◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ビクター、デジタルWチューナ搭載のBlu-rayレコーダ
−AVCで長時間5倍録画。「簡単リモコン」を同梱


11月下旬発売

標準価格:オープンプライス


 日本ビクター株式会社は、MPEG-4 AVC/H.264録画が可能なBlu-ray Discレコーダ「DR-BX500」を11月下旬より発売する。愛称は「らく録ブルーレイ」。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は178,000円前後の見込み。

CEATEC JAPAN 2008に参考出展されたビクターのBDレコーダ

 地上/BS/110度CSデジタルチューナ×2と、地上アナログチューナ×1を搭載したBlu-ray/HDDレコーダ。HDD容量は500GB。デジタル放送の2番組同時録画に対応。さらに、「MPEG-4 AVCエンコーダー」を搭載し、デジタル放送をHD解像度のまま長時間録画可能となっている。BD-R/REへの直接録画にも対応する。

 HDDとBD-R/REへのデジタル放送録画形式は、MPEG-2 TSのストリーム記録(DRモード)と、MPEG-4 AVC/H.264のAF/AN/AEの3モード。AEモード時には最大5倍/25GBディスクで約10時間40分の長時間録画が可能となっている。DVD-R/RWへのAVC記録を行なうAVCRECにも対応する。また、DVD-VR形式での録画モードもXP/SP/LP/EPの4種類を用意している。

 電子番組表(EPG)は、G-GUIDEを採用。32番組/月の録画予約が可能となっている。おすすめ自動録画機能も搭載。ユーザーの録画/再生履歴から傾向や好みを自動解析し、「録画忘れの可能性がある番組」や「新しいおすすめ番組」を自動的に録画する。ダビング10にも対応する。


フルリモコンと簡単リモコン

 また、録る/見るの2つの基本操作にこだわったという「簡単リモコン」とすべての操作が可能な「フルリモコン」を用意。簡単リモコンでは、大型ボタンを採用し、「録る」ボタンでEPGを呼び出し、「見る」ボタンで録画リストを一覧表示するなど、シンプルな操作を実現しているという。

 SDカードスロットも装備。AVCHDビデオカメラで録画したSDカードをそのまま再生できるほか、HDDやBD/DVDへダビングできる。

 HDMI出力端子も装備。1080/24p出力やDeep Colorに対応。さらに、HDMI CECに対応しており、CEC対応テレビと接続して、連動動作を実現可能となっている。出力端子はHDMIのほか、D4映像、S映像、コンポジット、アナログ音声出力を各1系統装備。入力端子はS映像×2、コンポジット×2、アナログ音声×2を備えている。Ethernetやモジュラージャックも装備する。

 消費電力は40W(待機時2.7W)。年間消費電力量は約67kWh/年。外形寸法は430×361×77mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約5.4kg。


□ビクターのホームページ
http://www.jvc-victor.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.jvc-victor.co.jp/press/2008/dr-bx500.html
□製品情報
http://www.jvc-victor.co.jp/bd/dr-bx500/index.html
□関連記事
【9月30日】CEATEC JAPAN 2008ビクター編
−2D映像をリアルタイム3D化。次世代Everioも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080930/ceatec08.htm

( 2008年10月14日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.