◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

「ガンダムUC」BD第4巻は12月。11月12日先行発売

−上映劇場限定版を用意。ブライト・ノア登場


機動戦士ガンダムUC4
※ジャケットとは異なります
(c)創通・サンライズ

 バンダイビジュアルは、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の第4巻を2011年12月2日に発売する。価格はBD版が6,090円、DVD版が5,040円。なお、一般発売に先駆け、11月12日から劇場でのイベント上映も実施され、上映館内にてBD版の限定版も先行販売される。詳細は後述する。

 第4巻にはエピソード4「重力の井戸の底で」を収録しており、本編は約60分。特典映像は10分。特典映像内容はBD/DVD共通で、エピソード3までのダイジェストや、PV集などを収録予定。BDはBD-LIVEにも対応する。

 さらに、封入特典として16ページの特製ブックレットも同梱。ジャケットには新規描き下ろしイラストが使われる。また、初回特典としてカトキハジメ描き下ろしの特製スリーブが付属する。


  タイトル 仕様 音声 品番 価格
BD 機動戦士ガンダムUC 4 片面2層
本編約60分
特典約10分
16:9
1080p
MPEG-4 AVC
日本語字幕
英語字幕
仏語字幕
西語字幕
広東語字幕
北京語字幕
(1)ドルビーTrueHD 5.1ch
(2)ドルビーデジタルステレオ
※日本語、英語音声を収録
BCXA-0226 6,090円
DVD 機動戦士ガンダムUC 4 片面2層
本編約60分
特典約10分
16:9
(スクイーズ)
日本語字幕
英語字幕
(1)ドルビーデジタル5.1ch
(2)ドルビーデジタルステレオ
BCBA-3775 5,040円



■イベント上映・映像配信も実施

 BD/DVDの一般発売に先駆け、エピソード4でも、劇場でのイベント上映と映像配信が実施される。上映は11月12日(土)〜11月25日(金)の2週間限定で、全国12館で実施される。

  • 東京:新宿ピカデリー/TOHOシネマズ六本木ヒルズ
  • 神奈川:横浜ブルク13
  • 千葉:シネプレックス幕張
  • 埼玉:MOVIXさいたま
  • 栃木:MOVIX宇都宮
  • 大阪:大阪ステーションシティシネマ/なんばパークスシネマ
  • 京都:MOVIX京都
  • 愛知:ミッドランドスクエアシネマ
  • 福岡:福岡中洲大洋
  • 札幌:札幌シネマフロンティア

 上映期間中、館内でエピソード4の「劇場限定版Blu-ray」が先行販売される。これには、BD版にエピソード4のシナリオと生フィルムがセットになっているもので、限定12,000セットが用意される。価格は7,000円(一般販売のBDは6,090円)。限定版の詳細や購入方法は作品の公式サイトで告知予定。

 さらに、有料映像配信も11月12日より実施予定。配信に関する視聴方法・価格などの詳細も決定次第、公式サイトで告知するという。

 7月22日からは、エピソード3の配信プラットフォームが拡大。配信価格もSD画質が700円から400円、HD画質が1,000円から600円にそれぞれ値下げされている。詳細は公式サイトにて。



■エピソード4「重力の井戸の底で」

 「ラプラスの箱」を巡る争乱が地上に波及。連邦政府首都ダカールが戦禍に見舞われた。地球連邦政府の中心人物であるローナン・マーセナスは、“箱”の開放を阻止するため、ロンド・ベル隊司令ブライト・ノアに接触する。

 一方、地球へ降下したバナージは、“箱”への新たな情報を開示する場所、トリントン基地を目指す。だが、ジオン残党の怨念はMA シャンブロを駆るロニを殺戮へと駆り立ててしまうのだった……。

 エピソード4では舞台を地球に移し、超巨大モビルアーマー・シャンブロとのメカバトルアクションが展開。さらに、機動戦士ガンダムシリーズに登場した名キャラクター、ブライト・ノアが登場するのも注目ポイントとなっている。


(2011年 7月 22日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]