◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
Panasonic、「超薄型PDP」の65/58型を試作
−薄さ1インチ以下、重量は従来比1/2以下。IFAで発表


8月28日発表(現地時間)


 Panasonic Europeは、ドイツ・ベルリンで29日より開催される「IFA 2008」の開幕前プレスカンファレンスにおいて、次世代プラズマテレビのプロトタイプを披露。“薄さ1インチ以下”のプラズマテレビとして、58型と65型のモデルを試作していることを明らかにした。

 また、秋に発売するBD-LIVE対応のBlu-rayプレーヤー2モデルと、欧州では初となるBlu-ray Discレコーダも発表した。

 同社は1月に開催されたCES 2008で、50型/薄さ1インチ以下(24.7mm)のプラズマテレビを展示していたが、新たに58型と65型も追加。両モデルともに50型と同様に薄さを1インチ以下としており、本体の重量も従来モデルに比べ1/2以下に抑え、設置性を向上させている。


CESで発表した50型に加え、58/65型も超薄型に プラズマは大型化などの先進技術、液晶はパネルの安定供給などを軸とした戦略に

 さらに、CESでも発表した150インチのプラズマテレビや、ICとパネル構造の改良により、従来比2倍の発光効率を実現した42型プラズマテレビについても紹介。高発光効率のプラズマについては映画スタジオのマスターモニターとしての利用も想定しているという。これらの成果を「Neo PDP」として技術力をアピールした。


■ BD-Live対応の欧州初BDレコーダも

BDレコーダ「DMR-BW500」

 Blu-ray関連では、欧州で初となるBDレコーダ「DMR-BW500」を発表。500GB HDDを搭載し、デジタルダブルチューナも内蔵。ドルビーTrue HDや、DTS-HDのデコードにも対応する。

 さらに、BD-LIVEもサポートしており、対応ディスクのボーナスコンテンツが利用できることも特徴としている。フランスで発売する予定で、時期や価格は未定。

 Blu-rayプレーヤーは2モデルを秋に発売。いずれもHDオーディオに対応し、BD-LIVE機能も備えている。トップモデルの「BDP-BD55」は、HDMI以外にアナログの7.1ch出力も備えている。普及モデルの「BDP-BD35」は、世界最薄という薄さ49mmを実現している。


欧州で初となるBDレコーダ「DMR-BW500」 左がトップモデルの「BDP-BD55」、右が普及モデルの「BDP-BD35」


□Panasonic Europeのホームページ(英文)
http://www.panasonic.eu/
□IFA 2008ベルリンショーのホームページ(英文)
http://www.ifa-berlin.com/
□関連記事
【1月8日】【International CES基調講演レポート】
松下の坂本AVC社長が150型などプラズマ最新技術を紹介
−壁一面がテレビの“Life Wall”も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080108/ces11.htm

( 2008年8月29日 )

[AV Watch編集部/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.