◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

au、Tegra 3の「ARROWS Z」などAndroid 4.0スマホ5機種

−WiMAX 3機種など。新STBの「Smart TV Box」も予告


発表された新モデル

 auは15日、Android搭載スマートフォン5機種などの新端末を発表した。NVIDIA Tegra 3搭載でDTCP-IP対応の「ARROWS Z」と、「AQUOS PHONE」3機種、有機EL搭載「URBANO PROGRESSO」をラインナップし、5月下旬以降に順次発売する。

 OSは5機種ともAndroid 4.0で、防水/防塵仕様。ワンセグや赤外線通信、FeliCa(おサイフケータイ)にも対応する。また、「ARROWS Z」と「AQUOS PHONE SERIE」、「URBANO PROGRESSO」の3モデルはWiMAXを搭載し、これらはテザリングにも対応する。

 さらに、東芝製の10.1型「レグザタブレット AT500/26F」のau専用モデルもラインナップ。3Gは搭載しないが、「auスマートパス」や「au Wi-Fi SPOT」、写真共有などau IDを使ったサービスが利用できる。

 

ゲストとして登場した赤坂泰彦さん、剛力彩芽さん、伊勢谷友介さん
 15日に行なわれた発表会では、新端末以外に動画/音楽配信の新サービスも発表。マルチデバイス対応で見放題の「ビデオパス」は、5月15日から開始。チャンネルから流れてくる音楽をスマートフォンで聴く「うたパス」というサービスは6月中旬より開始する。料金は、「ビデオパス」が月額590円、「うたパス」が月額315円。新サービスの詳細は別記事でお伝えする。また、発表会にはゲストとしてCMキャラクターの伊勢谷友介さんと剛力彩芽さん、赤坂泰彦さんも来場した。

 


製品名
型番
メーカー
ディスプレイ WiMAX DLNA
DTCP-IP
その他特徴
ARROWS Z
ISW13F
富士通
4.6型
1,280×720ドット
液晶
Tegra 3
MHL
AQUOS PHONE SERIE
ISW16SH
シャープ
4.6型
1,280×720ドット
CGシリコン液晶
NFC/FeliCa両対応
MHL
AQUOS PHONE SL
IS15SH
シャープ
3.7型
960×540ドット
液晶
- スライド型
テンキー
AQUOS PHONE CL
IS17SH
シャープ
4.2型
960×540ドット
液晶
- 2.1型サブ液晶
URBANO PROGRESSO
京セラ
4型
720×480ドット
有機EL
- 金属調塗装
レグザタブレット
AT500/26F
東芝
10.1型
1,280×720ドット
IPS液晶
-
(東芝製レコーダ利用)
Tegra 3


■ ARROWS Z

ARROWS Z ISW13F

 4.6型液晶搭載モデルで、クアッドコアCPUのNVIDIA「Tegra 3」を搭載し、処理能力を向上。対応レコーダで録画した番組をDLNA/DTCP-IPで視聴できるほか、MHLにも対応し、撮影した動画などをHDMI搭載テレビに出力できる。指紋センサーも搭載。

 メインカメラには1,310万画素の裏面照射CMOS「Exmor R for mobile」を搭載。画像処理エンジンの「Milbeaut Mobile」も備える。外形寸法は約135×67×10.6mm(縦×横×厚さ)、重量は約145g。カラーはグロッシーレッドとマットブラックの2色。




■ AQUOS PHONE 3機種など

AQUOS PHONE SERIE ISW16SH

 AQUOS PHONEは3機種ともDLNA/DTCP-IPに対応し、レコーダなどで録画した番組を無線LAN経由で再生可能。AQUOS PHONE SERIE ISW16SHは、透過率を高めたCGシリコン液晶パネルを搭載。「SVエンジン3」により、実物に近い色を表現できるという。屋外など、周囲の環境に合わせた画質調整機能も備える。4.6型液晶ながら、本体幅66mmという狭額縁デザインを採用している。

