◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
JBL、コンパクトモニター新モデル「4312M II」
−ウーファ改善や新ツィータで「現代的なモニターに」


4312M II WX

3月下旬発売

標準価格:79,800円/ペア(4312M II WX)
      69,300円/ペア(4312M II BK)


 ハーマンインターナショナル株式会社は、JBLブランドのモニタースピーカー「4312M II」を3月下旬より発売する。ウォールナット仕上げでブルーバッフルのWXとブラックアッシュ仕上げのBKの2種類を用意し、価格はWXが79,800円/ペア、BKが69,300円/ペア。

4312M II BK

 「4312M」の後継機種となるコンパクトモニタースピーカーで、キャビネットのデザインは、JBL 4312シリーズのデザインを踏襲している。ハーマンインターナショナルでは「伝統の4312デザインはそのままに、より現代的なモニタースピーカーに生まれ変わるためのモデルチェンジ」とコンセプトを説明。新たにワイドレンジ化や高能率化などが図られた。

 3ウェイ3スピーカー構成となっており、ウーファは133mm径のピュアパルプコーン、ミッドレンジは50o径のピュアパルプコーン、ツイータは19mm径のテンパードピュアチタンドームを採用する。

 ウーファはマグネットの強化による低域再生能力の向上や、ダンパー形状やボイスコイル巻き幅などの最適化による低域レスポインスの改善を図っている。ミッドレンジはセンターキャップのドーム形状を変更し、ツィータとの音のつながりを向上し、指向性も改善。ツィータには、ピュアチタン振動板に窒素ガスによる高温焼き入れ処理を施したテンパードピュアチタンダイアフラムを新採用し、超高域再生能力を高めている。

 キャビネットも内部補強桟の追加などで剛性を高め、箱鳴りを排除している。バスレフダクト径の拡大により、チューニング周波数を下げ、低域の量感とレスポンスを改善した。ネットワークは、3ポイントアッテネータスイッチを搭載し、中域/高域を独立してレベル調整可能。新設計のユニットにあわせ、クロスオーバーポイントを最適化している。また、ウーファ用ローパスコイルと内部配線材の線径を太くすることで、損失を抑えて低域エネルギーを改善した。

 再生周波数帯域は55Hz〜50kHz、許容入力は75W、出力音圧レベルは90dB(2.83V/1m)。インピーダンスは6Ω。クロスオーバー周波数は7kHz/12kHz。外形寸法は181×180×300mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4kg。

□ハーマンインターナショナルのホームページ
http://www.harman-japan.co.jp/
□製品情報
http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4312m2.html

( 2008年3月11日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.