◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ビクター、液晶テレビ「EXE」のベーシックモデル
−WXGAパネル搭載の37/32/26/20型。20型は4色展開


LT-37LC8

3月中旬より順次発売

標準価格:オープンプライス


 日本ビクター株式会社は、液晶テレビ「EXE」の新モデル「LC8シリーズ」4機種を3月中旬より順次発売する。37型の「LT-37LC8」、32型の「LT-32LC8」、26型の「LT-26LC8」、20型の「LT-20LC8」が用意され、価格はいずれもオープンプライス。

品番LT-37LC8LT-32LC8LT-26LC8LT-20LC8
サイズ37V型32V型26V型20V型
発売日4月上旬3月中旬3月下旬4月下旬
店頭予想価格24万円前後18万円前後15万円前後11万円前後

 いずれも、地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載した液晶テレビで、全モデルで1,366×768ドットの液晶パネルを採用。EXEシリーズのベーシックモデルと位置づけられ、同社独自の高画質エンジン「GENEESA」などは搭載しない。

LT-32LC8 LT-26LC8 LT-20LC8-P

LT-20LC8。4色のカラーバリエーションを用意

 ボディはアンダースピーカー型で、37/32型では、画面を引き立たせるブラックのボディカラーとした。20型の「LT-20LC8」はパーソナルユースを意識し、シルバー(-S)、ピンク(-P)、ブラウン(-T)、ベージュ(-C)の4色のカラーバリエーションモデルを用意する。

 デジタルチューナのほか、地上アナログチューナも装備。映像入力端子はHDMI×1のほか、D4×1、S映像×2、コンポジット×2。光デジタル音声出力端子も装備する。

 37/32/26型では独自の「オブリコーンスピーカー」を搭載。通常のコーンではセンターにある駆動点をずらすことで不要な共振を大幅に低減し、中高域特性を改善。さらに37型のみよりパワフルな2つのオブリコーンを持つ振動板を採用した「ツインオブリコーンスピカー」としている。

 スピーカー出力は37/32/26型が10W×2ch、20型が3W×2ch。大型ボタンの採用や送信部を2つ搭載するなどで使い勝手を向上させた新型リモコンが付属する。

型番 LT-37LC8 LT-32LC8 LT-26LC8 LT-20LC8
サイズ 37V型 32V型 26V型 20V型
パネル解像度 1,366×768ドット
音声出力 10W×2ch 3W×2ch
チューナ 地上/BS/110度CSデジタル
アナログVHF/UHF/CATV
HDMI 1系統1端子
入力端子 D4×1
コンポーネント×1
S映像×2
コンポジット×2
出力端子 光デジタル音声×1、ヘッドフォン×1
その他の端子 モジュラー
消費電力 193W 150W 135W 75W
年間消費電力量 233kWh/年 176kWh/年 184kWh/年 105kWh/年
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
91.9×12.8×65.2cm 81.0×12.0×58.8cm 67.1×11.7×51.1cm 52.2×9.6×39.9cm
重量
(スタンド込)
22.0kg 16.9kg 13.8kg 7.5kg

□ビクターのホームページ
http://www.victor.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.victor.co.jp/press/2007/lt-37lc8.html
□製品情報(LT-37LC8)
http://www.victor.co.jp/tv/lt-37lc8/index.html
□製品情報(LT-32LC8)
http://www.victor.co.jp/tv/lt-32lc8/index.html
□製品情報(LT-26LC8)
http://www.victor.co.jp/tv/lt-26lc8/index.html
□製品情報(LT-20LC8)
http://www.victor.co.jp/tv/lt-20lc8/index.html

( 2007年3月13日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.