◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
玄人志向、実売9,000円のMPEG-4ハードウェアトランスコーダ
−MPEG-2を独自形式のMPEG-4に変換。DivX変換も可能


実際の製品と異なる可能性があります
12月中旬発売

標準価格:オープンプライス


 玄人志向は、MPEG-2からMPEG-4へのハードウェアトランスコードが可能なPCIカード「KRTC-VW2010」を12月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は9,000円前後の見込み。対応OSはWindows 2000/XP。

 VWEB製のハードウェアMPEG-4エンコーダ「VW2010」を搭載したトランスコーダ。製造元は台湾Yuan。付属の専用ソフトを使用し、MPEG-2ファイルを入力、MPEG-4形式にトランスコードできる。変換速度は「ほぼリアルタイム(等速)」だという。また、AVI(DivX)形式の出力にも対応している。

 ただし、作成されるMPEG-4ファイルは独自形式となっており「付属のソフトを使ってパソコンで再生する利用方法を想定している。PSPや第5世代iPod用動画の作成を保証するものではない」としている。

 TVチューナなどは搭載しておらず、利用できる機能は変換のみ。バッチ処理にも対応しており、複数のファイルを連続して変換できる。

 変換時に設定できるMPEG-4の解像度は160×120/320×240/352×240/640×480/720×480ドット。ビットレートは0.3〜4Mbpsで、VBR/CBRに対応する。音声はMP2形式で32/44.1/48kHz、64〜384kbpsが指定できる。

□玄人志向のホームページ
http://www.kuroutoshikou.com/
□ニュースリリース
http://www.kuroutoshikou.com/products/tvcuner/krtc-vw2010fset.html

(2005年12月12日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.