◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、240Hz/4倍速でFeliCa対応の「BRAVIA W5/F5」

−液晶TV中位シリーズ。アクトビラをEdy決済


4月24日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA」の新モデルとして、4倍速/240Hz駆動による残像低減技術や「アクトビラビデオ・フル」対応、FeliCaリーダ/ライター搭載のW5/F5シリーズを4月より発売する。

 W5シリーズはデジタルダブルチューナを搭載し、52/46/40型の3モデルを用意。F5シリーズはシングルチューナモデルで46/40/32型をラインナップする。Fシリーズの32型「KDL-32F5」のみ120Hz/2倍速駆動となるが、そのほかの5機種では240Hz/4倍速駆動の液晶パネルを採用している。パネル解像度は40〜52型の5モデルが1,920×1,080ドット、32型のKDL-32F5のみ1,366×768ドットとなる。価格はいずれもオープンプライス。

型番 画面
サイズ
解像度 仕様 発売日 実売価格
BRAVIA W5
KDL-52W5 52型 1,920×1,080ドット デジタルWチューナ
ブラビアエンジン3
アクトビラ ビデオ・フル
FeliCaリーダ/ライター
4月24日 45万円前後
KDL-46W5 46型 37万円前後
KDL-40W5 40型 29万円前後
BRAVIA F5
KDL-46F5 46型 1,920×1,080ドット デジタルシングルチューナ
ブラビアエンジン3
アクトビラ ビデオ・フル
FeliCaリーダ/ライター
4月24日 35万円前後
KDL-40F5 40型 27万円前後
KDL-32F5 32型 1,366×768ドット 16万円前後

 ソニーでは液晶テレビを想定ユーザーに応じて、「プレミアムゾーン」、「付加価値モデルゾーン」、「ボリュームゾーン」と分類。2008年秋に発売したXR1/ZX1シリーズが先進機能を盛り込んだプレミアムゾーン、同じく秋に発売のX1シリーズを付加価値モデルゾーン、ボリュームゾーンが2月に発売したV5/J5シリーズとなる。今回発売のW5/F5シリーズは、ミドルクラスともいえる付加価値モデルゾーンの製品となる。

KDL-46W5 KDL-46F5

 


■ 4倍速駆動を標準機能に

KDL-52W5

 W5シリーズとF5シリーズの違いは、W5シリーズが地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナを搭載すること。F5シリーズはシングルチューナとなる。また、W5ではベゼル部にアクリルパネルを配しているなど、デザインが若干異なっている。

 32型以外の5機種は1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用。全モデルで液晶テレビ固有の残像感を低減するための動画補正技術「モーションフロー」を搭載。32型の「KDL-32F5」のみ解像度が1,366×768ドットで、120Hz/2倍速駆動だが、そのほかの5製品では、4倍速/240Hz駆動のモーションフロー240Hzを搭載している。

【訂正】
記事初出時に「全モデルフルHDパネルを採用」と記載しておりましたが、32型「KDL-32F5」は1,366×768ドットパネルとなります。お詫びして訂正いたします(3月2日追記)。

 60コマの入力映像を4倍の240コマとして表示するほか、24コマのフィルム素材も10倍の240コマとして表示できる。モーションフローをオフにすることも可能。撮影時に生じた映像のぼやけを検出/補正するIBリダクションも備えている。

 また、W5/F5のいずれも狭額縁ベゼルを採用。さらに、本体の厚さも85mmに抑えており、壁寄せスタンドなどとの併用で薄さを生かした設置が可能となる。

KDL-46F5。240Hz駆動技術を搭載する。GUIはXMB KDL-32F5
従来のF1シリーズ(左)とF5シリーズのコントラスト比較

 最新パネルの採用によりコントラストも向上。さらに映像エンジンも「ブラビアエンジン3」を搭載し、ダイナミックコントラストを10万:1まで向上している。ブラビアエンジン3では、従来モデルと同様のノイズ低減や質感向上処理、色再現性の向上に加えて、シーン解析によるバックライト制御/輝度階調変換機能を追加した。



 

■ FeliCaリーダでEdyでアクトビラコンテンツ購入可能に

おきらくリモコンにFeliCaリーダを搭載

 機能面でも大幅な強化を図っている。Ethernet端子を装備するほか、新たにアクトビラビデオ・フルに対応。ネットワーク経由でHD映像を購入できる。さらに、FeliCaリーダ/ライター搭載リモコンにより、アクトビラなどの有料コンテンツ決済をEdy、eLioなどの電子マネーで行なうことができる。

