◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ
−購入当初はツンツン、使い込むとデレデレに


9月発売

予定価格:20,790円


 株式会社タカラトミーは、23日に開催したメーカー合同の新春商談会「TOYフォーラム2007」において、世界初の「ツンデレ ナビゲーションモード」を備えた、ポータブル・ワンセグテレビ「SEGNITY」(セグニティ)を発表した。

 3インチのTFT液晶ディスプレイを備えたワンセグテレビ。液晶解像度は320×240ドット(QVGA)。9月の発売を予定しており、価格は20,790円を予定。「税抜きで19,800円なので、実売は2万円を切ることを考えている」という。

【ツンデレナビゲーション】
音声ファイル
toyf2.wma
(WMAファイル/256KB)
前半がツンツンモード、後半がデレモードとなっています
※実際の製品に収録される音声とは異なる可能性があります
※フォーラム会場で録音したものですので雑音などが入っています

 最大の特徴は、音声ガイダンスによる“ツンデレ”ナビゲーションモードを搭載したこと。ツンデレとは、ツンツンした(勝ち気な)性格ながら、好きな人の前になるとデレデレになってしまうというギャップを持った女の子のキャラクターを形容する言葉だが、SEGNITYでも購入当初、チャンネルボタンなどを操作すると女性の声で「チャンネル変える気ぃ!?」や、輝度を上げると「まぶしいんだけど」と、ツンツンした対応。

 しかし、使い込んで仲良くなると「ええーっ、帰っちゃうの?」(電源OFF)、「チャンネル変えるね」、「明るくしまーす」(輝度向上)など、デレデレな応対になる。同社では「ツンデレナビゲーションは世界初だと考えているが、使い込んでいくとフレンドリーに変化していくナビゲーションも初だろう」としている。

世界初の“ツンデレ”ナビゲーションモードを搭載 解説ポップにはツンデレ女子のイメージシルエットが

 展示されたモデルには女性ナレーターの声が入っているが、今後は「声優さんの声を入れたバージョンや、例えばトランスフォーマーのカッコいい声で“チャンネルを変えるぞ!!”などのボイスが聞けるバージョンなども作っていきたい」という。背面パネルにキャラクターのイラストを入れたバリエーションモデルなども想定されている。

 外形寸法は61×99×20mm(縦×横×厚さ)。受信機能としてはEPGなどに対応する予定はない。miniSDカードスロットを備えており、リアルタイム録画が可能だが、予約録画はサポートしない予定。単4電池4本、もしくは別売のACアダプタが利用可能で、電池使用時の連続再生時間は4時間。外部アンテナ入力やAV入出力、イヤフォン端子も備えている。

miniSDカードスロットを装備 スピーカーやAV入出力端子も備える

受信デモも行なわれた 様々なバリエーションモデルを予定

□タカラトミーのホームページ
http://www.takaratomy.co.jp/
□関連記事
【2006年12月26日】BLUEDOT、業界初の4型液晶搭載ワンセグテレビ
−薄さ11mmで3時間視聴。実売3万円前後
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20061226/bluedot.htm

(2007年1月23日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.