◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

au、IS03などにFMラジオ52局を配信する「LISMO WAVE」

−エリア制限なし、地下鉄でも途切れず配信。315円/月


対応端末のIS03

 KDDIと沖縄セルラーは、Androidスマートフォンやau携帯電話向けにFMラジオなどを3Gや無線LANで配信する音楽ストリーミングサービス「LISMO WAVE」を1月26日の午前10時より開始する。ラジオ配信の料金は月額315円だが、5月末までは無料。

 全国民放52局のFMラジオを、放送エリアに関係なく聴取できるサービスの提供は携帯電話事業者で初となる。なお、利用は日本国内のみ。


小林克也さんや内田恭子さん、IMALUさんのほか、民放FM 52局のパーソナリティーも集合

 発表会には、40年以上に渡りラジオDJとして活躍する小林克也さんをはじめ、現在FM局でパーソナリティを務めている内田恭子さん、IMALUさんがゲストとして来場。さらに、全国民放52局の女性パーソナリティ52名も参加し、新サービスの立ち上げを盛り上げた。

 LISMO WAVEは、「ラジオチャンチャンネル」と「音楽映像チャンネル」の2つのサービスで構成。対応端末は、1月26日時点ではAndroidスマートフォンの「IS03」のみで、26日10時より、au one Marketで対応アプリを配信する。今後発売されるREGZA Phone IS04やIS05、フィーチャーフォンのT006でも発売時点で対応する予定。今後の機種でも順次対応していく。ただし、フィーチャーフォンは無線LAN搭載端末のみ対応予定としている。


「LISMO WAVE」の聴取画面 LISMO WAVEアプリのアイコン T006(2月上旬発売)など、今後発売される無線LAN搭載フィーチャーフォンでも利用可能


■ ラジオチャンネル

放送局の一覧

 全国民放52局のFMラジオを、放送エリアの制限なく3G/無線LAN経由でサイマル配信するもの。料金は月額315円(パケット料金は別)だが、5月末まではサービス開始キャンペーンとして無料で利用できる。配信フォーマットは着うたフルと同じHE-AAC/48kbps。番組の録音には対応しない。

 「ラジオチャンネル」で配信される番組は、民放FMの52局/約1,508番組(2010年12月時点)のうち、ほぼ全て。ただし、J-WAVEのみ、開始が3月15日となる。なお、NHKやコミュニティFM、AM、デジタルラジオ番組のサイマル配信については未定となっている。

 ラジオ局の「チャンネル一覧」メニュー(Android端末のみ)から選んで、現在放送中の番組が聴けるほか、番組表から選んで聴取予約することも可能で、予約した番組の開始5分前に、Android端末ならステータスバーにLISMO WAVEのアイコンを表示。フィーチャーフォンならEZメール宛てにEメールで通知する。

 ラジオのCMについても許諾が取れたものに関しては配信。なお、許諾が取れなかった番組やCMについては、著作権フリーの楽曲などを代わりに流す。


番組表。当日分のみ表示できる 聴取予約は、「1回」と「くりかえし」が可能 予約一覧

 

バッファ再生機能により、地下鉄などでも途切れず聴けるという

 ラジオ聴取時の機能として、地下鉄など通信が不安定な場所でも連続して再生できるバッファ再生機能を搭載。駅間の5分程度であれば、途切れることなく聴くことができるという。このため、実際のFMラジオ放送に比べるとLISMO WAVEの配信には5分程度の遅延を持たせている。

 また、番組内で流れている楽曲名が表示され、そこからレコチョクやmoraの楽曲ダウンロード販売サイトへ直接つながる連携機能も搭載。聴いている曲がストアに存在すれば購入でき、通常の購入楽曲と同様に端末で聴くことができる。さらに、Android端末のみのサービスとして、聴いているチャンネルのTwitterタイムラインを閲覧したり、ツイートできる連携機能も利用できる。


聴取画面から、流れている楽曲名のボタンを押すと、その楽曲がストアにあるかどうかを検索 楽曲がレコチョクなどの配信サービスにあれば、各サービスから購入できる Android端末のアプリには、Twitter連携機能も搭載


■ 音楽映像チャンネル

 ミュージックビデオなどをテレビ番組のように順次配信するもので、無線LAN経由での利用のみ可能なサービス。

 1月26日の開始当初は、KDDIが提供する「au Exclusive Live」の映像を無料配信する。この番組は、PCサイトの「au one net」で配信されているものと同じ内容。LISMO WAVEでの映像フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264で、ビットレートは768kbps。番組の録画はできない。

 5月からはレーベルゲートとの協力で、音楽ビデオクリップなどの映像を3つのチャンネルで配信する予定。なお、このチャンネルを含め、他社から提供される番組については有料のチャンネルとなる予定で、1日ごとに課金する方法などがとられる。

音楽映像チャンネルで配信されている「au Exclusive Live」 音楽映像チャンネルは無線LANのみで利用できる レーベルゲートによるチャンネルも5月に予定


