◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ニコ動、映画のVOD/生配信開始。会員は旧作50円〜

−ワーナー協力。ハリポタ最終章をBD発売と同時に


左がドワンゴの夏野剛取締役、右がワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション ジェネラルマネージャーの福田太一氏

 ドワンゴは14日、ニコニコ動画(原宿)の新サービスとして、映画の配信を開始した。公式動画配信「ニコニコチャンネル」内に映画カテゴリを新設し、14日の13時からVOD形式の配信を開始しているほか、ニコニコ生放送のシステムを使い、あらかじめ予定された時間に、他のユーザーと一緒に映画を鑑賞する「ニコニコ映画上映会」も実施する。

 ワーナーがコンテンツ事業者として協力しており、VODに「マトリックス」や「ロード・オブ・ザ・リング」など約100タイトルをラインナップ。生配信の「上映会」第1弾としては、11月15日の24時から、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」を配信。この作品は11月16日がBD/DVD発売であり、パッケージメディア発売と同じタイミングでの配信となる。

 いずれも有料のサービスで、ニコニコポイント(1ポイント=1円)で視聴チケットを購入する。VODは基本価格が新作400円、旧作300円で2日間視聴可能。視聴期限が無制限のエレクトリックセルスルー(EST)も1,000円を基本価格として用意。最新のコメントを取得するために、ESTでもダウンロード型ではなく、ストリーミング配信となる。なお、この価格はプレミアム会員/一般会員どちらも同じ。


配信イメージ。コメントは映像自体にかからないタイプとなる

 「ニコニコ映画上映会」は、プレミアム会員であれば新作100円、旧作50円で視聴可能。一般会員は新作400円、旧作300円。「プレミアム会員は月額525円であるため、2回(ニコニコ映画上映会を)観るならプレミアム会員の方がお得」(ドワンゴ)という。

 PCに加え、Android 2.2以上でFlash Playerがインストールされているスマートフォンなどでも視聴可能。他のOSにも順次対応していくという。


  プレミアム会員 一般会員
ニコニコ映画上映会
(決められた時間に配信開始)
(ストリーミング)
新作100円
旧作50円
新作400円
旧作300円
VOD
(視聴期限2日間)
(ストリーミング)
新作400円
旧作300円
(基本価格)
EST
(視聴期限無制限)
(ストリーミング)
1,000円
(基本価格)


■VOD配信

VOD配信は100作品ラインナップでスタート

 常時配信されるVODは、「ニコニコチャンネル」内の映画カテゴリで配信される。14日13時時点で100タイトル以上をラインナップしており、以下のようなタイトルが含まれている。

 VODページでは、運営おすすめ作品や、新着作品、カテゴリ別作品などの作品情報を提供。さらに、ニコニコ映画上映会の情報や、映画情報を扱うニコニコニュース、トレーラーの視聴なども可能になっている。


  • チャーリーとチョコレート工場
  • ダークナイト
  • インセプション
  • ロシアンルーレット
  • ハッピーフィート
  • 豆腐小僧
  • マトリックス
  • ロード・オブ・ザ・リング
  • オーシャンズ11


■ニコニコ映画上映会

 イベント的に実施される上映会は、あらかじめ決められた時間に配信し、他のユーザーと共に視聴するもの。現時点でタイムシフト予約機能は無いが、今後対応する予定だという。

 上映会が予定されている作品のラインナップは以下のとおり。

 

