◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、720pカメラや高精細液晶の新iPod touch

−64GBモデルも用意。8GB 20,900円〜


第4世代iPod touch

 アップルは2日、高解像度液晶やカメラ機能を搭載した第4世代「iPod touch」を発表した。8GB、32GB、64GBモデルが用意され、オンラインのApple Storeでは2〜3週間後の発送を案内。予約は既に開始している。Apple Store価格は8GBが20,900円、32GBが27,800円、64GBが36,800円。

 従来モデルからの基本的な機能向上はiPhone 3GSからiPhone 4へのアップデートとよく似ており、液晶の高解像度化や、720pビデオ撮影、A4プロセッサ搭載による処理能力向上、ビデオ通話機能のFaceTime 対応など、従来のtouchに比べて多くの機能強化が盛り込まれている。

 液晶ディスプレイは、3.5インチ/960×640ドット液晶を採用。解像度は従来(480×320ドット)の4倍に向上し、326ppiを実現した「Retina(網膜)ディスプレイ」。耐指紋性撥油コーティングも施している。なお、iPhone 4のRatinaディスプレイはIPS液晶パネルだったが、新iPod touchは「IPSでは無い」(同社説明員)とのこと。

 また、iPhone 4では、「オプティカルラミネーション」という処理により、あたかもディスプレイ前面のガラスそのものに表示しているかのように見せる処理が導入されていたが、新touchではこの処理は省かれている。

第4世代iPod touch Retina(網膜)ディスプレイを搭載。IPSパネルではない 厚さはわずか7.2mm
オプティカルラミネーション処理は行なっていない 左側面にボリュームボタンを装備する 底部に、Dock端子やヘッドフォン出力、スピーカーを装備する
背面にカメラを装備。カメラ脇にはマイクを備えている

 背面には裏面CMOSセンサーによるカメラを装備。動画撮影機能は、720p/30fpsでのHD動画記録に対応。写真と同様に動画撮影中にもフォーカス位置を指でタップして決定できる。簡易編集機能も搭載するほか、動画編集アプリケーションの「iMovie」もApp Storeで販売。価格は600円。なお、CMOSセンサーの仕様は非公開だが、iPhone 4搭載CMOSセンサーとは異なるものが採用されており、LEDライトも非搭載となっている。

 また、フロントカメラも装備し、セルフポートレートも撮影可能。フロントカメラではVGA動画(30fps)と写真撮影が可能となっている。また、無線LAN接続時に、フロントカメラを使ってiPhone 4もしくは新iPod touch同士でビデオ通話を可能にする「FaceTime」にも対応する。Apple IDとメールアドレスを入力することで使用可能になり、FaceTime専用アカウントを作ることもできる。


フロントカメラを装備し、FaceTimeに対応 FaceTimeのデモ 別売のiMovieで撮影した動画を編集できる

 ビデオ再生については、MPEG-4 AVC/H.264に対応。最高720p(1,280×720ドット)、30fpsのMain ProfileのAVC動画が再生できるほか、MPEG-4(640×480ドット、30fps、2.5Mbpsまで)、Motion JPEG(1,280x720ドット、30fps、35Mbpsまで)にも対応。対応ファイルコンテナは.mp4と.m4v、.mov。

 音楽形式はAACとMP3、HE-AAC、Apple Lossless、AIFF、WAV、audibleで、AAC/MP3の対応ビットレートは8〜320kbpsまで。

グラフィックの強化やGame Centerの搭載などでゲーム対応の強化をアピール Game Center

 CPUはiPadやiPhone 4と同様に、Apple自社開発/設計のSoC(System On a Chip)である「A4」を搭載し、高いグラフィック性能や処理能力と、バッテリ駆動時間の両立を図っている。

 ゲーム対応を強化した点も特徴で、新たにGame Centerと呼ばれるアプリを内蔵。iOS 4.1を搭載したiPod touch、iPhoneの新機能として展開され、ホーム画面にGame Centerアプリケーションが表示される。このアイコンからApple IDでサインインすることで、任意のニックネームで対応のゲームアプリで友人を見つけたり、他のプレーヤーとの対戦履歴、対戦相手のオートマッチなどの機能が利用できる。

 OSはiOS 4.1を搭載。FaceTimeに対応するほか、新たにGame Centerを追加した。従来のiOS 4の特徴であるフォルダ機能や、サードパーティ製アプリケーションのバックグラウンドでの実行など「マルチタスク」対応を引き継いでいる。なお、第2世代以降のiPod touch向けのiOS 4.1のアップデートも9月8日より提供される。

Game Center 720p動画記録に対応 iPod新シリーズ。iPod shuffle(左)、iPod nano(中央)、iPod touch(右)
背面

 前面にはホームボタンを、左側面には、ボリュームボタンを装備する。下面にはヘッドフォン出力やDockコネクタを装備する。マイク、スピーカーも備えている。

 GPSは内蔵しないが、3軸ジャイロスコープや加速度センサー、環境光センサーなども搭載。Bluetooth 2.1やIEEE 802.11b/g/nの無線LANを搭載(11nは2.4GHzのみ)する。

 バッテリ駆動時間は、音楽再生時で約40時間、ビデオ再生時で約7時間。外形寸法は111×58.9×7.2mm(縦×横×厚み)、重量は101g。対応 OSはWindows XP/Vista/7とMac OS v10.5.8以降でiTunes 10以降が必要となる。最高動作高度は3,000m。同梱品はDockコネクタ-USBケーブルやイヤフォンなど。


第4世代iPod touch(左)、iPhone 3GS(右)の比較

(2010年 9月 2日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]