◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
三菱化学、録画用HD DVD-Rメディアを発売
−1層15GBモデルは7月5日発売で実売2,000円


HD DVD-R 片面1層の「VR75T1」
7月5日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 三菱化学メディア株式会社は、録画用の記録型HD DVDメディアを7月5日以降、順次発売する。追記型HD DVD-Rの1層、および2層タイプを用意。価格はいずれもオープンプライス。各モデルの品番、発売時期、店頭予想価格は下表の通り。

 近日中にドライブメーカー向けの出荷を開始。その後、市場での販売を開始する。また、HD DVD-RWに関してもリリースを予定。2006年5月にDVDフォーラムにて物理フォーマットが承認されたが、論理フォーマットは規格化されていないため「規格化が完了次第、発売を開始する予定」(同社)だという。

種類 品番 枚数 記録容量 発売日 店頭予想価格
HD DVD-R
片面1層
録画用
VR75T1 1 15GB
(75分)
7月5日 2,000円前後
HD DVD-R
片面2層
録画用
VR150T1 30GB
(150分)
未定 4,500円〜5,000円程度

 著作権保護技術のAACSに対応し、ハイビジョン放送のTS録画が可能。片面1層、15GBで約75分、2層の30GBで約150分のHD録画が行なえるメディア。シンガポールの自社工場にて生産される。

 AZO色素を応用し、HD DVD-Rに適した新色素を開発。広い範囲でのパワーマージンを持つことで、規格を超える信号特性を実現。ドライブの記録パワーの変動やバラツキ、ディスク表面に付着した汚れにかかわらず、ディスク全体で低エラー化を図っている。

 また、DVDの赤色レーザーと比べ、HD DVDで使われる青色レーザーは色素劣化を起こしやすいため、新色素で青色レーザーに対応できる強い再生耐久性を確保。再生を繰り返しても、美しい映像と音声が維持できるという。

 さらに、記録保存安定性においても、AZO色素DVDに匹敵する長期間の保存安定性を実現。片面2層ディスク用色素には、弱いレーザーパワーでも記録できるよう、高感度と保存安定性、再生耐久性を実現した新色素を開発・採用。2層メディアの製造には、DVDメディアで培った「2P転写法」を使用。有機色素を使った記録層で、正確な記録マークが形成できるという。

□三菱化学メディアのホームページ
http://www.mcmedia.co.jp/japanese/index.html
□ニュースリリース
http://www.mcmedia.co.jp/japanese/news/press/0055.html
□関連記事
【6月8日】日立マクセル、初の録画用HD DVD-R/RWメディアを発売
−7月5日に15/30GBのRを発売。実売2,000円
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060608/maxell1.htm
【6月5日】マクセルと三菱化学、Blu-ray/HD DVDの共同開発を完了
−両フォーマットを各ブランドで販売へ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060605/media.htm

(2006年6月8日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.