◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
オンキヨー、世界初HDMI 1.3a搭載7.1ch AVアンプ
−TrueHD、DTS-HDなどに対応。84,000円の低価格機も


TX-SA805

6月16日発売

標準価格:189,000円(TX-SA805)
      84,000円(TX-SA605)


 オンキヨー株式会社は、HDMI Ver.1.3a入出力を搭載し、Blu-ray DiscやHD DVDに採用された最新のサラウンド音声に対応するAVアンプ2モデルを6月16日より発売する。

 定格出力180W×7ch(6Ω)でHDMI入力を3系統装備する上位機「TX-SA805」と、定格120W×7ch(6Ω)でHDMI入力×2の「TX-SA605」を用意。価格はTX-SA805が189,000円、TX-SA605が84,000円。

 いずれもHDMI Ver.1.3a入出力を備えたAVアンプで、BDビデオやHD DVDビデオソフトに採用されたドルビーデジタル・プラス(DD+)、ドルビーTrueHD、DTS-HD、DTS-HD Master Audioの各コーデックのビットストリーム音声をデコード可能。同社では、「HDMI 1.3a対応のAVアンプは世界初。次世代サラウンド完全対応」とアピールしている。


■ TX-SA805

TX-SA805

 最大出力230W×7ch(6Ω)、定格出力180W×7ch(6Ω)のAVアンプ。プリ段/パワー段を独立構造とするなど、アンプ能力の向上による音質向上を図っている。THX Ultra認定も取得している。

 最大の特徴はVer.1.3a対応のHDMI端子を装備し、アンプとして世界で初めてDD+やTrueHD、DTS-HDなどのBD/HD DVD向け新コーデックのビットストリーム音声のデコードを可能としたこと。HDMI入力は3系統、出力は1系統装備する。BD/HD DVDプレーヤーから出力されたビットストリームのDD+やTrueHD音声だけでなく、プレーヤー側でPCM変換し、出力された音声にも対応する。

 また、HDMIは1080p映像入出力やアップコンバート出力に対応。各色10bitを超える色深度を扱う「DeepColor」もサポートしている。さらに、HDMIコントロール機能も備え、松下電器のVIERAやDIGAシリーズのVIERA Linkとの連携が可能。VIERAに連動して、AVアンプの電源を入れたり、VIERAのリモコンからの各種制御などに対応する。同社による動作検証機種についてはホームページ上で告知している。

 従来機から、構造も一新しており、プリアンプとパワーアンプ部の独立構造を実現。パワーアンプ部には新設計のパラレルプッシュ・プル回路や左右のチャンネルを対称に配置する構造を採用。電源部とパワー部の経路を最短化して、電源供給能力を大幅に向上させた。

 独自の「VLSC」回路やグランド電位の安定化などのノイズ対策に加え、冷却ファンの振動に起因するノイズを抑える独自構造のファンスタッドを採用するなど、音質に影響するノイズの低減を図っている。

 DACは24bit/192kHz対応のバーブラウン製「PCM1796」を搭載。TI製の32bit DSPを3基内蔵し、自動音場補正機能「Audyssey MultEQ XT」も搭載、簡単にスピーカーセットアップを行なうことができる。バーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensional」も備えている。

 HDMI以外の端子は、映像入力がD端子×3、コンポーネント×3、S映像×6、コンポジット×6。映像出力がD端子×1、コンポーネント×1、S映像×2、コンポジット×2。音声入力は光デジタル×3、同軸デジタル×3、アナログ音声(2ch)×10、7.1ch×1、音声出力は光デジタル×1、アナログ音声×2、7.1ch出力×1。ヘッドフォン出力やRI端子、RS232端子も装備する。

 スピーカーターミナルはバナナプラグ対応。S/N比は110dB(LINE、IHF-A)。消費電力は660W。外形寸法は435×458.5×194mm(幅×奥行き×高さ)、重量は23.0kg。マクロ対応のリモコンが付属する。


■ TX-SA605

 最大出力185W×7ch(6Ω)、定格出力120W×7ch(6Ω)のAVアンプ。ゴールドの「TX-SA605(N)」とシルバーの「TX-SA605(S)」を用意する。84,000円とエントリークラスの製品ながら、HDMI Ver.1.3aを搭載し、DD+やDTS-HD Master Audioなど最新コーデックのビットストリーム音声のデコードに対応する。

TX-SA605(N) TX-SA605(S)

 アンプ部は、独自のVLSC回路の搭載やグランド電位の安定など、ノイズの排除を徹底。ワイドレンジ再生を実現する「WRAT(Wide Range Amplifier Technology)」なども搭載する。

 Ver.1.3a対応のHDMI入力×2と、HDMI出力×1を装備。TX-SA805と同様にBD/HD DVDで採用された新オーディオコーデックのビットストリーム音声に対応するほか、1080p入出力や、DeepColorもサポートする。HDMIコントロール機能も備えており、VIERAやDIGAとの連携が可能となっている。

 自動音場補正機能「Audyssey 2EQ」やバーチャルサラウンド機能「Theater-Dimensional」を搭載。HDMI以外の入出力端子は、映像入力がD端子×3、コンポーネント×3、S映像×5、コンポジット×5。映像出力がD端子×1、コンポーネント×1、S映像×2、コンポジット×2。音声入力は光デジタル×3、同軸デジタル×2、アナログ音声(2ch)×7、7.1ch×1、音声出力は光デジタル×1、アナログ音声×2、7.1ch出力×1。ヘッドフォン出力やRI端子も装備する。

 スピーカーターミナルはバナナプラグ対応。S/N比は106dB(LINE、IHF-A)。消費電力は450W。外形寸法は435×377×174mm(幅×奥行き×高さ)、重量は12.1kg。リモコンが付属する。

□オンキヨーのホームページ
http://www.jp.onkyo.com/
□ニュースリリース(TX-SA805)
http://www2.jp.onkyo.com/what/news.nsf/view/20070525_805?OpenDocument
□ニュースリリース(TX-SA605)
http://www2.jp.onkyo.com/what/news.nsf/view/20070525_605?OpenDocument
□関連記事
【2006年3月24日】BD/HD DVD用次世代音声フォーマットの現状
−DD+/TrueHD/DTS-HDは“いつから”使えるのか
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060324/sound.htm

( 2007年5月25日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.