◇ 最新ニュース ◇

2014年10月22日

2014年10月21日

2014年10月20日

【Watch記事検索】

パナソニック、世界初の3D撮影対応民生用AVCHDビデオカメラ

−別売3Dレンズ装着でサイドバイサイド。デジタル一眼用も


3Dコンバージョンレンズを取り付けたところ

8月下旬発売

標準価格:オープンプライス


 パナソニックは、別売の3Dコンバージョンレンズを装着することで、民生用AVCHDビデオカメラとして世界で初めて、3Dでの撮影が可能になるビデオカメラ「HDC-TM750」と「HDC-TM650」の2機種を8月下旬に発売する。価格はどちらもオープンプライスで、店頭予想価格は96GBメモリ内蔵のHDC-TM750が16万円前後、64GBメモリ内蔵のHDC-TM650が13万円前後、3Dレンズ「VW-CLT1」が38,000円前後。

 3D撮影方式はサイドバイサイドで、AVCHD方式で記録。記録解像度としてはフルHD(1,920×1,080ドット)だが、サイドバイサイドであるため、3D映像自体の解像度は横方向の解像度が半分(960×1080ドットと思われる)となり、フルHDの3D撮影はできない。

 さらに、デジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」でも3D撮影を可能にする交換レンズも開発。2眼式の交換レンズで、レンズ交換式デジカメでの3D対応交換レンズの開発は世界初となる。年内を目処に商品化をすすめるという。


■ 3D撮影機能について

 ビデオカメラ2機種は新3MOSセンサーを搭載したもので、ビデオカメラ単体では通常の2D撮影のみ行なえる。このビデオカメラのレンズ前に、別売の3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」を取り付けると、サイドバイサイドでの3D撮影が可能になるのが特徴。

左が3Dコンバージョンレンズ。右がHDC-TM650 3Dコンバージョンレンズを取り付けたところ

 3D撮影をするためには、左目用の映像と右目用の映像を撮影する必要があるが、3Dコンバージョンレンズの中には左目用、右目用の個別のレンズを搭載。そのレンズを通して得られた、左右眼用の映像が横並びされたサイドバイサイドの映像を、装着したビデオカメラで撮影する。左右のレンズ間の距離は公表されていない。

 記録方式は通常のAVCHD形式と同じ。なお、ビデオカメラ側は2機種とも1080/60pでの撮影も可能だが、1080/60pはAVCHD規格ではない独自規格となり、それで3D映像を記録するとさらに再生環境などが限定されるため、3D撮影モードでは1080/60iの、AVCHD規格での記録となる。

3Dコンバージョンレンズの正面。2つのレンズの穴が見える 背面から見たところ。左右の映像がわかれている事が確認できる。ここに写された風景をビデオカメラで撮影する
横から見たところ。3Dマークがデザインされている 背面から、前面の穴にフォーカスを合わせたところ。前面のレンズの穴が四角形なのがわかる

 記録した3D映像は、カメラ本体のHDMI出力から3D対応テレビに出力。他社製も含め、サイドバイサイドの表示に対応したテレビであれば、テレビ側でフレームシーケンシャルなどの方式に変換し、3Dメガネを通して立体視が楽しめる。なお、3D撮影した映像を、HDMI出力時に2D映像として出力する事も可能で、左目用の映像を横を引き伸ばして出力。3D非対応のテレビに表示する事ができる。3Dの画質を高めるために、超解像技術を使った3D専用の画質設定も搭載しているという。

 ビデオカメラは内蔵メモリに加え、SDメモリーカードへの録画も可能で、3D映像を記録したSDメモリーカードを3D対応テレビのVIERAや、3D対応レコーダDIGAで直接再生したり、レコーダに保存する事も可能。対応3D VIERAはVT2/RTシリーズ。なお、TH-P65VT2、P58VT2、P54VT2、P50VT2ではSDカードからのダイレクト再生には、8月下旬公開予定のソフトウェアアップデートが必要になる。3D対応DIGAのDMR-BWT3000/BWT2000/BWT1000では、8月下旬公開予定のソフトウェアアップデートでUSB経由での保存も可能になる。

