◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
バッファロー、DTCP-IP/AVCHD対応の「リンクシアター」
−Windowsの共有フォルダにも対応


LT-H90WN

11月下旬発売

標準価格:33,285円(LT-H90WN)
       22,050円(LT-H90LAN)


 株式会社バッファローは、AVCHDやDTCP-IPに対応したネットワークプレーヤー2モデルを11月下旬より発売する。有線/無線LAN対応の「LT-H90WN」と、有線LANモデル「LT-H90LAN」の2モデルを用意し、価格はLT-H90WNが33,285円、LT-H90LANが22,050円。

 ネットワークプレーヤー「リンクシアター」の新モデルで、最高1,920×1,080ドットのAVCHDやHDVファイル、MPEG-2ファイルの再生に対応する。サーバー上のビデオ/音楽ファイルの再生が行なえるほか、USB端子も前面/背面に各1系統装備し、ビデオカメラや、USBメモリ/HDD、メモリーカードなどに記録した映像や音楽ファイルを再生できる。

 対応ビデオファイルは、MPEG-2、VC-1(WMV)、H.264/MPEG-4 AVC、MPEG-4。MPEG-2は最高1,920×1,080ドット/25Mbpsまで、AVCは1,920×1,080ドット/15Mbpsで、High Profileをサポートする。音声は、AACやMPEGオーディオ、WMAなどに対応。WM DRM10もサポートしており、DRM付きのWMV、WMAファイルも再生できる。JPEG、BMP、PNG画像の表示も可能。

 「LT-H90WN」の無線LANは、IEEE 802.11a/b/gに加え、高速無線LAN規格「Draft 11n」に対応。ハイビジョン映像のワイヤレス伝送も可能となっている。

 また、DLNAに対応し、DLNAサーバー内の映像/音楽ファイルなどをネットワーク経由で再生可能。新たにDTCP-IPもサポートし、DTCP-IP対応のレコーダ内のデジタル放送番組をストリーミング視聴できる。対応機器については、同社ホームページで後日案内するとしている。

 なお、ネットワーク経由でのMPEG-4 AVC、AVCHD、HDVファイル再生は、11月下旬公開予定のβ版ファームウェアで対応予定。

 専用サーバーソフトとして「Buffalo Media Server」が付属。さらに、Sambaをサポートし、Windowsのファイル共有機能で共有したファイルの再生も可能となった。

 出力端子は、バージョン1.3対応のHDMIと、D4×1、コンポジット×1を装備。光デジタル音声出力や、アナログ音声出力も備えている。外形寸法は210×210×50mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.2kg。

USB端子に接続したHDDのファイルも再生できる 背面。HDMIやUSB、D4端子などを装備する リモコン

□バッファローのホームページ
http://buffalo.jp/
□ニュースリリース
http://buffalo.jp/products/new/2007/000586.html
□製品情報
http://buffalo.jp/products/catalog/multimedia/lt-h90/
□関連記事
【2006年7月5日】バッファロー、WM DRM10対応ネットワークプレーヤー
−DVDドライブ搭載せず、有線/無線モデルを用意
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060705/buffalo.htm

( 2007年11月7日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.