps、MP3 32〜320kbps)。再生周波数帯域は20Hz〜20kHz、最大出力は5mW×2ch。インピーダンスは16Ω。

 PCとの連携はUSB 2.0を利用する。ただし、Hi-MDの転送速度の制限などから、最大転送速度11MbpsのUSB 2.0 Full-Speedとなっている。オーディオデータの他、通常のデータ用USBストレージとしても利用できる。

 電源は単3電池1本で、連続再生時間はHi-MDモードで21.5時間(Hi-MDディスク)、MDモードで約26時間。外形寸法は84×29×77mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約99g(本体のみ)。画像管理ソフト「蔵衛門2005デジブックPLUS」も付属する。

本体前面に液晶ディスプレイを搭載する USB端子やヘッドフォン出力も備えている

□バッファローのホームページ
http://buffalo.jp/
□ニュースリリース
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/new/2005/003_1.html
□関連記事
【3月2日】ソニー、MP3と新規格「Hi-MD PHOTO」対応MDウォークマン
−CMOSカメラ搭載。カラー液晶に写真/ジャケ写表示
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050302/sony1.htm
【3月2日】ソニー、有機ELディスプレイ搭載の録再対応Hi-MDウォークマン
−MP3再生に対応。ATRACのみサポートの再生専用モデルも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050302/sony2.htm

(2005年4月13日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.