◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

バッファロー、全録レコーダ「DVR-Z8」の仕様変更

−録画レート見直しやバックアップ方法変更など


全録レコーダ「DVR-Z8」

 バッファローは、3月上旬の発売を予定している全録レコーダ「DVR-Z8」について、一部仕様の変更を発表した。

 主な変更は3点。1つ目は全録機能で選択できる録画ビットレートで、製品発表時にアナウンスされていた高画質設定は約8Mbpsだったが、これを約6Mbpsに変更した。全録動作、および予約録画動作の安定化のためで、可変ビットレートとなっており、平均6Mbps〜最大約8Mbpsとなる。

 なお、レートが下がった事で、高画質設定時における全録可能期間が長くなる。詳細は下表の通り。なお、その他のモードのレート(標準画質:約4Mbps、低画質:約2Mbps)に変更は無い。

録画ch数 低画質
約2Mbps
標準画質
約4Mbps
変更前
高画質
約8Mbps
  変更後
高画質
約6Mbps
8ch 8日 4日 2日 2.7日
7ch 9日 4.5日 2.2日 3日
6ch 10日 5日 2.6日 3.6日
5ch 12日 6日 3日 4.3日
4ch 16日 8日 4日 5.4日
3ch 21日 10日 5日 7日
2ch 32日 16日 8日 11日
1ch 64日 32日 16日 21日

 また、全録したデータのバックアップ方法を変更。全録した全ての番組を、USB接続した外付けHDDにバックアップする「まるっと全録バックアップ機能」が用意されていたが、バックアップに膨大な時間がかかる事が想定されるため、ユーザーが最大100番組まで任意に選択し、外付けHDDに一括ダビング(バックアップ)する仕様になった。

 操作性も改善。全録した番組を番組表から選択・再生する際、開発段階では番組の詳細情報が一度表示され、そこから再生するという流れだったが、番組を選んで「再生ボタン」を押すだけで、すぐに再生がスタートする仕様になった。ただし、番組を選んだ後で「決定ボタン」を押すと、番組の詳細が表示され、そこから再生をするという使い方もできる。

 「DVR-Z8」は、2TBのHDDを内蔵したレコーダ。愛称は「ゼン録」。2TBの内、約1.7TBを常時録画用に使用。チューナは地デジ×8chで、最高で8ch/8日間の常時録画が可能(低画質モード時)。常時録画とは別に予約録画も可能で、約300GBの「内蔵ムーブ領域」に保存される。BDなどの光学ドライブは非搭載。

 発表当初は2011年12月中旬の発売を予定していたが、同年12月14日に「製品開発の遅れ」を理由に3月上旬に発売が延期されている。


(2012年 2月 17日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]