◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、HDD増設対応「VARDIA」のミドルレンジ2機種

−実売は1TB 9万円、320GB 7万円。VHS一体型も


RD-S1004K

9月上旬より順次発売

標準価格:オープンプライス

 株式会社東芝は,、DVDレコーダ「VARDIA」の新モデルとして、外付けUSB HDDを増設できる2モデルを9月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はHDD容量1TBの「RD-S1004K」が9万円前後、320GBの「RD-S304K」が7万円前後の見込み。

 また、USB HDD増設には非対応だが、VHSと250GB HDD、DVDの一体型レコーダ「D-W250K」も9月中旬に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は6万円前後の見込み。


■ RD-S1004K/RD-S304K

 2機種とも地上/BS/110度CSデジタルチューナを2基、地上アナログチューナを1基搭載したDVD/HDDレコーダ。MPEG-4 AVC/H.264にエンコードしての長時間録画が可能なTSEモードを備えるほか、TSE、TS、VRの各モードをDVDに混在記録でき、ハイビジョン解像度のままDVDに残せる「HD Rec」機能も引き続き備えている。

 新モデル最大の特徴は、市販のUSB HDDを増設できること。最大2TBのUSB HDDが利用でき、レコーダ1台あたり最大8台まで増設できる。USB HDDに対する予約録画も可能。ダビング10にも対応しているため、USB HDD内の番組をDVDにダビングすることも可能。なお、録画したUSB HDD内の番組は他の機器では再生できず、VRモードでの直接録画には非対応。また、USB側での2番組同時録画には対応しない。

 スカパー! HD放送の録画にも対応。対応チューナとLAN接続することで、チューナで受信した番組をVARDIAのHDDに録画できる。前述の「HD Rec」を利用し、スカパー! の録画番組も無劣化でDVDにダビングできる。

 【お詫びと訂正/2009年8月7日】
 記事初出時、スカパー! の録画番組を編集するとDVDにダビング(HD Rec)できないと記載しておりましたが、編集した後でも可能でした。なお、「ネットdeダビングHD」では、無編集でないとダビングはできません。お詫びして訂正させていただきます。

RD-S304K
 従来モデルRD-S503やRD-S303で採用していた、DVDのSD映像などを高精細表示する「XDE」(eXtended Detail Enhancement)技術も引き続き搭載。480i映像などを1080pにアップスケールするもので、新たに輝度と色の境界の立ち上がり波形を改善するアルゴリズムを追加。過度な輪郭強調を抑え、より最適な形で「XDE」が機能するようになった。各パラメーターも見直され、エンハンス効果が向上。「XDEの高画質に磨きをかけた」(東芝)という。

 VARDIA同士をLANで接続し、HDD内のコンテンツをダビングする「ネットdeダビング」機能も強化し「ネットdeダビングHD」となった。従来はVRモードで記録したコンテンツのみ可能だったが、新モデルからハイビジョン放送のTS録画や、スカパー! HDをTSE録画(無編集)したコンテンツもダビングできるようになった。「ネットdeダビングHD」対応機種同士であれば、ダビング速度も向上するという。

 音質にも注力。 機器内部やケーブルの伝送路で発生するジッタを低減するため、HDMI音声用のマスタークロック生成回路に「ジッターリダクション回路」を搭載。接続したAVアンプやテレビに安定したクロックを伝送することで、ジッタの影響を抑え、音場感の豊かなしっかりした音を再現するという。

 そのほかの主な仕様は、従来モデルのRD-S503やRD-S303と共通。約7倍の長時間録画(MPEG-4 AVC/H.264、TSEモード、2.8Mbps)に対応。新モデルでは同モードが標準設定になり、リモコンの録画モードボタンで選択できるようにするなど、使い勝手が向上した。音声は最大5.1ch×2ストリームまで対応。放送時のAACフォーマットのまま保存するため、二カ国語放送やサラウンド放送を無劣化で残せる。

 他にも、おまかせ自動録画や、ユーザーの録画/再生履歴に応じて、自動録画を行なう「お楽しみ番組 自動録画」も利用可能。DLNAサーバー機能「ネットdeサーバーHD」や、再生時に「おまかせ」ボタンを押すとCMを抜いた番組本編だけのプレイリストを自動作成して再生する「おまかせプレイ」、ネットワークを介してDVDや映画などのコンテンツ紹介が行なわれる「おすすめサービス」と、同サービス内にあるビデオクリップのダウンロード機能、おすすめ情報の新着を小窓で知らせる「ぷちまど」機能なども備えている。

 HDMIはレグザリンクに対応。テレビからの制御だけでなく、「レグザリンク・ダビング」にも対応するため、対応した液晶テレビ「レグザ」のHDDに記録した番組をレコーダを使ってDVDに書き出すこともできる。入出力端子面での違いは、S1004Kのみi.LINK(TS。DV入力兼用)を1系統装備。また、上位モデルの「X9」に搭載されているスカパー連動端子は省かれている。DVDドライブのダビング速度はDVD-RAM 3倍速、DVD-R 8倍速、DVD-R DL 4倍速、DVD-RW 6倍速。

モデル名 RD-S1004K RD-S304K
HDD容量 1TB 320GB
映像DAC 12bit/148MHz
音声DAC 24bit/192kHz
入力端子 S映像×2
コンポジット×2
アナログステレオ音声×2
出力端子 HDMI×1(1080/24p対応)
D4×1
S映像×1
コンポジット×1
アナログステレオ音声×2
光デジタル音声×1
その他の端子 Ethernet×1
i.LINK(TS。DV入力兼用)×1
USB×1
(USB HDD/USBキーボード共用)
CATV連動端子×1
Ethernet×1
USB×1
(USB HDD/USBキーボード共用)
CATV連動端子×1
消費電力 44W
待機時消費電力
(高速起動ON)
(アンテナ出力切替OFF)
0.5W
待機時消費電力
(高速起動OFF)
(アンテナ出力切替OFF)
2.7W 2.6W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
431×342×72mm
重量 5.4kg 5.2kg



■ D-W250K

D-W250K
 VHSデッキとHDD、DVDを内蔵した一体型レコーダ。HDD容量は250GB。チューナは地上/BS/110度CSデジタルチューナを1基、アナログチューナを1基内蔵。デジタルとアナログのW録画にも対応する。

 HD Recには非対応。デジタル放送の録画はTS/VRのどちらかで、TSEモードでの録画には非対応。USB HDDの増設、スカパー! HDとの連携などのネットワーク機能、「XDE」などは省かれている。

 VHSテープ内の映像をDVDにダビング可能。EPGにも対応し、HDMI出力を1系統備え、レグザリンクにも対応。そのほかの出力はD4、S映像、コンポジット、アナログステレオ音声、光デジタル音声を各1系統用意。入力はS映像、コンポジット、アナログステレオ音声を各2系統。モジュラージャックも備えている。

 DVDドライブはDVD-R/RWの書き込みに対応。消費電力は50W。外形寸法は435×354×100mm(幅×奥行き×高さ)。重量は6.3kg。



(2009年 8月 6日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.