◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

torne、2.10“ライブ”のTwitter連携を体験する

−TVをツイートと共に視聴。使い勝手も向上


バージョン2.10“ライブ”が公開された

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は15日、PlayStation 3(PS3)用レコーダキット「torne(トルネ)」にTwitter連携機能などを追加する「バージョン2.10“ライブ”」を予定通り公開した。アップデートプログラムのサイズは62MB。

 最大の特徴はTwitterとの連携。テレビの視聴画面で表示するメニュー内に「ライブ」というボタンが追加され、これを押すと画面右側に現在放送されている全チャンネルの番組一覧と、その番組についてのツイートが表示される。この表示は、テレビ局のハッシュタグが付いているツイートを随時検索して表示させているものだ。


新設された「ライブ機能」を選ぶと、Twitter連携機能が使用できる

 ツイートは横スクロールで表示され、量が多ければスクロールのスピードが速くなるため、活発につぶやかれているチャンネルの目安にもなる。ライブ画面のチャンネルにカーソルを合わせ、○ボタンを押せば、その番組に関するツイートのみが右側に縦方向に表示されるようになり、沢山のツイートと共にテレビを視聴できる。

 また、ライブ画面でカーソルを合わせた状態でスタートボタンを押すと、選択中のチャンネルに受信を切り替える事も可能。“一覧から活発なツイートがあるチャンネルを選び、選局。そのチャンネルのツイートのみを表示する”といった一連の操作がライブメニューから全て行なえるのが便利だ。


画面右側がライブの画面。放送局を一覧表示しているところで、番組名の下にツイートが横スクロール表示されている 各チャンネルのタイムラインを表示しているところ。視聴中の番組に関するツイートを、番組を観ながら読むことができる ユーザーのプロフィールを表示しているところ。そのユーザーのタイムラインを表示する事も可能

torneからつぶやく事もできる
 ツイートはしばらく操作しないと自動スクロールに切り替わり、新しいツイートがどんどん表示される。また、ツイートしているユーザーのプロフィールを表示したり、そのユーザーのタイムラインのみを表示する事も可能。ツイートの中に書かれているURLをWebブラウザで表示する事もでき、その場合はテレビ画面が左側に縮小表示され、テレビの視聴を中断せずにWebの情報が確認できる。


定型文を使ったツイートも可能。定型文の追加・変更も可能だ
 設定画面からTwitterアカウントをtorneに登録すれば、ユーザーがtorneからツイートする事も可能。コントローラの□ボタンを押すとツイートメニューが表示され、そこから「ツイート」、「リツイート」、「引用」、「返信」が利用可能。コントローラーで文字を打つのが難しい場合でも定型文が用意されており、文字入力をせずにツイートする事も可能。定型文は設定画面で追加・変更もできる。

 また、バージョン2.10からは文字入力でUSBキーボードが使用できるようになっている。カーソルの移動や画面の移動、リストの選択などもUSBキーボードから行なえる。ただし、torneの全ての機能をUSBキーボードから操作することはできない。


録画予約時にツイートをするところ
 他にも、「インフォメーション」機能として、取得したツイートの中によく出現したハッシュタグや、全国のトルミル情報を元に各地域で視聴している人数が多いチャンネルのハッシュタグを確認する事もできる。そこから、受信できない地域の放送局のタイムラインを表示する事も可能。

 視聴以外にもTwitterが活用でき、番組表や番組検索画面から、番組を選び、ツイートする事も可能。気になった番組をフォロワーにお勧めする事もできる。録画予約した際に、何の番組を予約したかもツイート可能。なお、これらのライブ機能は設定メニューから「有効」にする事で、使用可能になる。


「インフォメーション」機能の使用例

ライブ機能は設定画面で有効にすることで、使用できるようになる


■基本機能も強化

音声出力レベルの調整画面。画面左側に表示される

 視聴中にPS3のコントローラー/BDリモコンを使い、音声出力レベルを調整できるようになった。コントローラーの場合、R2ボタンを押しながら、十字キーを上下させることで調整できる。なお、テレビのボリュームを上下するわけではなく、あくまでPS3からの音声出力レベルの調整であるため、調整幅はテレビのボリュームよりも狭いが、テレビのリモコンに持ち替えずに調整できるのは使い勝手が良い。

 検索機能では英数字の大文字/小文字、全角/半角を区別せずに検索できるようになった。また、検索結果に表示された番組の情報を表示したとき、検索キーワードとして使用した文字がハイライト表示されるようになっている。

 さらに、ジャンルの設定でボタンを押すことで、“〜以外”の表示に切り替える事ができる。例えば「トル数」で録画予約が多数されている番組順にソート表示した状態で、そこからアニメを除外するといった使い方が可能だ。除外設定は、ジャンルを選んだ状態でコントローラーの□ボタンを押す。

15日の13時過ぎに「トル」順でソート表示したもの。1位はアメトーク、2位以下には「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」などアニメ作品が沢山並んでいる ジャンルでアニメ/特撮を選んだところ。この状態でコントローラーの□ボタンを押すと、同ジャンルが除外される 除外されたトル順ソート画面。アニメが表示されていないのがわかる

起動時にアップデート内容が表示されるようなった
 ほかにも、番組情報表示の文字サイズが変更できるようになり、録画番組をプレイステーション・ポータブル(PSP)に書き出す際には、接続しているPSPのニックネームが表示されるようになった。また、アップデートを行なった直後に、アップデート内容が表示されるようになっている。



(2010年 12月 15日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]