◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ロジテック、iPodとマッチするBluetooth伝送システム
−PCやオーディオ機器の音を離れたスピーカーへ


LBT-AS100C2/A
5月中旬より順次発売

標準価格:オープンプライス


 ロジテック株式会社は、Bluetoothを利用し、ポータブルオーディオやPCの音声をワイヤレスで転送するシステム「Dialive」2機種を発売する。価格はどちらもオープンプライス。

 発売時期と店頭予想価格は、ステレオミニ用の送信機をセットにした「LBT-AS100C2/A」が5月中旬で19,800円前後、USBオーディオ型送信機を同梱する「LBT-AS100C1/U」が6月上旬で14,800円前後の見込み。

LBT-AS100C1/U

 Bluetooth ver1.1をサポートし、音声のデジタルワイヤレス伝送を行なうシステム。送信機と受信機のセットで構成されている。ステレオミニタイプ、USBタイプに付属する受信機は共通。横置き/縦置きが可能で、アンテナは可動式の「ポールアンテナ」を採用。横置き時の外形寸法は100×80×24mm(幅×奥行き×高さ)。重量は130g。

 プロファイルはA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、GAP(Generic Access Profile)、SDAP(Service Discovery Application Plofile)をサポート。送信機に入力した音声は、SBC(Sub Band Codec)フォーマットで受信機へと伝送する。伝送にはFHSS(周波数ホッピング方式スペクトラム拡散)方式を利用している。

 出力クラスは、ステレオミニタイプの送信機がClass2、USBオーディオ型の送信機がClass1、受信機がClass1に対応。通信可能距離はステレオミニタイプが推奨で半径20m、USBオーディオ型が推奨55mとなっている。

 ステレオミニタイプは、ポータブルオーディオ機器のイヤホンジャックなどに接続するステレオミニケーブルが直付けされている。なお、RCAピンプラグとステレオミニの変換ケーブルや、4極平型端子とステレオミニを変換するケーブルも付属しているため、据え置き型のオーディオ機器や携帯電話との接続も可能。

 筐体はiPodなどとのマッチングを意識したホワイトカラーを採用。ブルーLEDの表示ランプも備えている。電源は内蔵のリチウムイオンポリマー充電池を利用。連続使用時間は約6時間。外形寸法は50.5×51.7×14.7mm(幅×奥行き×高さ)。重量は36g。

 USB型の送信機はPCと接続し、USBオーディオとして動作。PCの再生音を受信機に送信する。USBバスパワーで動作し、インターフェイスはUSB 1.1。カラーリングはホワイト。外形寸法は19×49×10mm(幅×奥行き×高さ)。重量は10g。対応OSはWindows 2000/XP。

 受信機は、据え置き型のコンポなどとのマッチングを意識し、アルミパネルを使用したデザインを採用。ブルー発光LEDの表示ランプも備えている。受信機の出力はRCAのアナログを1系統。電源はACアダプタを利用する。

□ロジテックのホームページ
http://www.logitec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.logitec.co.jp/press/2005/0509.html

(2005年5月9日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.