◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

YouTube、日本語音声から字幕を自動生成する機能追加

−動画/字幕のタイミング同期も


CC(字幕)アイコンから[音声を文字に変換]を選択可能に

 Googleは、YouTubeにアップロードした動画を解析し、自動で字幕を生成/付与する機能を14日から提供開始した。英語音声の動画からの字幕生成は、2009年11月から提供されていたが、2言語目として日本語対応を実現した。

 自動字幕生成のON/OFF設定は、YouTubeに動画をアップロードしたユーザーが指定可能で、動画の長さにもよるが、数分で字幕を自動で付与する。Googleが携帯電話向けに提供している音声検索技術をベースとしながら、動画からの抽出のための特別な処理も行なっているという。

 YouTubeで字幕が用意されている動画については、プレーヤー右下の[CC]アイコンから字幕選択が可能になっている。動画をアップロードしたユーザーが、このCCアイコンをクリックすると、新たに、[音声を文字に変換」という項目が現れ、ここで字幕生成のON/OFF設定が行なえる。

音声文字変換中の表示 ニュース番組から字幕を自動生成/表示 字幕位置を変更できる
字幕自動同期機能を日本語対応 テキストデータをアップロードするだけで自動で同期

 また、YouTubeでは、3月中旬から字幕と動画の自動同期機能を提供開始している。従来から「キャプションエディター」と呼ばれる字幕の作成/編集ツールを提供していたが、この場合動画の再生時間にあわせて、字幕の開始/終了タイミングを逐一設定する必要があった。自動同期が可能になったことで、手間を大幅に省くことができる。

 字幕の編集にも対応し、誤認識や誤表記などの修正を反映することもできる。また、再生時の字幕のサイズ変更やフォント変更も可能となっている。

 字幕の自動作成が行なえる動画は、「はっきりと日本語を話しているもの。周辺ノイズなどが多いと認識できない(YouTubeプロダクトマネージャーのブラッド・エリス氏)」という。デモでは、テレビ朝日のニュース番組を利用したが、“37度”の“度”が違う文字になるなど、いくつかの誤認識、誤表記はあったものの、十分に内容を把握できる精度で認識されていた。

 字幕の検索も可能なほか、任意の字幕を選択することで、動画の字幕に該当する部分を頭出しできるなど、利便性向上も図れるという。


字幕を表示 字幕をダウンロードして編集 字幕を自動付与した後に翻訳も可能
YouTubeプロダクトマネージャーのブラッド・エリス氏

 Googleでは、YouTubeの自動字幕付与機能をアクセシビリティの向上や言語の壁を超え、広く情報発信するためのものとして提案している。

 東日本大震災以降、Googleで災害情報を扱う「Google Crisis Response」の中心的人物として活動し、7月にYouTubeプロダクトマネージャーに就任したブラッド・エリス氏は、字幕により、耳の不自由な人でも情報を入手できることや、自動翻訳との組み合わせによる多言語対応が可能になることを紹介。例として、震災後に南相馬市の桜井市長がYouTubeを使って被災した同市の状況を世界に発信し、広く関心と共感を集めた事例を紹介。この事例でも、“英語字幕”が付いていたことが、世界中に情報が広がった大きな要因という。

 また、字幕の自動付与に自動翻訳を組み合わせることで、より多くの視聴者に情報提供が可能になる。50以上の言語の自動翻訳が活用できる。さらに、字幕検索によりスピーチや会話の内容で動画検索が可能になることや、耳が不自由な人でも動画の内容を楽しめるなど、多くの利点があるとする。エリス氏は、「これからも改善し、アクセシビリティの機能を高めていく。言語や障害の壁を越えて、多くの方にYouTubeを楽しんでいただけるようにしたい」と語った。

キャプション機能が解決する3つの課題 南相馬市の事例では、英語字幕により、世界中からの関心を呼んだ 英語版の自動キャプション機能利用状況

 YouTubeでニュースを配信している、TBS報道局デジタル編集部長の林氏は、字幕を積極的に活用する方針を説明。7月中旬から、ニュース原稿と映像ををそのままYouTubeで提供する。

 TBSでは、原稿をそのまま公開するため、自動生成機能は使わないが、「バリアフリー化が、情報発信においても欠かせなくなっている。震災のような国民の生命財産に関わる部分において、耳が不自由な方にも情報提供できる。また、『避難所でテレビ音声が出しにくい』、『オフィスで見ている』という人にも有用なサービスになると思う。字幕と動画のタイミングを合わせていただけると、テレビニュースとして完成した形で見ていただけるのではないか」と、YouTubeでの字幕付きニュース配信の意義を説明した。


TBS報道局の林氏 TBSニュースiのYouTube配信で、字幕表示

(2011年 7月 15日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]