◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
次世代DVD規格の0.1mm統一報道を各社が否定
−ソニー、松下と東芝の交渉は認める


5月10日発表


 ソニー東芝は、10日付け日本経済新聞の「次世代DVDをソニー方式で統一」とする記事に対して、コメントを発表した。

 日本経済新聞では、「ソニーや松下電器などが推進するブルーレイディスクのカバー層0.1mm方式の採用を軸に調整し、それを東芝が受け入れる。代わりに東芝のソフトウェア技術を統合した新規格を立ち上げる」と報道された。しかし、東芝、ソニーではこの統合報道を強く否定した。

 東芝は、「ソニーや松下と交渉を続けているのは事実」としながらも、「0.1mm方式を統一案としているという事実はない」と0.1mmでの統一を完全に否定。また、来週のHD DVDプロモーショングループの会合で統一案を打診するとの報道には、「そもそもプロモーショングループはフォーマットを決めるグループではない。もちろん統一案の打診なども行なわない」としており、週内に具体的な統一案をまとめることも真っ向から否定している。

 ただし、「ユーザーの利便性を考えれば、シングルフォーマットがもっとも理にかなっている。交渉は続けていく」とした。なお、同社では11日よりラスベガスで開催される光ディスク関連展示会「Media-Tech」でHD DVDの大容量化技術などを発表する予定。

 また、ソニーも、「ユーザーにとってより良い環境を提供することを目的として、従来同様に交渉を続けている」とはしているものの、「シングルフォーマットは理想ではあるが、4月21日の段階から特に進展はない。0.1mmの統一案というのも全く決まっていないこと」とコメント。「今回の報道で正しいのは、ソニーと松下、東芝の3社で交渉を行なっているということだけ」としている。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2005_05/pr_j1001.htm
□松下電器産業のホームページ
http://www.panasonic.co.jp/
□関連記事
【4月21日】ソニーや東芝、「次世代DVD規格統一」に向けて交渉か
−ブルーレイとHD DVDを融合させた新規格の可能性
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20050421/bdhddvd.htm

(2005年5月10日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.