◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

三菱、“2ステップ録画”が可能な新Blu-rayレコーダ

−「オートカットi」も機能向上。実売12万円


8月1日発売

標準価格:オープンプライス


 三菱電機株式会社は、Blu-ray Discレコーダ「REALブルーレイ」の新モデル「DVR-BZ130」を8月1日より発売する。320GB HDDを搭載し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は12万円前後の見込み。

 新デザインのリモコンを採用し、“使いやすさ”の向上を図ったBlu-ray Discレコーダ。BDビデオ再生対応のBD-R/REドライブを搭載し、HDD容量は320GB。HD解像度のままMPEG-4 AVC/H.264での長時間録画にも対応し、最長5.5倍(AEモード)の長時間録画が可能という。

DVR-BZ130 新リモコン 発表会でも新リモコンを訴求
リモコンのフラップ下にスキップボタンなどを装備している 従来モデルのリモコン(左)との比較

 よく使うボタンだけを表面に配置し、使用頻度が少ないボタンについては、上部/下部のフラップの下に配置した二重構造のリモコンを新開発。ボタン表記も「予約する(番組表)」、「見る」など、機能名を直感的に分かりやすい表現に改めて、予約する(番組表)から決定ボタンを押すという2ステップだけで、番組予約が可能となるシンプルな操作体系を実現した。従来モデルでは、HDDに切り替えて番組予約後、時刻などを確認して「予約確定」で、決定ボタンを押すなど4ステップかかっていたことから、よりシンプルな録画を可能とした。

 また、番組再生についても「見るボタン」、「番組選択」の2ステップを実現。従来はHDDから切り替え後、再生リストから再生方法選択など、合計4ステップの操作が必要だった。


リモコンの操作性 2ステップで番組再生
BD/DVDドライブ部

 地上/BS/110度CSデジタルダブルチューナと地上アナログチューナを搭載し、デジタル放送の2番組同時録画も可能。なお、AVC録画対応は1系統のみで、2番組同時録画時は1系統はDRモードとなる。

  HD画質の記録モードとして、デジタル放送をMPEG-2 TSのまま録画できる「DR」と、AVC記録のAF、ANとAE(4.2Mbps)を用意。BD-Rは最大6倍速、BD-REは2倍速ディスクに対応する。DVD-R/RW記録にも対応し、HDDに録画した番組を、AVCモードでHD解像度のままDVD-R/RWにダビングできるAVCRECも可能。また、SD解像度/MPEG-2 の記録モードとしてXP/SP/LP/EPの各モードも用意している。

 CMを含んだ番組をHDDに録画して再生する際に、本編、もしくはCMのみを順次再生できる「オートカットi」も搭載。2番組録画時にもオートカットiを利用可能で、番組/CM部分だけをBDやDVDにダビングできる。新たにオートカットiでもレジューム再生が可能となったほか、複数の番組の番組部分やCM部分を一度にダビングできるようになった。


初期状態では、録画リストでオートカットi(ハサミマーク)が選択される

 「オートカットi」の精度も向上させ、CMを自動カットした番組再生が楽しめる。また、「見る」ボタンで再生リストを呼び出した場合、初期状態で「オートカットi」再生が選択されているため、特に意識することなく、自動でCMをスキップして視聴できる。録画リストの「ハサミ」マークがオートカットi、「ボール」のアイコンがハイライト再生、「すべて」がオートカットi適用前の録画番組となる。もし、オートカットi(初期状態)で誤って本編がCMと認識されてカットされた場合は、「すべて」から再生する。

 スポーツ番組の盛り上がりシーンだけを連続再生できる「見どころ再生(スポーツ)」や音楽番組用の「見どころ再生(音楽)」も備えており、番組のハイライト部分だけを簡単に再生できる。番組をCM部などで7分割して、見たいシーンを容易に検索できる「シーン検索」機能も装備した。


見どころ再生も装備 シーン検索も装備 見どころ再生/シーン検索の概要

 EPGは最大19ch/12時間表示が可能で、EPGを利用した録画予約に対応。ユーザーの傾向や好みにあわせて自動録画する「おすすめ自動録画」も搭載。SDメモリーカードスロットとUSB端子を備えており、デジタルカメラの写真やAVCHDビデオ映像をHDD にダビングし、BD/DVDディスクに書き出しできる。

背面

 同社製液晶テレビ「REAL」とのHDMI連携機能「REALINK」も装備。テレビのEPGからレコーダの予約内容を確認できる「録画予約状況確認」や、レコーダのHDD残量などのメッセージをテレビ画面に表示する「レコーダーの状態お知らせ」機能も備えている。

 HDMI出力端子を装備し、24p出力やDeep Colorにも対応。HDMI以外の出力端子は、D4×1、コンポジット×1、光デジタル×1、アナログ音声×1。入力端子はS映像とコンポジット、アナログ音声を各×2系統装備する。

 消費電力は約32W。外形寸法は430×314×58mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.4kg。


■ 「ユニ&エコ」、「お客様視点の自信作」をアピール

リビング・デジタルメディア事業本部 家電事業部 田代事業部長

 三菱電機 リビング・デジタルメディア事業本部 家電事業部の田代正登事業部長は、「当社の商品開発の基本方針が“ユニ&エコ”(ユニーバーサルデザイン&エコロジー)。白物が中心と思われているかもしれないが、AV商品でもユニ&エコの視点で開発していく」とし、新REALブルーレイの開発コンセプトを紹介した。

 また、「エコポイントの影響もあり、薄型テレビの市場が伸びているが、それにやや遅れてBlu-rayレコーダも伸びるだろう。ただ、これからのユーザー層は一般の方が増えてくる。“プロ仕様”ではなく“使いやすさ”、当社が得意とするユニ&エコで勝負できる。独自の“気のきいた使いやすさ”を追求していく」と使いやすさへの取り組みをアピールした。


三菱電機 京都製作所 阿部所長

 京都製作所の阿部正治所長は、「レコーダ利用者の約80%は録画/再生機能だけを主に利用している」とのユーザー調査を紹介。レコーダ操作についても「難しい(21%)」、「やや難しい(33%)」など、困難に感じている人が多いとする。そのため、「簡単に操作できる」、「たっぷり録って、要領よく見る」の2点をコンセプトとし、DVR-BZ130を開発したと説明。「お客様視点を追求した自信作です」とアピールした。

 また、現在の同社BDレコーダは、「DVR-Z130」の1モデル展開となるが、「秋の製品も開発中で、近いうちに紹介できる予定です」と語った。


レコーダの操作を“難しい”と感じている人が過半数 使いやすさを追求し、DVR-BZ130を開発

(2009年 7月 21日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.