◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ソニー、Bluetooth受信機能を内蔵したスピーカー
−ワンセグ音声も再生可能。小型スピーカーも


SRS-BT100
3月10日発売

標準価格:6,195円〜オープンプライス


 ソニーは、Bluetoothレシーバ機能を内蔵したスピーカー「SRS-BT100」を3月10日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,000円前後の見込み。Bluetooth非対応でステレオミニ入力の小型スピーカー「SRS-M50」も用意。こちらも3月10日発売で、価格は6,195円。


■ SRS-BT100

 Bluetoothレシーバ機能を内蔵したアクティブスピーカー。Bluetooth送信機能を持つアダプタや、携帯電話などの再生音をワイヤレスで受信し、再生できる。プロファイルはA2DPに対応。

 音切れが発生しにくいBluetooth標準規格Ver.2.0+EDRに準拠。著作権保護方式のSCMS-Tに対応しており、携帯電話などから送信したワンセグ放送の音声も再生できる。

 ステレオミニの外部音声入力も1系統装備しており、Bluetooth機器以外とも接続可能。デジタルアンプを内蔵しており、総合出力は30W。

DRC-BT15

 なお、イヤフォン出力を備えた単体のBluetoothレシーバとして「DRC-BT15」も3月10日に発売される。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8,000円前後の見込み。

 仕様は1月下旬に発売された「DRC-BT15P」と同じだが、カラーがホワイト(W)とブラック(B)の2色となり、販売店での売り場が「BT15P」とは異なる。マイクを内蔵し、対応携帯電話と連携してハンズフリー通話も可能。

□製品情報 (SRS-BT100)
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/Bluetooth/acc/index.cfm?PD=30470&KM=SRS-BT100
□製品情報 (DRC-BT15)
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/Bluetooth/acc/index.cfm?PD=30464&KM=DRC-BT15
□関連記事
【1月7日】ソニー、スティック型のBluetoothオーディオレシーバ
−好みのイヤフォンを接続。ワンセグ音声も受信可能
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080107/sony.htm


■ SRS-M50

SRS-M50

 コンパクトなステレオのアクティブスピーカー。カラーリングはブラック(B)、ホワイト(W)、ピンク(P)を用意する。39mm径のユニットを内蔵。デジタルアンプを採用しており、総合出力は5W。

 本体を互い違いに、上下に重ね合わせ、スライドさせることでジョイントが可能。便利に持ち運べるという。付属のACアダプタに加え、単4電池3本での駆動も可能。アルカリ電池を使った場合は、約40時間の動作が行なえる。

 入力端子はステレオミニで、接続コードは約65cm。外形寸法は約70×74.5×74.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は左チャンネルが約125g。乾電池を含む右チャンネルが約145g。

□製品情報
http://www.ecat.sony.co.jp/avacc/activespeaker/acc/index.cfm?PD=30474&KM=SRS-M50

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/

(2008年2月15日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.