■ 「音楽のクラウド化」第1弾。今後はPCやCATV連携も

KDDIの高橋誠専務

 KDDI代表取締役執行役員専務の高橋誠氏は、同社のAndroid端末や、音楽サービスに関するこれまでの取り組みや、今後の計画について説明。

 2010年11月に発売したIS03などISシリーズは、第3四半期(10月〜12月)で39万台を販売。「au one Market」におけるアプリのラインナップ数は、当初年度末の目標とした1,800を第3四半期で既に上回り、1,814となった。

 アプリのダウンロード数トップはLISMOで、楽曲のダウンロード数も、フィーチャーフォン向けの着うたフルと同等程度まで成長。高橋氏は「Androidでも音楽配信は重要だと認められた。楽曲のラインナップが増えることでますます楽しんでいただけるだろう」と自信を見せた。

 一方で、これまでのサービスがPCや携帯電話、スマートフォンにダウンロードすることがメインとなっている状況について、「楽曲をサーバー側に置いてクラウド化することで、いろんなデバイスで楽しめる世界に持っていかなければならない。今までストリーミング配信には、通信速度の問題があったが、今はネットワーク整備が進んだので、これからはクラウドの世界に突入する」との意欲を見せた。

第2、第3のクラウドサービスも予定しているという

 このクラウド化についてはLISMO WAVEが第1弾と位置付けられ、第2、第3のサービスを用意。「マルチデバイス、マルチ―ユースのニーズに応える。PCやCATVなどへも拡大していくことをイメージしながら、サービスを作っている」(高橋氏)とした。

 ラジオをエリア制限なく聴けるという新サービスの実現は、ラジオ局側の理解と協力が欠かせないものだったが、同社はこれまでFMチューナ搭載端末を95機種/約3,500万台販売してきたことや、全国民放52局が同時に生放送する音楽ライブ番組「Meet The Music Live」で強いパートナーシップを持っていることを説明した。

 同社調査では、2010年12月時点で全国民放FMの52局において1,508番組が放送され、パーソナリティは1,570人に及ぶという。高橋氏は「LISMO WAVEを利用することで、1日に出会える楽曲数は約7,800曲。『リスナーへの想いを込めて音楽を届けたい』というパーソナリティの導きで、思いがけない音楽と出会える」と、ラジオの魅力をアピールした。

 なお、ラジオのサイマル配信としては既に「radiko」がサービスを行なっているが、KDDIのグループ戦略統括本部 新規ビジネス推進本部 メディアビジネス部長の八木達雄氏は「radikoも、ラジオ局の想いを届けたいという点では同じだが、radikoは放送エリアに準じたサービス」として、LISMO WAVEとは異なることを強調した。



■ 小林克也さん「ラジオが地方色の競争に」

バッファ再生機能により、地下鉄などでも途切れず聴けるという

 「今回参加の52局のうち、10局以上の番組でDJを務め、現在はNACK5で9時間に渡る生放送番組「FUNKYFRIDAY」を担当するなど活躍を続ける小林克也さん。LISMO WAVEで、どのエリアからでも52局のFMが聴けることについて「作り手としては競争を意識しますね。それぞれの地方ががんばっていけると思うと、面白い。個人的にもラジオマニアで、家でも車でもどんな番組をやっているかを常にチェックしています。LISMO WAVEが始まると、さらに忙しくなりそう」と語った。

 TOKYO FMで「内田恭子のウチ・ココ〜ウチだけ・ココだけの話」のパーソナリティを務めている内田恭子さんは、「携帯電話は常に持ち歩くものだから、今回のサービスは画期的。番組をやっていても、皆さんと一緒に一つの番組を作っていけるようになるというのはテンションが上がります」とコメントした。

 FMヨコハマで「IMA Berry Good」を担当するIMALUさんは、「家でもFMヨコハマは聴けますが、音がちゃんと聴こえず(ノイズで)ザワザワしてしまうので、それがクリアに聴けるのはすごくうれしい。クリアに聴こえる分、パーソナリティとリスナーの距離も縮まるんじゃないかなと思う。私の世代やその下の世代でも、もっとラジオを聴いてもらえるようになってほしい。聴きながら、いいと思った曲をそのままダウンロードできるのは最高なこと。私の曲も買っていただければ」と笑顔を見せた。

 さらに、LISMO WAVEで聴けるようになる、全国民放FM 52局から女性パーソナリティがステージ上に集結。小林さんらゲストと共に、「LISMO WAVE スタート!」という掛け声で発表会を締めくくった。この音声は会場で収録され、放送のジングルなどでも利用されるという。

小林克也さん、内田恭子さん、IMALUさんがそれぞれ感じるLISMO WAVEの魅力についてトーク 民放FMの各パーソナリティも、それぞれ新サービスやラジオに対する想いを語った 全員で「LISMO WAVE スタート!」という掛け声を収録


(2011年 1月 25日)

[ AV Watch編集部 中林暁]