◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

米Apple、マルチタスク対応の「iPhone OS 4」を今夏提供

−iPad向けは秋に。フォルダ機能やメール改善も


4月8日発表(現地時間)


 米Appleは8日(現地時間)、iPhoneやiPad用のOSの最新バージョンとなる「iPhone OS 4」のベータバージョンを開発者向けに公開した。100以上の新機能、1,500以上の新APIを盛り込んでおり、iPhone/iPod touch向けには今夏、iPad向けは今秋に提供開始する。

 新たに、サードパーティ製アプリケーションのバックグラウンドでの実行など「マルチタスク」対応や、フォルダ機能、メール機能の改善などが図られる。対象となるのは、iPhone 3G/3GSと、第2/3世代のiPod touch、iPadなどだが、各デバイスで共通の機能強化が図られるのではなく、例えばマルチタスク対応については、iPhone 3GSと第3世代iPod touch(2009年後半発売)に限定されるという。

 マルチタスク対応については、「バックグラウンドオーディオ」、「Voice Over IP」、「バックグラウンドロケーション」、「プッシュ/ローカル通知」、「高速アプリ切替」などの機能強化を実施。

 バックグラウンドオーディオは、インターネットラジオの「Pandra」のようなサードパーティアプリケーションを実行してネットラジオを聞きながら、他のアプリも実行可能にするもの。同様にVoice Over IPで通話しながら、他のアプリを利用することも可能になる。

 また、フォルダ機能により、“Game”などApp Storeのカテゴリごとにアプリを集約したり、任意の名称を付与したフォルダにアプリをドラッグアンドドロップして整理できる。iTunes 9.2で整理したフォルダ構成をiPhoneなどに引き継ぎ可能となっており、2,000以上のアプリをiPhone上で管理できるという。

 メール機能も強化。新たに複数のアカウントのメールを集約して表示可能としたほか、メールのスレッド表示にも対応した。e-bookリーダーの「iBooks」や、Apple独自のモバイル広告プラットフォームである「iAd」の導入、企業向けのデータ保護強化なども行なわれる。

 そのほかにも、カレンダー機能の改善や、ビデオ再生/録画向けの新しいAPI追加などが行なわれる。


(2010年 4月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]