◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
パイオニア、AVC録画対応のBlu-ray Discレコーダ
−1TB/500GB HDDの2機種。自社ドライブ搭載


BDR-WD900(左)とBDR-WD700(右)
10月上旬発売

標準価格:オープンプライス


 パイオニア株式会社は、同社初となるBlu-ray Discレコーダを10月上旬に発売する。MPEG-4 AVC/H.264録画に対応しており、HDD容量1TBの「BDR-WD900」と、500GBの「BDR-WD700」の2モデルを用意。価格はどちらもオープンプライス。店頭予想価格はWD900が28万円前後、WD700が18万円前後の見込み。

BDR-WD900 BDR-WD700

 HDD容量以外の主な仕様は共通。業務資本提携しているシャープと共同開発し、基本仕様はシャープのBD-HDW30/HDW25/HDW22と同じだが、パイオニア製の新開発BDドライブを搭載するほか、KURO利用時の画質最適化や、EPGなどのデザイン変更により差別化を図っている。

 MPEG-4 AVC/H.264のトランスコーダを搭載しており、ストリーム録画の「DRモード」に加え、MPEG-4 AVCで録画する、ビットレート約12Mbpsの「HGモード」、約8Mbpsの「HXモード」、約4.8Mbpsの「HEモード」を用意している。

  なお、BD/DVDメディアへの直接録画には対応していない。AVCへの変換はHDDへの録画時とHDDからBDへのダビング/ムーブ時に可能。DRモードで録画した番組をHG/HXモードに変換しながらのダビングは可能だが、HEモードに変換しながらのダビングはできない。HEモードでHDDに録画した番組は、BDへの高速ダビングとなる。また、HDD内のDRモード番組をAVCに変換して、HDD内に保存することもできない。


自社開発ドライブを搭載 独自デザインのディスクナビ画面 EPG画面

シーンビュー画面

 映像以外の特徴として、DRモード以外のHG/HX/HEモード録画時でも、サラウンド音声をそのままが記録可能。HG/HXモードではデータ放送も記録できる。ほかにも、SD解像度(MPEG-2)録画のSXP/XP/SP/LP/EPモードも用意、マニュアルビットレート指定も可能となっている。

 HDDに録画した番組を28分割し、インデックス表示することで、長時間番組でも観たいシーンを簡単に探せるという「シーンビュー」機能を搭載。HDDからBDへダビングする際、録画レートを10段階から自動選択する「ハイビジョンジャストダビング」機能も使用可能。ダビング10もサポートする。


 光学収差を幅広く補正し、高い記録精度を実現したという同社開発のBDドライブを採用。書き込みメディアはBD-R/R DL、BD-RE/RE DL、DVD-R/R DL、DVD-RWに対応。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統、地上アナログを1系統装備。デジタル放送の2番組同時録画が可能。

 筐体はプラズマテレビ「KURO」とデザインマッチする、黒光沢仕上げのデザインを採用。HDMI CECの「KURO LINK」にも対応しており、KUROとHDMI接続することで、テレビのリモコンからレコーダの録画/再生操作が可能。レコーダの「ディスクナビ」ボタンを押すとテレビが自動的に電源ONになり、レコーダ入力へと切り替わる。さらに、画質面でも自動的にKUROに最適なセッティングになる機能を搭載している。

 HDMI出力は1系統で、Deep Color、x.v.Colorをサポートし、1080/24p出力も可能。BDビデオ再生では、特典映像などのPinP(子画面表示)に対応。ドルビーTrueHDやDTS-HD Master AudioのHDMIビットストリーム伝送も可能。静止画表示機能「フォトビューワー」も備えている。

 入力端子はS映像×2、コンポジット×2、アナログ音声(ステレオ)×2。出力はHDMI×1、D3×1、S映像×1、コンポジット×1、アナログ音声(ステレオ)×2、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1。静止画入力用のUSB端子、モジュラー、Ethernet、i.LINK(HDV/TS)×2も備えている。

背面 リモコン

 消費電力は1TBモデルが48W、500GBモデルが44W。待機時の消費電力は0.9W。電源待機状態から約0.8秒でホームメニューや番組表が表示できる「クイック起動」モードを備えており、ONにするとそれぞれ38W/35Wの待機時消費電力がかかる。外形寸法は430×347×68mm(幅×奥行き×高さ)で共通。重量は1TBモデルが約5.3kg、500GBモデルが約5.2kg。

□パイオニアのホームページ
http://pioneer.jp/
□ニュースリリース
http://pioneer.jp/press/2008/0911-3.html
□製品情報
http://pioneer.jp/blu-ray/recorder/index.html
□関連記事
【5月19日】シャープ、AVC対応で5倍の長時間録画が可能なBDレコーダ
−1TBなど3モデル。液晶「AQUOS」に最適な「純モード」も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080519/sharp3.htm
【2007年9月20日】シャープがパイオニアの筆頭株主に。資本業務提携
−パイオニアが液晶テレビ参入へ。BDの共同開発も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070920/sp.htm

(2008年9月11日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.