◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
Wii向け動画配信はアニメ中心で約3,000本、1本300円〜
−「世界名作劇場」や「プロジェクトX」など。開始は延期


開発中の画面

2009年1月27日サービス開始

料金:「視聴ソフト」500Wiiポイント
    「コンテンツ視聴料」1本300Wiiポイント〜


 富士ソフト株式会社は19日、任天堂のゲーム機「Wii」向けのVODサービス「みんなのシアターWii」における配信コンテンツや料金を決定。また、12月予定としていたサービス開始時期を、2009年1月27日に延期すると発表した。

 「みんなのシアターWii」は、Wiiを通じてテレビでアニメや映画などを視聴できるインターネットストリーミング動画配信サービス。配信用ソフト「みんなのシアターWii」は「Wiiウェア」を通じて500Wiiポイント(1ポイント=1円)でダウンロード販売される。年間の目標ダウンロード数は、「みんなのシアターWii」が10万、配信作品は500万本を計画。

 作品の購入には3種類のチケット(コース)を用意しており、1本を2日間視聴可能な「ちょっと見コース」が300Wiiポイント、2本を3日間の「ベーシックコース」が600Wiiポイント、3本を5日間の「じっくりコース」が800Wiiポイントとなる。なお、30分番組などは2〜3話を1本分のチケットで購入できるという。

 配信フォーマットなどは明らかにしていないが、ビットレートは1.3〜2Mbps程度。解像度はVGAサイズとしており、同社では「DVDレベルの映像をテレビの大画面で楽しめる」としている。

 配信作品は「世界名作劇場シリーズ」全23作品や、「鉄腕アトム(新)」、「ARIA The ANIMATION」などのアニメをはじめ、NHKの「プロジェクトX」シリーズなど3,000本。「家族みんな」をコンセプトにしており、未就学児〜小学生と、その親も楽しめるコンテンツを用意したという。今後は邦画/洋画を含め1年間で500タイトル程度を追加する予定。コンテンツ提供事業者としては、日本アニメーションや、手塚プロダクション、日本テレビ、松竹、東映、NHKなどが協力。ワーナー エンターテイメント ジャパンや、CinemaNowも提供予定としている。


□富士ソフトのホームページ
http://www.fsi.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.fsi.co.jp/company/news/081219.html
□みんなのシアターWiiのホームページ
http://theaterwii.jp/
□関連記事
【9月29日】富士ソフト、初の「Wii」向け動画配信サービスを12月に開始
−「みんなのシアターWii」。視聴ソフトをWiiウェアで販売
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080929/fsi.htm

( 2008年12月19日 )

[AV Watch編集部/nakaba-a@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.