 ISW16SHは世界初というNFC/FeliCaの両対応も実現。おサイフケータイとして普及しているFeliCaだけでなく、NFC対応機器同士をかざしてデータ転送できる「Androidビーム」なども利用できる。MHLにも対応。メインカメラは1,211万画素の裏面照射CMOSを搭載。CPUは1.5GHz/デュアルコア。画面消灯時などにアプリを制御して電池の持続時間を延ばせる「エコ技」を搭載する。内蔵フラッシュメモリ容量は16GB。外形寸法は約126×66×11.2mm(縦×横×厚さ)、重量は約136g。カラーはホワイトのみ。

 AQUOS PHONE SL IS15SHは3.7型液晶とハードウェアテンキーを搭載したスライド型ストレート端末。横幅は58mm。メインカメラは804万画素CMOS。省電力機能の「エコ技」も搭載する。CPUは1.4GHz/シングルコア。内蔵フラッシュメモリ容量は4GB。外形寸法は約121×58×14.8mm(縦×横×厚さ)。カラーはカシスピンク、ミントブルー、ダリアブラックの3色。

 AQUOS PHONE CL SI17SHは、4.2型液晶に加え2.1型のメモリ液晶をサブディスプレイとして搭載。メイン液晶消灯時にも時計などをメモリ液晶に表示できる。「エコ技」も搭載する。CPUは1.4GHz/シングルコア。内蔵フラッシュメモリ容量は8GB。外形寸法は約132×65×8.9mm(縦×横×厚さ)。重量は約132g。カラーはダークネイビー、ピュアホワイト、コーラルピンクの3色。

 京セラ製の「URBANO PROGRESSO」は、4型有機ELを搭載。金属調の塗装や、高級感を持たせたキーなどデザイン性の高さが特徴。騒音の中でも音声を聞き取りやすいというスマートシニックレシーバーも搭載する。メインカメラは808万画素CMOS。CPUは1.4GHz/シングルコア。内蔵フラッシュメモリは4GB。外形寸法は約125×64×10.8o(縦×横×厚さ)、重量は約139g。カラーはオレンジ、シルバー、ピンクの3色。

AQUOS PHONE SL IS15SH AQUOS PHONE CL IS17SH URBANO PROGRESSO


■ レグザタブレット「AT500」のau専用モデル

レグザタブレット「AT500/26F」

 「AT500/26F」は、NVIDIA Tegra 3を搭載した東芝製のAndroid 4.0タブレット。3G通信やWiMAXは搭載しないが、「au ID」で使えるサービスが利用可能なことが特徴で、アプリ取り放題などの「auスマートパス」や、オンライン写真共有の「Photo Album(au cloud)」などが利用できる。なお、14日に東芝から発表されたAT500シリーズはメモリ容量64GBと32GBのモデルを用意しているが、auモデルはそれらより少ない16GB。

 東芝の「レグザAppsコネクト」を使って対応レコーダ/テレビと連携でき、録画番組や放送中の番組を無線LAN経由で視聴できる。ディスプレイは10.1型/1,280×800ドットのIPS液晶。高画質化技術のレゾリューションプラスも搭載する。メインカメラは500万画素。外形寸法は約178.9×260.6×9mm(縦×横×厚さ)、重量は約599g。


 

au IDのサービスが利用可能 レグザAppsコネクトを使った、テレビ/レコーダ連携といった機能も利用できる 背面

 



■ 新STB「Smart TV BOX」を夏にトライアル開始

 発表会は、新サービスの「ビデオパス」と「うたパス」に重点を置いた内容となった。なお、各サービスの詳細については別記事で掲載している。

 

KDDIの田中孝司社長
 これらの新サービス開始に至った経緯については、KDDIの田中孝司社長が1月時点の「スマートパス構想」の発表を振り返りながら説明。この構想では、第1弾としてアプリ取り放題などの「auスマートパス」サービスを開始したが、第2弾として、端末やネットワークを問わずにコンテンツを利用できる「マルチデバイス化」を予告していた。

