◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナソニック、「VIERA」Vシリーズに65V型、58V型を追加

−ネオ・プラズマパネルでコントラスト4万:1/低消費電力


左から65V型「TH-P65V1」、58V型「TH-P58V1」

9月15日発売

標準価格:オープンプライス

 パナソニック株式会社は、薄型テレビ「VIERA」のVシリーズ大型モデルとして、プラズマの65V型「TH-P65V1」と、58V型「TH-P58V1」を9月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は65V型が70万円前後、58V型が55万円前後の見込み。どちらもエコポイント対象モデル。

 3月から順次発売が開始されている液晶(37/32型)、プラズマ(50/46/42型)のVシリーズの大型モデル。42〜50型に採用されている、フルHD解像度1,920×1,080ドットの「ネオ・プラズマパネル」を65/58型でも採用。

 「ネオ・プラズマパネル」では、1コマの表示時間を従来より短縮することで、動画解像度1,080本(従来モデルPZ800は900本)を実現。動きの速いシーンでも、精細感が高く、細部の動きや素材の持つディテールも質感豊かに描写するという。また、遅い動きと速い動きが混在するシーンが多い番組でも、動画解像度が一定なので、見やすさが向上するという。

 また、新しい電極構造を採用することで、PDP前面板の電極幅を広げ、放電領域も拡大。これに新放電ガス、新蛍光体などを組み合わせることで、発光効率は2007年モデル(PZ750シリーズなど)比で約2倍に向上。黒浮きの原因となる予備放電を低減させるとともに、ピーク輝度を向上させ、世界最高のコントラスト4万:1(最大200万:1)を実現している。

 蛍光体材料やプロセス技術、光学フィルタにより、デジタルハイビジョン放送の色規格の色面積比で約120%となる広色域を実現。デジタルシネマの色表現領域を満たした。さらに、パナソニックハリウッド研究所で培った技術を用い、Blu-ray Discソフトの圧縮された色域をオリジナルに近づける「ハリウッドカラーリマスター」機能も備えている。x.v.ColorやDeep Colorにも対応する。

 HDMI入力を4系統備え、1080/24p入力に対応。24pで撮影/収録された映像を2-3プルダウン処理せずに表示できる。また、信号処理回路は世界最高レベルという最大18ビットのデジタル信号処理を実現。「わずかな明るさの違いや微妙な色あいの違いも繊細に描写する」という。ほかにも、ナチュラルな肌色表現や、前後の映像との整合を図りながらのコントラスト調整、ディティールエンハンサーなどの処理を行なっている。

 チューナは全モデル地上/BS/110度CSデジタルシングルチューナ。アナログチューナも1基搭載する。また、SD/SDHCカードに記録されているデジタルカメラ写真やAVCHDの動画、AVCHD Liteも再生できる。

 ネットワーク機能はYouTubeの視聴ができ、アクトビラ ビデオ・フルにも対応。同社製センサーカメラと接続することで、屋外などの監視にも利用可能。「どこでもドアホン」と接続すれば、テレビを見ながら来客の確認ができる。

 HDMI端子はVIERA Linkに対応。対応のDIGAやラックシアターなどを、VIERAのリモコンで簡単に操作できる。付属のリモコン「らくらくアイコン」ボタンから、「ディーガ録画一覧」を選ぶだけで、接続されたDIGAの電源オンやVIERA入力切り換えを自動で行なうほか、DIGAのHDDに録画されている番組一覧をVIERAの画面で確認できる。

 番組表は、最大7時間分の番組表が一覧できる新「インテリジェントテレビ番組ガイド」で、ジャンル別の検索も可能。表示チャンネル数は、3/5/7/9/11/15/19を切り替えられる。また、1つの放送局の番組表を時間帯別に8日分表示できる「チャンネル別番組表示」、視聴履歴を元に最大20番組をおすすめする「インテリジェント機能」も利用可能。GUIの表示パターンも変えられる。

付属のリモコン
 さらに「Gガイド」が1月末からサービス開始した“注目番組”機能にも対応。Gガイドがお勧めする最大1カ月先までの注目番組が写真付きでチェックできる。“注目番組”ではテレビ紹介雑誌のように番組紹介記事が写真付きで表示されるほか、一覧からVIERA Link接続されたDIGAへ録画予約も可能となっている。

 サウンド面では、バーチャル3Dサラウンドシステムに、周波数スペクトルを使った、新周波数制御アルゴリズムを採用。テレビに備えた左右2chのスピーカーで、デジタル放送の5.1ソースをより臨場感豊かに再生できるという。サウンドモードはスタンダード、スタジアム、ミュージック、シネマ、ニュースの5種類用意。振動板には竹繊維を使っている。

 ネオ・プラズマパネルや回路の集積化などにより、年間消費電力量は従来モデル(65/58PZ800)と比べ、約35%低減。

 パネルだけでなく、HDMIのリンク機能も活用して消費電力を低減。「こまめにオフ」機能は、本VIERAの視聴状態に応じて使用していない接続機器(レコーダやAVアンプ)の電源を自動でオフする機能。さらに、VIERAを視聴していない時に、使用していない接続DIGAの待機電力モードを自動で最小に切り換え節電する「ECOスタンバイ」機能も用意。VIERAをオンにすればDIGAも完全電源オフ状態からクイックスタートモードに切り替わり、結果として起動時間短縮に繋がるという利点もある。

品番 TH-P65V1 TH-P58V1
サイズ 65V型 58V型
解像度 1,920×1,080ドット
消費電力 688W 635W
年間消費電力量 325kWh/年 310kWh/年
スピーカー 14×3.5cm ×2
音声最大出力 総合20W
入力端子 HDMI×4
D4×1
コンポジット×3
S映像×2
アナログ音声×4
アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
出力端子 コンポジット
S映像
アナログ音声
光デジタル音声
イヤフォン
その他の端子 モジュラー
Ethernet
外形寸法
(スタンド含む
 幅×奥行き×高さ)
1,572×415×1,016mm 1,422×387×933mm
重量
(スタンド含む)
約67kg 約52kg

 


(2009年 8月 5日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.