◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
SKnet、D4入力対応のHDキャプチャカード「MonsterX-i」
−付属ソフトが録画対応。実売19,800円


11月7日発売

標準価格:オープンプライス


 エスケイネット株式会社は、D4入力を備えたPCI Express x1接続のビデオキャプチャカード「MonsterX-i」を11月7日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19,800円前後の見込み。対応OSはWindows XP/Vista。

 レコーダやハイビジョンビデオカメラ、ゲーム機などの出力映像を、リアルタイムにパソコンのモニターに表示可能なほか、MPEG-2形式などで録画できる。録画や視聴用に専用の「Monster Xアプリケーション」を同梱する。

 対応入力信号は1080i/720p/480p/480i。MPEG-2形式だけでなく、パソコンにインストール済みのビデオ/オーディオコーデックを利用した録画も可能。MPEG-2録画時には、解像度自動判別機能により、入力解像度にあわせた録画プロファイル設定も行なえる。また、BMP形式での静止画キャプチャも行なえる。

 なお、ハードウェアコーデックは備えておらず、ソフトウェアエンコード/デコードを行なう。動作環境はCPUがCore 2 Duo 2GHz以上、メモリ2GB以上を推奨している。

 同社が2007年7月から2カ月弱発売していた“ビデオ入力アダプタ”「Monster X」では、視聴ソフトのみをダウンロード提供し、同ソフトには録画機能を備えていなかった。MonsterXiでは、同社アプリケーションで録画や視聴が可能となった。

Monster Xアプリケーション MPEG-2以外のコーデックも選択できる

 旧Monster Xとの違いは、付属アプリケーションと搭載チップの変更。今回のMonsterXiのチップでは、著作権保護技術のCGMSとマクロビジョンの検出機能を装備した。そのため、付属のアプリケーションでは、著作権保護を施したコンテンツの録画は行なえないという。

 D4入力のほか、アナログ音声(RCA)入力と光デジタル音声入力を装備。光デジタル入力はAAC音声には対応しない。カードの外形寸法は92×80×13mm、重量は40g。

□SKnetのホームページ
http://www.sknet-web.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.sknet-web.co.jp/news_release/081105_mhvxi.pdf
□製品情報
http://www.sknet-web.co.jp/product/mhvxi.html
□関連記事
【2007年9月14日】SKnet、D4ビデオ入力アダプタ「Monster X」を生産終了
−「搭載ICの供給が終了したため」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070914/sknet.htm
【2007年7月25日】SKnet、D4搭載のビデオ入力アダプタ「Monster X」
−PC画面に1080i/720p表示。PCI Express接続
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070725/sknet.htm

( 2008年11月5日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.