◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
バイ・デザイン、HDMI×4装備の42型フルHD液晶テレビ
−3波チューナ搭載で199,800円。「国内シェア5位へ」


6月15日発売

標準価格:199,800円


 バイ・デザイン株式会社は、フルHDパネルを採用し、4系統のHDMI端子を備えた42型の液晶テレビ「LF-4201DAB」を6月15日より発売する。出荷開始は7月上旬を予定、価格は199,800円。

LF-4201DAB

 1,920×1,080ドットのフルHD液晶パネルを採用した液晶テレビ。パネルメーカーは非公開だが、VA方式。コントラスト比は900:1、輝度は500cd/m2、視野角は上下/左右178度。応答速度は8ms。

 地上デジタルチューナのほか、BS/110度デジタルチューナも搭載。同社では初のデジタル3波対応製品で、EPGだけでなく、データ放送や双方向サービスにも対応する。地上アナログチューナも装備する。

 また、入力端子として1080p対応のHDMI端子を4系統装備。4系統のHDMI装備は、「業界最多」としている。HDMIはバージョン1.2aで、SACDやDVDオーディオにも対応するという。

 同社取締役 国内統括兼マーケティング本部長の伊豆田伸吾氏は、「新興のテレビメーカーでは、初のフルスペックハイビジョンの42型で、3波チューナ搭載機」とアピール。。4系統のHDMI搭載の理由については、「現在、大手メーカーでも最高3系統まで。PLAYSTATION 3などのゲーム機や、プレーヤー、ハイビジョンレコーダだけでも3つ使ってしまう。さらに、パソコンを考えると4系統が必要。全ての機器が繋がり、リビングに置いて家族で使っていただけるテレビとして、アピールできると考えた」という。

 そのほかの入力端子は、D5×1、S映像×2、コンポジット×2、アナログRGB(D-Sub15pin)、アナログ音声×5(ステレオミニ×1、RCA×4)。出力端子は光デジタル×1、ステレオ音声(RCA)×1。2画面表示(PinP)や、ピクチャーバイピクチャー機能も装備する。


EPGを搭載。地上/BS/110度CSデジタルに対応する 背面 4系統のHDMI入力を備えている

 アンダースピーカー型のデザインを採用し、ピアノフィニッシュの外装を採用。「シンプルながらバイ・デザインらしいデザインを目指した(デザイン担当マネージャ鈴木剛氏)」という。スピーカー出力は10W×2ch。SRS TruSurround XTも搭載している。

 消費電力は300W(待機時1.75W)。年間消費電力量は514kWh。外形寸法は1,048×308×770mm(幅×奥行き×高さ/スタンド含む)、重量は41kg。メインリモコンのほか、チャンネル切替など主要機能のみを集約したサブリモコンを付属する。

2つのリモコンを用意。「誰にでも操作できる」シンプルリモコンも付属 メインリモコン


■ 国内台数シェア5位を目指す

伊豆田取締役

 同社取締役 国内統括兼マーケティング本部長の伊豆田伸吾氏は、「国内の社員は約30人で、派遣社員を含めても40人と少人数のため、固定費が少ない。ファブレスのメリットを活かして、徹底的にコスト削減をしている」と、低価格のテレビ販売を可能とするビジネスモデルを説明。

 北米市場はCEDIAと呼ばれる高級マーケットで展開しているほか、アフリカ市場への参入も予定。また、ブラジルで日本のデジタル放送方式(ISDB-T)が採用されることもあり、南米への進出も計画しているという。

 2006年度の売上は、北米が18億円、日本が55億円の73億円。北米のOEM事業が苦戦したため、目標としていた100億には届かなかったが、国内市場は2005年度比で売上が倍増。出荷台数でも、特に15〜26型以下の小型から中型が拡大したほか、大型テレビの販売台数も伸張した。

 販売ルートについても、大手家電量販やイオンなどのGMS、ディスカウントストア、カラオケベンダーなどでの納入が進んでおり、民生、業務用途ともに伸張。また、パートナーの要望にあわせて、色や仕様をカスタマイズした専用モデルを用意し、他社との差別化を図っていく。

 また、2007年第1四半期の日本市場における液晶/プラズマを含めた薄型テレビの台数ベースの集計で、バイデザインが8位となり、三洋や船井電機などを超えている(ディスプレイサーチ調査)。伊豆田取締役は、2007年の目標として「日本市場で5位にチャレンジしたい」と語り、フルHDでデジタル三波対応などの新製品の機能をアピールした。

日本市場における主要な販売ルート 台数ベースで国内シェア5位を目指す


 今後の製品開発については、52型の液晶テレビや、63型のプラズマ、DVDとデジタルチューナ内蔵の22/26型などの年内発売を予定。さらに、液晶テレビにおいては、「来年の春には倍速駆動と、xvYCCに対応したい」という。有機ELについては、「企画の段階にも入っていないが、飯塚(同社社長の飯塚克美氏)はやりたいと言っている」とのこと。

 販売ルートは、2006年の実績では、量販店やディスカウントストアなどが7割を占め、以前は3割以上あったWeb直販は10%以下となった。2007年は量販ルートがさらに伸びて、7割5分から8割になる見込み。「ヨドバシカメラやドンキホーテだけでなく、エディオン、上新電機、ベスト電器でも扱っていただけるようになった。これを確固としたものにしていきたい」という。2007年の売上高は150億円を目指す。内訳は、国内が100億円、海外は50億円。

今後の商品戦略 2007年に売上高150億円を目指す

□バイ・デザインのホームページ
http://www.bydsign.co.jp/
□関連記事
【6月12日】バイ・デザイン、54,800円の地デジ内蔵17型液晶TV
−19型も64,800円で発売
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070612/bydsign.htm
【4月26日】【RT】バイ・デザインに聞く「低価格テレビ市場の真実」
テレビも「格差」時代に。薄利の液晶でどう儲ける?
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070426/rt031.htm
【7月7日】「液晶/プラズマのBTOを目指す」。バイ・デザイン飯塚社長
−価格競争に自信。「地デジ」と「きれい」で勝負
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060707/bydsign2.htm

( 2007年6月15日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.