◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
DVD「おニャン子クラブ in 月曜ドラマランド」発売イベント
−新田恵利、内海和子、立見里歌、城之内早苗が登場


城之内早苗さん、新田恵利さん、立見里歌さん
DVD-BOXを手にする、城之内早苗さん、新田恵利さん、立見里歌さん(写真左から)
11月16日発売

品番:PCBC-60883

標準価格:10,290円


おニャン子クラブ in 月曜ドラマランド BOX 2
(c)2005 フジテレビ/アズバーズ

 株式会社ポニーキャニオンは19日、「おニャン子クラブ in 月曜ドラマランド BOX 2」の発売を記念して、秋葉原・石丸電気ソフトワンでインストアイベントを開催。同DVDに収録のドラマに出演した、新田恵利さん、内海和子さん、立見里歌さん、城之内早苗さんを招いてトークイベントが行なわれた。

 11月16日に発売された「おニャン子クラブ in 月曜ドラマランド BOX 2」(品番PCBC-60883、価格10,290円)は、「月曜ドラマランド」で'86年〜'87年に放送された、おニャン子クラブのメンバーが初挑戦したドラマを収録したDVD-BOX。特典DISC1枚付きの4枚組みで、収録時間は235分となっている。

 収録されているのは、国生さゆり初主演の「三代目はおニャン子お嬢さま?! 花吹雪893組」(国生さゆり、桜井センリ、三好圭一ほか、'86年3月17日放送)、「おニャン子学園危機イッパツ! とんだ放課後」(福永恵規、内海和子、国生さゆり、城之内早苗、高井麻巳子、長島ナオト、'86年5月12日放送)、城之内早苗主演の時代劇「おニャン子捕物帖 謎の村雨城」(城之内早苗、京本政樹、'87年12月8日放送)の3作品。

 映像は4:3、音声はモノラル。特典DISCには、録り下ろしの秋元康氏とおニャン子クラブのメンバー(新田恵利、国生さゆり、内海和子、立見里歌、城之内早苗)が当時を振り返って対談した「〜必見!これこそホントの恥ずかし裏話〜」や、「夕ニャン」のトレーラーなどが収録されている。

三代目はおニャン子お嬢さま?!
花吹雪893組
おニャン子学園危機イッパツ!
とんだ放課後
おニャン子捕物帖
謎の村雨城
(c)2005 フジテレビ/アズバーズ

左から城之内早苗さん、新田恵利さん、立見里歌さん

 石丸電気ソフトワンで開催されたインストアイベントでは、購入者限定で約60名が参加。会場は、蛍光ピンクのハッピを着たファンだけでなく、若い女性の姿も見られた。駆けつけたファンは、ステージに新田恵利さん、内海和子さん、立見里歌さん、城之内早苗さんが登場すると、当時の掛け声で迎えた。

 早速、「会員番号4番、新田恵利です」、「会員番号15番、立見里歌です」、「会員番号17番、城之内早苗です」、「会員番号13番、内海和子です」と自己紹介。会場は、「夕やけニャンニャン」放送当時のスタジオをほうふつとさせる盛り上りを見せた。

夕やけニャンニャン おニャン子白書 棚卸し <低価格>‘85総決算
(c)2005 フジテレビ

 また、会場のスクリーンには、12月7日発売予定のDVD「夕やけニャンニャン おニャン子白書 棚卸し <低価格>‘85総決算」(品番PCBC-5089、3,990円)を先行上映。

 夕やけニャンニャンから20年。懐かしい映像の連続に、4人はファンを巻き込んだ同窓会のような雰囲気を楽しんでいた。

 しかし、ファンからは「年を取ったと感じることは?」という現実に引き戻す質問が寄せられた。内海さんが、ペ・ヨンジュンの大ファンと暴露されて否定するも、携帯電話の待ち受け画面にペ・ヨンジュンの画像を設定しているとバラされ、「すっかりオバサンよ〜」と突っ込まれていた。

 新田恵利さんは、「あっという間の20年ですが、鏡を見て、周りを見て、ファンを見ると、20年たったんだなと感じる。何年経っても皆と会えるというのは、とても幸せなことだと思っています。今までの20年も、そしてこれからの20年も大切にしたい」と20年の時の流れを振り返った。


夕やけニャンニャン おニャン子白書 棚卸し <低価格>‘85総決算
(c)2005 フジテレビ

 今回のDVDを見た感想を、新田恵利さんは「みんな変。みんなすごく一生懸命に演じている姿もかわいくて、ストーリーがバカバカしいのも純粋におかしい。メンバーの一人としてではなくて、純粋に楽しんじゃいました」とのことで、「いろいろDVDを出させていただいているので、恥ずかしいの通り越して、昔の自分は別物として見ている」と客観的に見ているようだ。

 立見里歌さんは、「メンバーに会ってもみんな若くて、精神年齢は10年ぐらいしかたっていない。学芸会みたいな作品で、ドラマという感じがしない。すごい楽しいので、ぜひ一度ご覧ください」とPR。「20年前は緊張していて顔を見れなかったが、年をとって余裕があるので、ファンの一人一人の顔とか反応をみれて、すごい楽しかった」とイベントを楽しんでいた。

 城之内早苗さんは、「20年たっても、これだけのファンが集まってくれるのは、改めて幸せなことだなと思う。卒業してから何もしてないけれども、永遠に残ることになるDVDを出していただくというのは、プレゼントをいただいたように感じる。これを大事にしていきますので、皆さんも大切にそばに置いてほしい」とDVDの発売を喜んだ。

 内海和子さんは、「主婦になって、10年以上たちますが、なかなかこういう機会はなくて、ファンにずっと見守っていただけるということは、すごく幸せなことだなと、あらためて思いました。これからも末永く、よろしくお願いします」と締めくくった。

新田恵利さんは、おニャン子クラブ結成から20年経過したことについて、「当時、孫の代までおニャン子クラブという言葉があったような気がしますが、それが現実にかなえられているようで、感謝感謝です」と話していた 立見里歌さん。「当時から変わったことは?」という質問に、「一番老けていたから、一番変わっていないのは私かなと思っている」と答えていた 城之内早苗さんは、今回DVDで見返して、「すごく懐かしいけど、面白いなと笑えました。結構客観的に見て、その中に自分が立ってたというのが信じられない気がします」と感想を語っていた

□ポニーキャニオンのホームページ
http://www.ponycanyon.co.jp/
□製品情報
http://www.ponycanyon.co.jp/onyanko/index.html
□関連記事
【10月6日】「DVD発売日一覧」 11月9日の更新情報
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20051111/newdvd.htm
【10月27日】「DVD発売日一覧」 10月26日の更新情報
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20051027/newdvd.htm

(2005年11月22日)

[AV Watch編集部/furukawa@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.