◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ニコ動、2月にエコノミーモード時の画質を向上

−iPhone版の動画を30fps対応に。配信も手軽に


 ニワンゴは15日、「ニコニコ動画」において、4月29日に予定している大型アップデート「ニコニコ動画(ZERO)」に向けた情報や、新サービスの発表を行なった。4月に先駆け、エコノミーモードの画質向上や、iPhone版アプリの画質向上などが行なわれる。

 視聴関係のアップデートとして、混雑時に一般会員の動画視聴画質が低下する「エコノミーモード」の画質が向上する。実施は2月上旬を予定しており、同時に動画アップロード時のエンコードの順番待ち時間も解消。動画のアップロードをより快適に行なえるようになるという。

iPhoneアプリ「ニコニコ動画」をバージョン3.00

 さらに、1月15日にiPhoneアプリ「ニコニコ動画」をバージョン3.00にアップデート。従来1〜6fpsだったフレームレートを、最大30fpsに向上させ、滑らかな表示が可能になった。ただし、回線状況によって低下する場合がある。

 アップデート前は240×180ドットの解像度、モノラルだった音声が、アップデート後は320×240ドットのステレオ音声になる(元動画による)。さらに、ユーザーインターフェイスの刷新や、動画再生後の関連動画表示、ニコレポの確認機能、ニコニコニュースの閲覧機能、公開マイリストの再生対応、タグ検索での動画ID指定による表示などに対応している。なお、バージョン3.00から、iOS4.3以上が必須となり、不具合修正も行なわれている。


開発中の「ニコ生エンコーダー」画面

 また、ニコニコ生放送で高画質な映像を配信する際、従来は他のソフトを併用するなど、ユーザー側で工夫する必要があったが、2月上旬にリリースする予定の「ニコ生エンコーダー」を使うことで、簡単な操作で高画質なユーザー生放送が行なえるようになる。

 さらに、カメラのスイッチ機能やワイプ画面の表示、ローカルにある音声や映像の再生機能、Skype連携機能などの実装も予定しているという。




■ニコファーレも進化

 また、東京・六本木にあるニコファーレに、新システムの導入も予定。既に対応しているネット視聴者に向けたAR演出機能を強化し、MMD(3DCGムービー製作ツールMikuMikuDance)で作成したモーションデータを、ニコファーレのAR演出機能上で表示できるよう、今後対応していく予定。

 また、会場内に並べられたLEDディスプレイに、ネット上で視聴しているユーザーのサムネイル画像を並べて表示する「ネット観客システム」において、サムネイル画像に代わり3Dアバターを観客として表示できるようになり、視聴者は、番組を視聴しながらアバターを操作する事も可能になった。

 サービス開始当初は用意したアバター画像の中から選択するシステムだが、将来的にはユーザーがパーツを組み合わせることで、自分だけのオリジナル3Dアバターを作ることができるようになるという。3Dアバター機能は2月の対応が予定されている。

「新ユーザー観客システム」による3D アバター ニコファーレ壁面への3D アバター表示イメージ

(2012年 1月 16日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]