◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

マクセル、HDD/DLNAサーバー搭載の新iVDRレコーダ

−3波Wチューナ/実売4万円。DIGAのBDへダビングも


VDR-R2000

 日立マクセルは、リムーバブルHDD「iVDR-S」や内蔵HDDへの録画機能を備えた地上/BS/110度CSデジタルレコーダ「iV(アイヴィ)ハードディスクレコーダー」の新モデル「VDR-R2000」を6月25日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。ボディカラーはブラック。

 '09年に発売した「VDR-R1000」の後継モデルで、iVDR-Sへの録画に加え、新たに内蔵した250GB HDDへの録画も可能になった。さらに、DTCP-IPサーバーなどのネットワーク機能を強化したことも大きな特徴。なお、iVDR-Sは別売で、同社からは500GBモデル(実売16,000円前後)と250GBモデル(実売9,000円前後)が発売中(160GBモデルは生産完了)。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2基搭載。内蔵HDDへの2番組同時録画に対応する。MPEG-2 TS録画に加え、MPEG-4 AVC/H.264での録画にも対応。iVDR-Sへの直接録画も行なえる。録画モードはTSがHD/SD解像度の2種類。AVCがHDの2/4/8倍モードと、SD(24倍)の4種類を用意する。なお、2番組同時録画の場合、AVCで記録できるのは1番組のみ。BS11などの3D番組も録画可能(MPEG-2 TSのみ)。なお、スカパー! HDの録画には対応しない。

 内蔵HDDに録画した番組をiVDR-Sへダビングすることで、日立WoooやPC用アダプタなどの対応製品を使っての番組視聴も可能。ダビングの回数は、ダビング10/コピーワンスなどのルールに準拠するが、内蔵HDDとiVDR-Sの間のムーブは回数制限なく利用できる。HDDからiVDR-Sへのダビング時に、TSからAVCに画質変換することも可能。本体HDD内で画質変換してダビングすることも可能となっている。iVDR-Sへのダビング速度は、TSモード時が約9倍速、TSX8(8倍モード)時は約32倍速となる。


内蔵HDD、またはカセット型のiVDR-Sに録画可能 録画モードと、録画可能時間の一覧 EPG画面。録画済みの番組には○印が付き、ひと目でわかりやすい

 録画予約のための検索機能として、ユーザーの録画履歴から、出演者/ジャンル/時間帯などの情報を元に自動予約する「おすすめ番組機能」と、Gガイドの「注目番組情報」、タレントやジャンルなどのキーワードをリストから選んで自動予約する「キーワード検索」の3つを搭載。[出演者]では、タレント名鑑に載っているタレントから選んで、出演番組を自動録画できる。EPGなどから手動予約した番組と、キーワードなどでの自動録画番組は色分けして表示される。なお、自動録画の番組は、HDDの残量が一定以下となると、自動で古いものから削除される。

 データ処理能力を向上させたことで、録画/再生/EPG表示を同時に処理可能。また、キーワード自動録画された番組も、設定条件ごとに整理して表示できるため、番組を探しやすいという。

録画履歴を元に番組を探せる「おすすめ番組機能」 Gガイドの推薦する番組をチェックできる「注目番組情報」 タレント名などで自動録画できる「キーワード自動録画機能」
「おすすめ番組」画面 「注目番組情報」画面 「キーワード自動録画」画面
録画済み番組の探しやすさも向上 自動録画の番組は番組名の背景色がブルーになり、判別しやすい


ホームネットワーク内のLAN HDDや、PCに接続したiVDR-Sアダプタなどの映像も再生可能

 ネットワーク機能では、新たにDTCP-IPサーバー機能を搭載。LAN内にある対応テレビなどで、「VDR-R2000」に録画した番組が再生可能。DLNAクライアントとしても動作し、DLNAサーバー対応のLAN HDDや、BDレコーダなどに録画した番組もLAN経由で再生できる。

 さらに、DLNAのAVネットワークダビングに対応したBDレコーダを使用することで、「VDR-R2000」のHDDまたはiVDR-Sに記録した番組をBDレコーダ側でBDに書き込むことも可能となる。動作確認済みのレコーダはパナソニックのDMR-BZT900/800/700/600、DMR-BWT500、DMR-BRT300、DMR-BWT3100/2100/1100、DMR-BW890/690。

 また、アクトビラ ビデオ・ダウンロードやTSUTAYA TV、Yahoo! 動画にも対応。ダウンロードしたコンテンツも、前述のDLNA/DTCP-IPサーバー機能により他の機器で再生できる(一部番組を除く)。そのほか、ニコンの写真共有サイト「Nikon my Picturetown on TV」や、有害サイトへのアクセスをブロックする「i-フィルター for TV2」なども利用できる。


LAN内にあるDLNAサーバー製品を表示 他の部屋にあるVDR-R2000のコンテンツもネットワーク経由で再生可能 対応DIGAなどを利用して、VDR-R2000の番組をBDにダビングすることも

 GUI面では、フォントサイズや背景色を変更可能。また、機能の内容や使い方を表示する「ひとことガイド機能」も備える。付属リモコンは大きな文字のボタンを搭載し、9社のテレビが操作可能。リモコンのデザインは、視距離の誤差を減らす逆Rカーブ形状としたことで、見やすさと押しやすさを高めている。

 出力端子は1080p出力対応のHDMI(CEC対応)と、S映像、コンポジット、光デジタル音声、アナログ音声を各1系統装備。Ethernetも備える。SDカードスロットも備え、カードに記録したAVCHD動画や、JPEG静止画などを再生可能。静止画は本体のHDDにコピーすることも可能となっている。消費電力は26W(待機時0.3W)。外形寸法は297×224×66mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.3s。

 なお、VDR-R2000は5月31日に秋葉原UDXで開催されるイベント「iVDR EXPO 2011」にも出展。このイベントは入場無料で、同製品などが当たる抽選会(要事前登録)や、桃井はるこ主演のiVDRプロモーションビデオ「桃井はるこ 記憶にaccess〜はじめて編〜」のお披露目上映なども行なわれる。

背面 前面にiVDR-SやSDカード、B-CASカードのスロットを備える SDカード内のAVCHD動画などが再生可能
ボタンの表示が大きく、使いやすさを追求したリモコン 従来機種との違い。ほとんどが新機能となっている 5月31日に秋葉原UDXで開催される「iVDR EXPO 2011」にも出展。入場無料で抽選会なども行なわれるイベント


■ レコーダのヘビーユーザーにも訴求

日立マクセルの松岡建志氏

 日立マクセル 商品開発本部の松岡建志本部長は、「'07年にカセット型のiVDRを発売して以来、iVの世界を広げるためプレーヤーやレコーダを発売してきた。今回のレコーダで、この世界をさらに広げたい」と述べた。

 従来モデルの「VDR-R1000」は、アナログテレビの利用者などエントリー向けという位置付けだったが、新製品はネットワーク機能の強化などによって、既にレコーダを持っている人などヘビーユーザーへも訴求。「テレビから外付けHDDに録画する場合は、つなぐ台数が限られていたり、1 to 1でしか使えないなどの限界がある。新モデルはレコーダを使っている人を含め、すべてのユーザーを想定して作っている。お年寄りも、従来のビデオデッキのように使える」と仕上がりに自信を見せた。



(2011年 5月 24日)

[ AV Watch編集部 中林暁]