◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、Blu-ray Discプレーヤー内蔵の液晶「REGZA」

−個室向けの32/26型、WXGAパネル。32型が実売13万円


2月中旬発売

標準価格:オープンプライス


左が32型、右が26型

 東芝は、本体にBlu-ray Discプレーヤーを内蔵した液晶テレビ「REGZA」2モデルを2月中旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は32型の「32R1BDP」が13万円前後、26型の「26R1BDP」が11万円前後の見込み。

 いずれも、1,366×768ドットのVAパネルを搭載した液晶テレビで、スロットインドライブのBlu-ray Discプレーヤーを本体背面に内蔵し、BD/DVDビデオなどの再生が可能。BD-LiveやBONUS VIEWも利用できる。なお、BD/DVDへの録画や、AVCREC/HD Recディスクの再生には対応しない。寝室や子供部屋などのパーソナル用途を想定している。

 テレビの基本仕様は既存の「R9000シリーズ」と共通だが、社内外の意見を取り入れ、画質面でのチューニングを行なったとしている。コントラストは32型が4,000:1、26型が3,000:1で、ダイナミックコントラスト比はそれぞれ40,000:1、30,000:1となる。視野角は32型が上下/左右178度、26型が上下/左右176度。

32型「32R1BDP」 26型「26R1BDP」 背面にスロットインのBDプレーヤーを内蔵

 いずれも、超解像技術の「レゾリューションプラス2」を搭載。「おまかせドンピシャ高画質2」を搭載し、部屋の環境に合わせて、最適な画質に調整する。なお、倍速駆動には対応しない。

 チューナは地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2基と、地上アナログチューナを1基搭載。また、別売の外付けUSB HDDへのデジタル放送の録画も可能。同時に4台までのHDDを接続して録画でき、「連ドラ予約」や、タイムシフト再生の「ちょっとタイム」、ニュース番組を自動録画しておく「今すぐニュース」などの録画/再生機能も利用可能。番組表は7局/6時間分の番組を一覧表示できる「レグザ番組表・ファイン」を採用する。

付属リモコンには、左上にBD専用ボタンを装備

 HDMIは1系統でVer.1.3a。高速切り替えのInstaPortに対応する。CEC機能のレグザリンクもサポートし、対応のVARDIAや、ノートPCのQosmioなどをREGZAのリモコンで操作できる。また、HDMI接続されたQosmioの映像を24bitフルカラーで表示可能。そのほか、ヤマハの「デジタル・サウンド・プロジェクター」、YSP-4100と連携して、番組のジャンルに最適な音声設定に自動で切り替えることも可能。

 リモコンには、新たにBD用のダイレクトボタンを用意。また、BD再生時にはポップアップメニュー/ディスクメニュー/トップメニューの呼び出しも可能。なお、BDダイレクトボタンの採用により、おまかせ画質の切り替えボタンが省かれている。


本体背面の端子部(写真は26型) B-CASカードスロットや本体ボタン部(32型) BD用のクイックメニュー画面

R1BDPシリーズ

型番

32R1BDP

26R1BDP

サイズ

32型

26型

パネル

1,366×768ドット

コントラスト
(ダイナミックコントラスト)
4,000:1
(40,000:1) 
 
3,000:1
(30,000:1) 
 

視野角

上下左右178度

上下左右176度

倍速
モーションクリア

-

映像エンジン

メタブレイン・プロ2

チューナ

地上/BS/110度CSデジタル×2
地上アナログ×1

スピーカー

10W×2ch

5W×2ch

入出力端子

HDMI入力×1
D4入力×1
S映像入力×1
コンポジット入力×2
光デジタル音声出力×1
デジタル放送録画出力×1
Ethernet×2(デジタル放送/BD用各1)
モジュラー×1
USB×2(録画/BD用各1)
ヘッドフォン×1

消費電力
(待機時)

115W
(0.3W)

109W
(0.3W)

年間消費電力量

87kWh/年

70kWh/年

外形寸法
(スタンド含む)
(幅×奥行き×高さ)

805×255×590mm

666×260×490mm

重量
(スタンド含む)

14.6kg

10.5kg



(2010年 1月 14日)

[ AV Watch編集部 中林暁]