 その“コンテンツ”について田中氏は「auでは“音楽”と“映画”にターゲットを絞り、エンターテインメントの視聴スタイルを変えたい」と述べた。同社調査によれば、現在の音楽や映画の楽しみ方について「レンタルショップに行くのが面倒」、「レンタルだと結局何枚も借りてお金がかかる」、「いま流行っている曲を知りたい」、「曲名を思い出せない」、「自分で編集した楽曲リストをみんなに聞かせたい」、「レンタルで貸し出し中だとがっかりする」、「返すのが面倒」、「気に入った映画は何度も見たい」、「ネット定額サービスは登録するのが面倒」といった不満やニーズが挙げられ、これらを踏まえた上で新サービスを計画したという。

 サービスの具体的な内容は、執行役員専務 新規事業統括本部長の高橋誠氏が説明。「スマートフォンならではの映像と音楽をどうやって楽しむかが大きなテーマ。これまでは、DVDが発売された後、3〜4カ月してから配信されるということもあったが、ビデオパスではコンテンツプロバイダとの協力で、新作がすぐ観られるようになった」とした。

 他社の動画配信サービスも引き合いに出し「Hulu(月額980円)に比べて安い。見放題のラインナップが邦画にも強く、アニメも豊富。ドコモやソフトバンクのサービスもHuluより安いが、auのビデオパスでは見放題の他に、毎月1本の新作が借りられる。これを差し引くと有利な料金」とした。

 また、「うたパス」については、「海外のPandraに似たサービス」と説明。「忙しい人は、なかなか自分の好きな曲を探すというのが難しいと思うが、ソーシャルフォローによって、いろんな曲と出会える。人の数だけチャンネルは無限大」とアピールした。

 

高橋誠専務 他社の動画配信との比較 ビデオと音楽のサービスで、スマートパスの脇をめる形となった。写真でもわかる通り、その両脇にも何かが予定されていることも示唆した

 「スマートパス構想」の今後については、田中氏が「新しいテレビ生活を提案する」と予告。テレビに接続してビデオパスやうたパス、YouTube、ゲームなどが大画面で楽しめるSTB「Smart TV Box」を使ったサービスを、今夏にトライアルで開始することを明かした。

 

今夏のトライアルを予定する「Smart TV Box」 Smart TV Boxの紹介ビデオ。シンプルなUIを採用 ビデオパスやうたパス、YouTubeなどが利用できる

 

赤坂さん、剛力さん、伊勢谷さんと田中社長
 発表会には、ゲストとして剛力彩芽さんと伊勢谷友介さん、赤坂泰彦さんが来場。「赤坂さんが友人の伊勢谷さんと剛力さんを連れて、KDDIの高橋専務の家を訪ねる」という設定で、デモを交えつつ新サービスの特徴や、使った感想などをゲストが語った。

 最近、スマートフォン動画にハマっているという伊勢谷友介さんは、手元のスマートフォンでビデオパス配信作品の「マトリックス レボリューションズ」を再生。斬新な映像表現を観ながら「これは参考になります」と、映画監督としても活動する伊勢谷さんならではの視点でコメント。高橋氏がスマートフォンからテレビにつないで、大画面で再生できることなども説明すると、「スマートフォンではいろんな世界が広がっていて、期待と共にワクワクしています」と話した。

 普段は、家の中で家族と一緒にいることも多く、映画では恋愛作品をよく見るという剛力さん。ビデオパスについて「レンタルに行くと、借りたいものが無い場合もあるからうれしい」と語った。


 

“高橋専務の家”(実際はセット)にゲストらが招かれ、ビデオパスのサービスを体験した

 


(2012年 5月 15日)

[ AV Watch編集部 中林暁]