◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ティアック、約10年ぶりのハイコンポ新シリーズ「Reference380」
−2〜4万円台。アンプ/CD/チューナ/スピーカー


Reference380
8月25日発売

標準価格:26,250円〜47,250円


 ティアック株式会社は、ハイコンポシステム「Reference380」シリーズを8月25日に発売する。ラインナップはプリメインアンプ、CDプレーヤー、AM/FMチューナ、2ウェイスピーカー。各モデルの価格は下表の通り。

種類 型番 価格
プリメイン A-H380 47,250円
CDプレーヤー PD-H380 42,000円
AM/FMチューナ T-H380 26,250円
2ウェイスピーカー LS-H250 31,500円
(ペア)

 「EARNEST」(アーネスト)シリーズ以来、約10年ぶりとなる同社ハイコンポシリーズ。年内には「Reference380」の上位、および下位モデルの発売も予定されており、「Reference」シリーズとしてのラインアップを充実させるとしている。

 コンセプトは「くつろぎを演出する大人のプレミアムコンポ」。ヨーロッパのサウンドデザイナーとも協力し、音質に磨きをかけたという。デザイン的にはヘアライン仕上げのブラックフェイスとブルーで統一されたLEDとディスプレイ表示がポイントとなっている。


■ プリメインアンプ A-H380

 アナログのプリメインアンプ。定格出力は45W×2ch(6Ω時)。パワーアンプ段には回路を集積しないフルディスクリート構成を採用。電源ボリュームやコンデンサにも高品質なものを投入することで、高音質を実現したという。大型電源トランスは、制振のためにケースに入れて配置している。

 iPod接続用のドッキングステーションが標準で付属するのが特徴。iPod内楽曲の再生だけでなく、充電も可能。ドッキングステーションにはビデオ出力端子も備えており、iPod内の動画ファイルも出力できる。

 フォノイコライザーアンプも備えており、MMカートリッジの接続に対応。入力端子はほかにも、アナログ音声(RCA)×5系統を用意。出力はアナログ音声(RCA)×2系統を装備する。

A-H380 背面

 フロントパネルはヘアライン仕上げを施したアルミ押し出し材を使用。ボタンやダイヤルはシルバー仕上げ。3段階のディマースイッチも備えている。付属のリモコンにも、ヘアライン仕上げのアルミパネルを採用。アンプだけでなく、ドッキングステーションに乗せたiPodや、同シリーズのCD、チューナの操作も行なえる。

 全高調波歪率は0.1%。S/N比は100dB。消費電力は85W。外形寸法は215×312×110mm(幅×奥行き×高さ)。重量は5kg。


■ CDプレーヤー PD-H380

 前述のプリメインアンプと同一コンセプトでサウンドをチューニングしたというCDプレーヤー。読み取り部のメカや、電源供給回路、アナログ出力回路、振動対策などにこれまで培った技術を投入。音色としては「リラックスして聴けるきれいな音、誇張のない素直な音を求めてヨーロピアンテイストのチューニングを施した」としている。

 音楽CDだけでなく、CD-R/RWに記録したMP3/WMAファイルの再生に対応。前面にUSB端子も備えており、USBメモリ内のファイル再生にも対応する。なお、ファイル名に日本語などの2バイト文字が含まれている場合、正しく表示はできないが、再生は可能。

PD-H380 背面

 前述の通り、アンプ付属のリモコンでCDプレーヤーも操作できるが、CDプレーヤーにも専用の多機能リモコンが付属。プログラム再生やMP3/WMA再生時のフォルダやファイルの選択など、アンプのリモコンよりも複雑な操作が行なえる。

 全高調波歪率は0.005%。S/N比は120dB以上。出力端子はアナログ音声(RCA)と光デジタル音声を各1系統用意する。消費電力は13W。外形寸法は215×275×93mm(幅×奥行き×高さ)。重量は2.8kg。


■ AM/FMチューナ T-H380

 AM/FMの各30局をプリセット可能な、PLLシンセサイザーチューナを搭載。タイマー機能やスリープタイマー機能も備えている。AMはモノラルのみ対応。

 ディスプレイにはドットマトリックス方式を採用。プリセット局名を英数字4文字で表示できる。出力はアナログ音声(RCA)×1系統。感度はFMが3.0μV(S/N比 30dB)、AMが55dB(S/N比 20dB)。S/N比はFMステレオが57dB、AMが35dB。消費電カは13W。外形寸法は215×275×93mm(幅×奥行き×高さ)。重量は2.8kg。リモコンも付属する。

T-H380 背面


■ スピーカー LS-H250

LS-H250

 プリメインアンプ「A-H380」とのマッチングを重視したというブックシェルフ型の2ウェイ、2スピーカー。エンクロージャはバスレフで、ピアノフィニッシュ。ユニットは、ウーファにカーボンコーンを使った130mm径を、ツイータに25.4mm径のシルクドーム型を採用する。

 入力インピーダンスは6Ω。最大許容入力は50W。再生周波数帯域は50Hz〜20kHz。クロスオーバー周波数は3kHz。外形寸法は190×210×280mm(幅×奥行き×高さ)。重量は1台4.2kg。

□ティアックのホームページ
http://www.teac.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.teac.co.jp/news/news2008/20080819-01.html
□製品情報
http://www.teac.co.jp/audio/teac/ref380/index.html

(2008年8月19日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.