◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

【IFA 2010】Samsung、7型液晶/DLNA搭載のAndroid 2.2端末

−フルHD動画も再生可能。65型の3D液晶テレビ発表


 IFA(国際コンシューマエレクトロニクス展) 2010の開幕を控えた9月2日、SamsungはプレスカンファレンスにおいてAndroid搭載のタブレット端末「GALAXY Tab」を発表した。

GALAXY Tabを紹介したSamsungのThomas Richter氏。生活スタイルに応じた様々な使い方ができることをアピールした

 「GALAXY Tab」は7型/1,024×600ドットのタッチパネル液晶を備え、OSにAndroid 2.2を採用するタブレット型端末。外形寸法は190.1×120.45×11.98mm(縦×横×厚さ)、重量は380g。欧州では9月中旬の発売を予定しており、米国のほか韓国などアジアでも続いて発売される予定。

 様々なAndroidアプリが利用可能で、アプリの入手は、Androidマーケットのほかに独自の「Samsung Apps」からも行なえる。

 動画/音楽/静止画対応のメディアプレーヤー機能も備えており、フルHD動画も再生可能。対応フォーマットは動画がWMV/MPEG-4/DivX/XviD/H.263/H.264で、音楽がMP3/AAC/OGG/WMA/FLAC/WAV/MIDIなど。ブラウザでFlashも表示できる。

 本体メモリは16GBと32GBを用意する。また、microSD/SDHCカードスロット(最大32GB)も備えている。CPUの動作周波数は1.0GHz。300万画素カメラやGPSも内蔵する。

メディアプレーヤー機能を搭載 eブックリーダー機能も備える DLNAにも対応

 通信機能は3Gと無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 3.0に対応。さらに、DLNAにも対応しており、他のサーバーなどに保存されたコンテンツも再生可能となっている。内蔵バッテリの駆動時間は動画再生時が約7時間。

 同社は、「コンシューマの52%が外出先でタブレットを使いたい」という調査データ(My Gadget News)や、「90%がWebブラウジングやEメールに、67%がマルチメディア再生に、60%がeブックリーダーとして使いたい」(Morgan Stanrey Research)、「70%がコミュニケーションに利用したい」(Strategy Analytics,USA)という調査を例として挙げ、こうした要求に応える“Smart Media Device”として紹介した。



■ 3DテレビやBlu-rayシアターなど

65型の3D対応液晶テレビ「UN65C8000」

 液晶テレビでは、3D対応の65型で薄さが29.3mmという「UN65C8000」を発表。10月発売で価格は5,999ユーロ。大きな特徴は、PALの16倍に相当する800Hz駆動を実現したという「Clear Motion Rate 800」を搭載したこと。バックライトはLEDで、独自のLED駆動技術で動画表示性能を向上したという。無線LANも搭載し、Samsung Appsからアプリをダウンロードして利用できる。

 Blu-ray 3D対応プレーヤーを搭載した7.1chシアターシステム「HT-C9950W」も発表。8月末より出荷が始まっており、価格は1,999ユーロ。HDDを内蔵し、3Dテレビ放送(DVB-T/Cなど)も録画可能としている。無線LANアダプタが付属し、Samsung Appsからのアプリダウンロードも可能。


薄さは29.3oだという 「800Hz駆動」を特徴とする Blu-ray 3D対応シアターシステムの「HT-C9950W」

 その他にもフルHDビデオカメラの新製品として、レンズ面を上に20度傾斜したことで、手に持ったときに腕を高い位置に保つ必要がないというモデル「HMX-T10」(米国で発売中/299ドル)や、デジタルカメラの前面と背面の両方に液晶を設けることで、自分撮りが簡単に行なえる製品などをデモを交えて紹介した。

レンズを20度上に向けたことが特徴のビデオカメラHMX-T10 液晶を前面と背面に備えるデジタルカメラ 液晶を見ながら自分撮りができる


(2010年 9月 3日)

[ AV Watch編集部 中林暁]