◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
秋葉原に有野課長旋風。ゲームセンターCX DVDイベント
−300人のファンと握手。「有野CEOを目指す」


12月20日開催


 CS放送フジテレビ721で放送されているバラエティ番組「ゲームセンターCX」の最新DVD、「ゲームセンターCX DVD-BOX 5」(BBBE-9266/8,190円/2枚組)が12月21日に発売された。

有野課長

 「ゲームセンターCX」は、よゐこの有野晋哉氏(番組内では有野課長)よるゲーム・バラエティ番組。メインコーナーとなる「有野の挑戦」では、番組から与えられた懐かしの名作ゲームに有野課長がチャレンジ。スタッフらも助っ人として参加しながら、クリアを目指すというもの。

 内容としては非常にシンプルだが、有野課長のキャラクターによる独特のまったりとした雰囲気が観ていて心地良い番組。また、ゲーム好きではあるが、テクニックとしては中級レベルの有野課長は、「足を踏み外して落下」や「ボスを倒したと思って喜んでいる間に死亡」など、ゲームファンなら誰でも経験のあるミスを繰り返す。視聴者は共感を持ちながらそのプレイに一喜一憂するという、スリリングな展開も魅力。レトロゲームの魅力を再発見すると同時に、“誰かと一緒にゲームを楽しむ”面白さを思い出させてくれる番組とも言える。

イベントはヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで行なわれた

 特番などを除き、放送はCSでのみ行なわれているが、口コミで人気が拡大。番組をDVD化したものはBOX 4まで発売されているが、シリーズ累計で25万セットを突破する記録的なセールスとなっている。

 番組は現在第10シーズンが放送中だが、今回リリースされたBOX 5には「超魔界村」や「東海道五十三次」、「カイの冒険 完全版」、「ロックマン」などへの挑戦を収録。「超魔界村」はDVD限定のディレクターズカット版になっているほか、味のある各地のゲームセンター紹介コーナー「たまに行くならこんなゲームセンター」が日本を飛び出した「たまゲーin韓国」も収録するなど、豊富な内容。さらにテレビ未放送である有野の挑戦・特別編「ドルアーガの塔」もファンには見逃せない内容だ。

課長が登壇すると場内から大きな拍手が

 そんなDVD-BOXの発売を記念し、12月20日に東京・秋葉原を舞台にした大規模なプロモーションイベントが開催された。内容は、BOX購入者300人を対象にした課長の握手会や、秋葉原の各地に設置されたスタンプを集めるとプレゼントが貰えるなどというもの。DVDを複数購入して課長に何度も握手してもらったり、10時開始のスタンプラリーを10時25分にクリアする人が現れるなど、熱心なファンが秋葉原に集結。最後の握手会場となったヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの店頭にはそうしたファンが詰め掛け、大いに盛り上がった。

 歓声とともに登場した有野課長は、2008年の番組重大ニュースとして、野田元マネージャーや、番組に登場したゲーム業界関係者に子供が生まれた事、かつて番組アシスタントとして活躍し、現在は「HEY! HEY! HEY!」に異動しているという4代目AD・井上氏(通称イノコMAX)に、フジテレビの廊下で他人行儀に会釈されたことなど、番組ファンにはたまらない情報を次々に発表。

重大ニュースを発表していく有野課長。1発目は「野田元マネージャー 息子生まれる」というのもだが、課長は無言でページをめくり次の話題を「1発目は〜」と紹介。場内は爆笑に包まれた かつての戦友・イノコMAXの他人行儀な態度に課長ショックを受ける!?
初代AD、東島氏も結婚!? 突然の重大発表に悲鳴にも似た歓声が沸き起こるが、実は“嘘”

 舞台には3代目ADの浦川氏や、現在のADである中山氏も登場し、ファンから熱い声援を浴びる。課長をサポートするスタッフ達は、番組の第2の出演者とも言えるほど登場頻度が多く、番組ファンにとっては芸能人である有野課長と変わらないほど馴染み深く、生で会えて嬉しい存在でもある。構成作家の岐部氏や、音声の須田氏らも同様で、画力もあるダンディなカメラマン、阿部氏に至ってはイベント終了後も写真撮影やサイン攻めに会うほどの人気ぶり。スタッフがここまで視聴者に認知され、愛されている番組も少ないが、スタッフと課長、視聴者の距離感の近さが“友達みんなでゲームしてる”ような、番組特有の魅力を生み出しているとも言えるだろう。

番組を支えるスタッフ達も総登場。彼らが課長を差し置いてサインや握手攻めに会うことについて、有野課長は「それがちょっと腹立つんですよね。でもゲームの買い付けなんかでフラッと秋葉原に来ても『浦川さんですよね?』などと気付かれることは無いようで『ベントの時だけ、浮き足立てばいい』と思っている」と苦笑い

インディーズゼロの鈴井匡伸代表も駆けつけた

 番組から生まれたニンテンドーDS用ゲームソフト「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」が2月に北米でもリリースされることや、その続編が同じく2月に日本で発売されることなども発表。開発を担当し、現在開発の追い込みに入っているというインディーズゼロの鈴井匡伸代表も駆けつけ「少しでも皆さんに楽しんで頂けるよう頑張ります!」と意気込みを語った。番組内容に関する発表では、年明け2回目の挑戦ソフトが任天堂のソフトであることも明らかになり、一際大きな歓声が沸き起こった。

 有野課長は今後の抱負として、「“課長”という愛称も定着してきましたが、チビッコ達が憧れて将来の夢を“課長”と言うのも困るので、島耕作みたいな社長に早くなりたいです。むしろ有野CEOを目指します」と宣言。新たなゲームへの挑戦に闘志を燃やしていた。

握手会ではファンからのプレゼントが多数贈られた。巨大なふ菓子や、課長の人形、3DOなどのゲーム機、番組の登場人物をキャラクターにした手作りビックリマンシールなど、バラエティに富んだものばかり。中にはゲームキャラをあしらったネイルアートをした女性も


□スタイルイジャムのホームページ(DVD発売元)
http://www.stylejam.co.jp/
□ハピネットのホームページ(DVD販売元)
http://www.happinet-p.com/
□番組の公式ページ
http://www.fujitv.co.jp/cs/gamecenter/
□関連記事
【DVD発売日一覧】
http://av.watch.impress.co.jp/docs/dvdship/
【2007年9月25日】「ゲームセンターCX」のDVD-BOX第4弾が12月発売
−特典映像で「ボンバーマン」に挑戦。すごろく付き
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070925/happi.htm
【2006年12月25日】「ゲームセンターCX」のDVD-BOX発売記念イベント
−800人を前に、有野課長が「マイティボンジャック」に挑戦
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20061225/gccx.htm

(2008年12月22日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.