配信日 曜日 タイトル
11月15日
 24時〜
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
11月17日 メカニック
11月18日 モンスターズ/地球外生命体
11月19日 ハリー・ポッター 第1章〜第3章
11月20日 ハリー・ポッター 第4章〜第6章
11月22日 ロシアン・ルーレット
11月23日 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
11月26日 ハッピーフィート
11月27日 燃えよドラゴン
12月3日 コブラ
12月4日 イレイザー
12月8日 イマジン
12月10日 300 <スリーハンドレッド>
12月11日 オースティン・パワーズ:デラックス
12月17日 ラストサムライ
12月18日 マトリックス1〜3+アニマトリックス
12月24日 ポーラー・エクスプレス
12月25日 チャーリーとチョコレート工場
12月27日 ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を超える
12月30日 ロード・オブ・ザ・リング 1〜3
1月1日 ポリスアカデミー
1月2日 ポリスアカデミー2
1月3日 ポリスアカデミー3
1月10日 グリーン・ランタン
1月13日 13日の金曜日
1月14日 フルメタル・ジャケット
1月15日 豆腐小僧
1月21日 バットマン ビギンズ
1月22日 アイアン・ジャイアント
1月28日 セブン
1月29日 グーニーズ

 

 ニコニコ動画ならではの企画や、ユーザーを巻き込んだ企画も展開予定で、例えば人気生主(生配信の配信ユーザー)が実況する映画鑑賞会や、ユーザー主催の映画上映会なども検討されているという。なお、配信時のビットレートなどは通常のニコニコ生配信と同程度としている。



■「ニコ生」のVOD配信も検討

 14日に開催された記者発表会には、ドワンゴの夏野剛取締役と、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション ジェネラルマネージャーの福田太一氏が登壇した。

発表会の模様。司会(左)は政治ジャーナリストで映画評論家でもある角谷浩一氏が担当。「ハリー・ポッターは皆が観ている作品なので、このシーン、あの時の、ホラホラと言いたい事が沢山ある。それをコメントできるのが最高」(角谷氏)。夏野氏は「ハングオーバーシリーズを、お酒を呑みながらコメント付きで楽しみたい!」など、各作品についてのトークも盛り上がった

 夏野氏は今回のサービスについて、「上映会はレッドクリフや攻殻機動隊などで、プロモーション主体でこれまでも実施した事があるが、それを常にやっていこうというもの。コメントがつくと、動画がより楽しくなるのは御存知の通りだと思うが、それを突き詰め、ハリウッド映画もさらに面白く観られるのではないかと考えた。映画のDVDを買う人は、何回も観るし、観るたびに見方も変わる。また、誰と観たかも重要になる。そこに目をつけ、ニコニコ動画で映画そのものを観ちゃえという、人類史上例がない映画鑑賞スタイル」と説明。

 なお、コメントの表示方法は、「ニコニコチャンネルの一部で導入されている、映像の上に小さな文字でコメントが流れるタイプになる」(夏野氏)という。

 ワーナーの福田氏は、「ワーナーの本社も含め、以前からニコニコ動画には非常に注目していた。幹部が来日した際も、夏野さんにお時間をいただき、ニコニコ動画について説明していただいた。彼らもコメント付きの映像を観て、物凄く盛り上がっており、表示方法も含めて“これでOKだから行け!!”という話になった。そして、今回ニコニコ動画の新サービス展開ということで、最初のパートナーとしてまっさきに手を挙げさせていただいた」と、経緯を説明。

 さらに福田氏は、「サービスの開始が、ハリー・ポッター最終章のデジタル配信の開始日と重なったのは非常に光栄な事。今後も映画作品だけでなく、フリンジやスーパーナチュラル、ゴシップガールなど、テレビシリーズの作品も提供させていただき、皆さんに楽しんで頂きたいと思っている。このサービスが、映画のターニングポイント、起爆剤になればと考えており、ハリウッド映画と日本の若い世代の関係も構築していきたい」と、意気込みを語った。

 夏野氏も、「今後も様々なコンテンツ事業者とライセンス契約を結び、ラインナップを充実させたい。邦画も含め、逐次発表していけると思う。新しい映画の視聴スタイルを作り、映画市場を一緒に広げていきたい」とする。

 さらに夏野氏は、「現在、ニコ生で配信した番組が、(ライブラリとして残らず)どんどん消えていってしまうのは、いかがなものかとも思っている。権利上ダメなものはダメだけれども、OKなもの、残せるものは残して、有料などでもう一度見られるようにしていきたい」と、ニコニコ生放送のライブラリVOD配信実現にも意欲を見せた。



(2011年 11月 14日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]