◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

オリオスペック、オーディオ用静音PC「canarino2」

−ファンレス仕様でSSD。高級ケーブルも採用


静音パソコン「canarino2」

 オリオスペックは、音楽再生に最適という静音パソコン「canarino2(カナリーノツー)」を2月20日に発売する。販売は、東京・南青山のオーディオショップ・ARISTOCRATで行なう。受注生産となっており、仕様はカスタマイズ可能。標準仕様での価格は522,900円から。SSDの追加や高級ケーブルなどを使った特別仕様では732,900円となる。

 canarinoシリーズの第2弾モデル。音質向上を最優先にしており、「音に悪影響を与える不要なパーツは極力排除し、高音質再生を実現するPCトランスポート」がコンセプトだという。

 ケースはOrigen AE Technologyの「S14V」を改造したもので、ファンレスになっており、リアパネルもオリジナルファンレス仕様のパネルに交換。天板も完全ファンレス化に伴い、エア抜き用スリット追加パネルに交換されている。

 また、フロントのVFDパネルを無くし、新規にスリット入りアルミパネルに交換。HDD ベイはスチール製のものを使っている。光学ドライブベイは省き、インシュレータもCLEARLIGHT AUDIOの「RDC-4」に交換している。

 マザーボードはASUS「E45M1-M PRO」をファンレス改造したもの。CPUはAMD E-450 APU 1.6GHz Dual Coreを採用。メモリは4GB(最大8GB)。起動用SSDとして、Intel製の120GB MLCを採用。容量変更や全5台までの増設も可能。これを、SOtMのSATA noise filterと、 ハイグレードなSATAケーブルで接続している。

 なお、前述の特別モデルでは、標準の120GB SSDに加え、600GB SSDを搭載するほか、最高級SATAケーブルが使用される。

 サウンド面では、最大24bit/192kHz、AES/EBUで16chの入出力が可能なLynx製「AES16e」を採用。ASIO2.0、WASAPI排他モードに対応。「Lynx L22」に変更する事や、サウンドカードを省く事もできる。

 リアポートには光デジタル出力やHDMI出力、Gigabit Ethernetなどの端子を装備。光学ドライブは標準では省かれているが、オプションで搭載する事も可能。PCの電源は12V 単一出力電源(最大192W)で、160W DC-DCコンバータを組み合わせている。外形寸法は435×390×155mm(幅×奥行き×高さ)。


リアパネル PC内部

 OSはWindows7 Professional 64bit DSP版をプリインストールしており、音質向上用のチューニングも実施されている。また、再生ソフトとしてHQPlayer Desktop 30日間試用版もプリインストールする。

 オリオスペックでは年間60台の販売を目標としている。また、今後もcanarinoシリーズとして、「canarino3」以降のモデルや、ネットワークオーディオ用としてのリッピングミュージックサーバー機も、開発・販売していくとしている。


(2012年 2月 13日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]