◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
海連、LED光源を使った手のひらサイズのプロジェクタ
−LCOSを採用し、1mで25型投射可能。41,790円


2009年1月中旬発売

標準価格:41,790円


 有限会社海連は、LED光源を使った小型プロジェクタ「プロジェクタ X Pro920(KR-PRO920M)」を2009年1月中旬より発売する。価格は41,790円。

同社のUSBディスプレイアダプタ「サインはVGA」を利用して、スマートフォントも連携可能

 外形寸法90×80×44mm(幅×奥行き×高さ)、重量190gと小型/軽量で「手のひらサイズ」というプロジェクタ。0.44型/640×480ドットのLCOSを採用し、輝度は10ルーメン、コントラスト比は100:1。最大入力解像度は1,024×768ドットとなる。

 レンズはマニュアルフォーカス/単焦点で、1mから25型の投射が可能となっている。また、ミラー表示機能(水平反転表示)も備えており、透明スクリーンの背後からのリアプロジェクション投影も行なえる。

 入力端子はアナログRGB(D-Sub15ピン)と、ミニAVジャックで、出力1Wのスピーカーも内蔵する。消費電力は最大12.5W。ミニAV/RCAケーブルや、ACアダプタ、三脚などが付属する。


□海連のホームページ
http://www.kairen.co.jp/
□製品情報
http://www.kairen.co.jp/japanese/release/081106.KRPRO920M.html

( 2008年11月10日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.