◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
Philips、シネマスコープサイズの56型液晶テレビ
−アスペクト比21:9の「Cinema 21:9」。今春発売



 蘭Philipsは、シネマスコープサイズの映画にあわせたアスペクト比21:9の56型液晶テレビ「Cinema 21:9」を2009年春に発売する。価格や仕様の詳細については明らかにしておらず、2月末に製品仕様を改めて公表するとしている。

 アスペクト比21:9(2.39:1)で、シネマスコープサイズ(2.35:1など)の映画をそのまま表示できる点が特徴。通常の16:9ワイドテレビでは、上下に黒帯が表示されるが、21:9の液晶パネルを採用したことで、画面いっぱいに「監督の意図通りに映画が楽しめる」としている。

 解像度などの情報は公開していないが、テレビ放送やゲーム映像なども適切に調節し、画面に表示できる。さらに、16:9画面を2画面横に並べて表示(サイドバイサイド)することも可能としている。

□Philipsのホームページ(英文)
http://www.philips.com/
□ニュースリリース(ニュースリリース/英文/PDF)
http://www.cinematicviewingexperience.com/Philips-21x9.pdf
□CINEMA 21:9のホームページ(英文)
http://www.cinematicviewingexperience.com/

( 2009年1月16日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.