 無線方式を利用した「おきらくリモコン」に、「アクトビラ」ボタンを装備したほか、FeliCaリーダ/ライターを内蔵。アクトビラでコンテンツを選択し、支払方法でEdyもしくはeLIOを選択し、リモコンのFeliCaポートにEdyなどをチャージした携帯電話やカードを置くことで決済が行なえる。

 FeliCa対応により、クレジットカード情報を入力する手間を省くことで、有料コンテンツ購入のハードルを下げている。ただし、アクトビラビデオでもTSUTAYA TVのコンテンツについて現時点では対応していない。なお、BRAVIA W5/F5の付属リモコンはおきらくリモコンのみで、赤外線方式のリモコンは同梱されない。

XMBからFeliCaリーダを起動 アクトビラで任意のコンテンツを選択 EdyとeLIo決済に新たに対応した
支払い確認画面 決済完了
ソニールームリンクでAVC番組の再生も可能に

 また、DLNA/DTCP-IPクライアント機能「ソニールームリンク」に対応。同一ネットワーク内のソニーのBDレコーダで録画した番組を、BRAVIAから再生できる。アクトビラビデオ・フル対応によりBRAVIA側にMPEG-4 AVC/H.264デコーダを内蔵したため、BDレコーダのLSRモードなど、AVC形式で録画した番組についても新たに再生可能となった。ネットワークウィジェット表示機能の「アプリキャスト」にも対応している。


アプリキャストからブラビアポストカードを呼び出し

 USB端子に記録したJPEG画像の再生にも対応し、JPEGのハードウェアデコーダを内蔵したことで、高速な静止画表示やスライドショーが可能となった。さらにauの携帯電話で対応を開始した「ブラビアポストカード」もサポート。携帯電話であらかじめ登録しておいたBRAVIAに向けて撮影した写真とメッセージを送付し、サーバー側でポストカード風のデザインを行ない、BRAVIAで表示できる機能で、利用は無料。BRAVIA側でネットワーク接続が必須となる。ポストカードの表示にはアプリキャストのプラットフォームを使っており、最大10枚までのポストカードを登録できる。ただし、ポストカードの保存はできない。

ブラビアポストカード ポストカードをアプリキャストから確認 全画面表示も可能
シーンセレクト機能 お気に入り機能

 出力10W×2chのステレオスピーカーを内蔵。さらに、番組表のジャンル情報をもとに最適な画質や音質に自動設定する「シーンセレクト」機能を搭載。画質/音質モードを「オート」にすると、番組に合わせてシネマ、スポーツ、ミュージックなどのモードを自動切り替えする。

 入力端子は、HDMI×4、D5×2、コンポジット×2、S映像×1、アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1、PC用音声×1。HDMIリンク機能「ブラビアリンク」にも対応している。また、「お気に入り」機能も搭載。地上/BS/110度CSデジタル放送や、HDMI、USBなどの外部機器を問わず、お気に入りのチャンネル/機器のショートカットを呼び出す機能となっている。

新フロントサラウンドシステム「HT-CT500」も用意 シアタースタンドの新モデルも J5シリーズと同様に省エネスイッチを装備する

 

品番 KDL-52W5 KDL-46W5 KDL-40W5
サイズ 52V型 46V型 40V型
表示フレーム数 240フレーム/秒
コントラスト 3,800:1
スピーカー 10W×2ch
消費電力
(待機時)
305W
(0.15W)
225W
(0.15W)
202W
(0.15W)
年間消費電力量 240kWh/年 204kWh/年 182kWh/年
入力端子 HDMI×4
D5×2
コンポジット×2
S映像×1
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
PC用音声×1
出力端子 光デジタル音声×1
アナログ音声×1
ヘッドフォン×1
その他の端子 モジュラー×1
Ethernet×1
USB×1
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
124.5×35.8×82.1cm 109.4×33.0×72.5cm 96.1×30.3×64.9cm
重量
(スタンド含む)
30.1kg 24.9kg 20.1kg
品番 KDL-46F5 KDL-40F5 KDL-32F5
サイズ 46V型 40V型 32V型
表示フレーム数 240フレーム/秒 120フレーム/秒
コントラスト 3,800:1 3,000:1
スピーカー 10W×2ch
消費電力
(待機時)
219W
(0.15W)
200W
(0.15W)
140W
(0.15W)
年間消費電力量 198kWh/年 175kWh/年 120kWh/年
入力端子 HDMI×4
D5×2
コンポジット×2
S映像×1
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
PC用音声×1
出力端子 光デジタル音声×1
アナログ音声×1
ヘッドフォン×1
その他の端子 モジュラー×1
Ethernet×1
USB×1
外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)
109.1×33.0×72.5cm 95.8×30.3×64.9cm 77.0×25.8×54.3cm
重量
(スタンド含む)
24.6kg 19.9kg 14.2kg

200932日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.