◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニーの新社長 兼 CEOに平井一夫氏が就任

−4月1日付。ストリンガー氏は取締役会議長に


2012 International CESで登壇する平井氏

 ソニーは1日、代表執行役 副社長の平井一夫氏が、4月1日付で社長 兼 CEOに就任すると発表した。現会長 兼 社長 CEOであるハワード・ストリンガー氏は、6月に取締役会議長に就任する。

 この人事は、ストリンガー氏より取締役会に提案され、決議されたという。ストリンガー氏は6月の定時株主総会まで代表執行役 会長職を継続。株主総会直後の取締役会の決議を経て、取締役会議長に選任される予定。平井氏は6月の定時株主総会において、取締役に選任予定となっている。

 また、4月1日付の役員人事では、執行役 副社長、プロフェッショナル・デバイス&ソリューション事業担当の吉岡浩氏が、執行役 副社長、メディカル事業及びイノベーション推進担当に就任。業務執行役員 EVP、プロフェッショナル・デバイス&ソリューショングループ デピュティプレジデント、半導体事業本部長の斎藤端氏が、業務執行役員 EVP、チーフ・ストラテジー・オフィサー(CSO)に就任する事も発表されている。


2012 International CESで登壇するハワード・ストリンガーCEO

 ストリンガー氏は今回の人事について、「2009年2月に次世代のリーダーたちをマネジメントチームに指名した頃より、取締役会と私の後任についての議論を始めた。複数のリーダーたちの中でも平井は、特にプレイステーションビジネスとネットワークエンタテインメントビジネス領域で大きな実績をあげ、これからのソニーの経営をリードしていくのに相応しい人物であるということを実証してきた。グローバルな視座を持つ経営者であり、テクノロジーやクラウド、コンテンツやデジタルの領域にも精通している」と評価。

 そして、「平井の意志の強さと統率力は、これからのソニーおよびソニーのお客様に大いに資するものであると考えている。平井を中心とする経営体制が着実に軌道にのり、成功するよう、しっかりとサポートしていく」とコメント。

 平井氏は「ハワード及び取締役会からの信頼に感謝すると同時に、ソニーグループの全てのメンバーとこれまで以上に密に手を携え、お客様、株主の皆様、ビジネスパートナーの皆様、そして従業員のために、強いソニーを創り上げていかなくてはならない」とコメント。

 その上で、「まず着手すべき重点課題」として、「エレクトロニクスビジネスを支えるデジタルイメージング、ゲーム、そしてスマートモバイルの各領域の強化、テレビビジネスの立て直し、そしてイノベーションの加速と新規事業の創出を掲げ、これを実行していく」と説明。「世界中のお客様に新しく楽しい体験をお届けするための土台づくりは既にしっかりと行なってきており、これからは新経営陣一丸となって、その体験をいち早くお届けできるよう、まい進する」としている。


(2012年 2月 1日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]