◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
劇場アニメ「時をかける少女」DVDの詳細仕様が発表
−限定版は3枚組みでブックレットやストラップを同梱


限定版
(C)「時をかける少女」製作委員会2006
4月20日発売

標準価格:「通常版」4,935円
       「プレミアムエディション」10,500円


 株式会社角川エンタテイメントは、4月20日に発売を予定している、劇場用アニメ「時をかける少女」DVDの詳細な仕様を明らかにした。

 既報の通り、DVDは4月20日発売でプレミアムエディション(限定版)と通常版の2種類を用意。価格はプレミアムエディションが10,500円、通常版が4,935円となっている。主な仕様は下表の通り。

種類 収録ディスク 本編音声 本編収録時間 品番 価格
通常版 本編ディスク
ブックレット(抜粋版)
(1)日本語(DD 2.0ch)
(2)日本語(DD 5.1ch)(仮)
約98分 KABA-2402 4,935円
プレミアムエディション
(限定版)
本編ディスク
特典ディスク(1)
特典ディスク(2)
ブックレット
ストラップ
フィルムしおり
(1)日本語(DD 2.0ch)
(2)日本語(DD 5.1ch)(仮)
KABA-2401 10,500円

(DD=ドルビーデジタル)


■ プレミアムエディション

 通常版とプレミアムエディションの本編ディスクは共通。通常版は本編ディスクのみだが、プレミアムエディションは特典ディスク2枚を追加した3枚組みとなる。本編ディスクには特典映像として初日舞台挨拶の模様も収録する。

 1枚目の特典ディスクには「時をかける少女 ビジュアルノート」(仮)と題して、細田守監督など各製作スタッフや、キャストの仲里依紗、石田卓也、板倉光隆らが語る制作舞台裏を収録。完成披露試写会の様子、本編ディスクに収録されている初日舞台挨拶を舞台裏からリポートするコンテンツなどを収めている。

 2枚目の特典ディスクには、本編と絵コンテを比較視聴できる「時をかける少女 スケッチブック」(仮)を収録。細田守監督、伊藤智彦助監督、青山浩行作画監督が制作の裏話と苦労を語るオーディオコメンタリーも収めている。

 さらに、ブックレットの「アート&ドキュメントファイル(仮)」も同梱。山本二三美術監督による背景美術に加え、ロケハン写真、ライター評論、公式ブログの抜粋なども収録する。

 さらに、封入特典として真琴が使っていた携帯ストラップ「クワガタくんストラップ」と「テントウムシくんストラップ(携帯クリーナー付)」を同梱。上映で使用されたフィルムを使ったしおりも付属する。


■ 通常版

通常版
(C)「時をかける少女」製作委員会2006

 本編ディスクのみの1枚組み。ブックレットも同梱しているが、プレミアムエディションに付属している「アート&ドキュメントファイル(仮)」から抜粋した8ページのブックレットとなる。

 高校2年生の紺野真琴は、踏切事故に遭遇したことをきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母に能力のことを相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。記憶の確かな過去に飛べる能力。半信半疑の真琴だったが、ひとたびその力の使い方を覚えると、日常の些細な不満や欲望の解消に費やし始める。

 だが、バラ色の日々に変化が起こる。真琴はクラスの男子、間宮千昭と津田功介と遊び友達だったのだが、千昭から思わぬ告白を受けてしまったのだ。友達から恋人への急激な変化。真琴は狼狽するあまり、その告白をタイムリープで強引に無かったことにしてしまうのだが……。

□作品の公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/
□公式ブログ(2月3日に仕様情報掲載)
http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/
□関連記事
【DVD発売日一覧】
http://av.watch.impress.co.jp/docs/dvdship/
【1月10日】劇場用アニメ「時をかける少女」が4月20日にDVD化
−通常版は4,935円。10,500円の限定版も用意
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070110/kadoent.htm

(2007年2月5日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.