3D撮影の基本 撮影から記録、表示の流れ 3Dコンバージョンレンズの光学部のイメージ画像

 ビデオカメラ側は静止画撮影にも対応しているが、3Dでの静止画撮影はできない。また、後述するiA機能も使用できない。

 ビデオカメラ2機種には液晶モニターを備えているが、モニターでの3D表示は行なえない。表示されるのは左目用の2D映像のみで、横を引き伸ばして表示する。この映像でアングルなどを確認しながら3D撮影を行なう。「HDC-TM750」は液晶ビューファインダーも備えているが、こちらも2D表示のみ。また、3D撮影時にズーム操作はできない。3Dコンバージョンレンズを取り付けると、ズームがワイド端の58mm(35mm判換算)で固定される。

 また、ビデオカメラ側の光軸と3Dコンバージョンレンズの光軸を正確に合わせる必要があるため、装着した際はモニター画面に表示されるガイドに沿って、3Dコンバージョンレンズ側の光軸調整が必要。調整用のダイヤルも備えている。

 なお、3Dコンバージョンレンズは「HDC-TM750」と「HDC-TM650」の搭載レンズに最適化されているため、他のビデオカメラに装着して使用する事はできないという。

取り付け部分を上からみたところ。ネジ止めで固定する コンバージョンレンズの上蓋を開けると、光軸調整用のダイヤルが現れる コンバージョンレンズを取り付けると、光軸調整用のガイドメニューが表示される

 3D撮影時は、左右の眼の“視差”が立体感の増減に大きな影響を与えるが、3Dコンバージョンレンズでの視差は、十分な立体感を味わえつつ、鑑賞していても眼が疲れにくいバランスを追求したという。撮影時は被写体まで1.2m以上離れて撮影するのが理想で、撮影者から1.2m〜4mの範囲が、飛び出しと奥行きを表現する最適なゾーンになるという。

 PC用の映像管理・再生ソフトとして「HD Writer AE 2.6T」が付属。同ソフトを使って、サイドバイサイドの3D映像をBDやDVDメディアにライティングできる。書き出す映像はサイドバイサイドのみで、左目用の2D映像のみを書き出すといった機能は無い。

 コンバージョンレンズの取り付けネジ径は46mm。外形寸法は78×97×59mm(幅×奥行き×高さ)。重量は195g。

3Dムービー実現には、独自のウェッジプリズム偏光方式による小型化や、視差最適化設計、超解像技術による3D映像の高画質化などを活用したという 糸で吊るしたリンゴを振り子のように動かし、カメラに近づけたり、離したりしながら撮影。立体視を確認できるデモ 子供達が遊んでいる様子を撮影するデモコーナーも


■ ビデオカメラ機能について

  ビデオカメラ側も機能が強化されている。撮像素子は、新開発の3MOSを採用。RGBの光の3原色をプリズムで正確に分け、それぞれの色のを専用のセンサーで処理することで、忠実な色彩の記録が可能になる。サイズは1/4.1型で、総画素数は915万(305万×3)。有効画素は動画が759万、静止画が789万画素となる。

左がTM650、右がTM750 左のTM750のみ、液晶ビューファインダーを備えている

 2機種とも大容量メモリを内蔵。HDC-TM750は96GB、HDC-TM650は64GBのメモリを備えている。さらに、SD/SDHC/SDXC対応のメモリーカードスロットも装備する。メモリ容量以外の違いは、液晶モニターサイズで、HDC-TM750は3型、HDC-TM650は2.7型。また、HDC-TM750のみ液晶ビューファインダーも備えている。また、録音音声がHDC-TM750は5.1chサラウンド、TM650がステレオとなる。

TM750 TM650

 独自規格となるが、1080/60pの撮影が可能なのが特徴。プログレッシブ撮影を活かし、スポーツなど動きの速い被写体撮影時でも、ちらつきを抑制できるほか、斜め方向のノイズが出ないため、より滑らかな映像が撮影できるという。AVCHD規格に沿った1080/60iの記録も行なえる。動画記録モードは1080/60p(28Mbps)のほか、AVCHD形式のHA(約17Mbps)/HG(約13Mbps)/HX(約9Mbps)/HE(約5Mbps)の4モードを用意。前述の通り3D撮影時はHA/HG/HX/HEモードから選択する事になる。

 画像処理エンジンのHDクリスタルエンジン・プロに、新たに新低照度NR(ノイズリダクション)を搭載。これにより、低照度撮影時に目立つ大粒のノイズを抑え、従来モデルのTM700と比べ、40%の大幅なノイズ低減を実現したという。

