◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

個人で違法動画投稿サイトを運営した少年を書類送検

―「らき☆すた」などを無断でアップロード


 福岡県警生活経済課サイバー犯罪対策室と筑紫野警察署は11日、無料レンタルストレージサービス「BB QUEST」を利用して、ミュージックビデオやアニメ、特撮番組の動画ファイルなどを不法に投稿していた北海道、愛知県、広島県、鹿児島県などの少年あわせて6名を著作権法違反の疑いで福岡地方検察庁に書類送検した。日本音楽著作権協会(JASRAC)とコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が発表した。

 BB QUESTは、モバイルサイト制作・運営事業を手がけるネッツ・ジャパン(愛知県名古屋市)が運営する、無料レンタルストレージサービス。利用者が個人でサイトを立ち上げて動画投稿サイトを構築することが可能だった。書類送検された6人はいずれも未成年で、こうしたサービスを悪用し「ニコニコ動画館」という模倣動画投稿サイトを開設、運営しており、「ニコニコ動画」や「YouTube」等で公開されていた大量の動画を、携帯型ゲーム機でも視聴可能となるように変換するなどして不特定多数のインターネットユーザーに向けて送信できるようにしていた。

 投稿されていた動画にはEXILEのミュージックビデオの他、「クレヨンしんちゃん」、「らき☆すた」、「ハヤテのごとく!!」、「仮面ライダーオーズ」などが含まれており、JASRACの会員企業が2名を、ACCSの会員企業が4名を、それぞれ著作権(公衆送信権)を侵害した疑いで告訴していた。

 福岡県警は4日、ネッツ・ジャパンに対し、同サービス内における著作権侵害に対する警告を行なっており、同社は今後、積極的に著作権侵害対策に協力する旨、回答していたという。現在BB Questのサイトには、諸般の事情により2011年7月8日をもって閉鎖するとのコメントのみが掲載されている。

 JASRACによると、法人運営ではなく、個人運営の動画投稿サイトの管理者が摘発されたのは、今回が初めてだという。JASRACでは今後も引き続き警察と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んでいくとコメントしている。



(2011年 7月 11日)

[ AV Watch編集部 庄司亮一]