 手ブレ補正機能は7月に発売した「HDC-TM35」と同様で、手首の縦・横の手ブレに加えて、腕の上下・左右の手ブレも抑える「ハイブリッド手ブレ補正機能」を備えたこと。手首の縦横ブレ(2軸)はジャイロセンサーで検出、腕の上下左右のブレ(2軸)は映像センサーから検出。4軸方向のブレを補正する。光学と電子のハイブリッドとなるが、電子式手ブレ補正を使っている部分は、撮像センサーの中から、映像で使用しないズーム時の余っている領域を使用しており、画質の劣化を抑えるという。

 さらに、手ブレを強力に抑える「手振れロック」機能も搭載。液晶画面の手振れロックのボタンを押すことで、補正範囲を最大まで広げるもので、より強力に手ブレを抑えることができる。

 なお、3D撮影時にハイブリッド手ブレ補正は利用できず、光学式手ブレ補正のみが使用できる。

 レンズは12倍の電動ズームで、35mm判換算の焦点距離は、動画時が35〜420mm(16:9)、静止画が35〜420mm(16:9)、38.8〜466mm(4:3)。超解像技術を使った「iAズーム」機能も備えており、18倍ズームを実現する。

 ほかにも、個人認識機能や、1秒瞬速起動や0.6秒クイックスタート、顔ハイライト機能、顔や色でも追従する追っかけフォーカス、5つのシーンに合わせて綺麗に撮影できる「おまかせiA」機能、笑顔オートシャッター機能、撮り逃しを防ぐプリREC機能なども備えている。静止画は約1,420万画素のJPEG撮影が可能。撮影動画から2.1万画素の静止画を切り出す機能も備えている。

 外形寸法と重量(付属バッテリ含む)は、TM750が66×138×69mm(幅×奥行き×高さ)、約440g。TM650は62×126×66mm(同)、約388g。同梱するバッテリ「VW-VBG130-K」での持続時間は約1時間40分、実撮影時間は1時間。


■ デジタル一眼でも3D撮影

 合わせて、デジタル一眼カメラでも3D撮影を可能にする、2眼交換式レンズを世界で初めて開発。同社のLUMIX Gシリーズの交換レンズの1つとして、年内を目処に商品化をすすめるという。価格や焦点距離、対応する機種など、詳細は明らかになっていない。

参考展示されたGシリーズ用の3Dレンズ 薄型のパンケーキスタイルになっている

 ビデオカメラ用コンバージョンレンズと同様に、レンズマウント径内に2つの光学系を搭載。左右のレンズでステレオ画面を構成し、3D用に画像処理するシステムになるという。画像処理技術や鏡筒設計技術により、コンパクトなサイズを実現しているのが特徴。近い距離の被写体でも目に負担が少ない3D撮影ができ、動く被写体でも形状歪が無く、左右画像の時間差が無く撮影できるのが特徴だという。


■ 3Dビデオカメラでキラーコンテンツを撮影

デジタルAVCマーケティング本部の西口史郎本部長
 デジタルAVCマーケティング本部の西口史郎本部長は、同社が2010年を3D元年と位置付け、3D対応テレビのVIERAを他社に先駆けて投入。その後も積極的にラインナップを拡充し、大きな反響があった事を報告。さらに、プロ用市場でも3D関連の製品やサービスを提供し、世界初のプロ用一体型2眼式3Dカメラレコーダや、3Dに対応したオーサリングセンターを六本木に開設したこと、パナソニックハリウッド研究所での3Dへの取り組み、プロ用プラズマディスプレイも3D対応を推進するなど、パナソニック全体の3Dへの積極的な取り組みを紹介した。

 その上で、今回の民生用3Dビデオカメラについて、「3Dコンテンツを自分で創るという新たなフェーズに入るもの。撮影した映像は、まさに自分が観たい映像であるため、まさしく(3Dの)キラーコンテンツになる。人生におけるかけがえのない出来事を3Dで撮影し、残せる。3D元年の2010年に、撮影し、残すというフェーズを実現できたのは、プロ用機器で培った技術があったため」と説明。

 さらに、撮影した3D映像の表示が、3D VIERAや3D対応DIGAなど、多くの機種で表示できる事から「3D Link」というキーワードも提示。機器間の連携を駆使して、「家庭の3Dを楽しく、より身近にしていく」と豊富を語った。


(2010年 7月 28日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]