◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

オンキヨー、FLAC/Apple Lossless/DSD対応のCDレシーバ

−ネットワーク再生/スマホ連携。スピーカー3機種も


CR-N755とD-112EXTの組み合わせ

 オンキヨーは、コンパクトなオーディオシステム「MusicBarista」(ミュージックバリスタ)のCDレシーバとブックシェルフスピーカーを、8月中旬より順次発売する。

 「CRシリーズ」の新モデルで、CDレシーバを2種類、スピーカーを3種類ラインナップし、ユーザーそれぞれが自分に合った組み合わせで好きな音楽を楽しむことを提案。コーヒー好きな人が自分好みの豆や飲み方を楽しむことと同様にとらえ「MusicBarista」という名前が付けられている。

 CDレシーバは、ネットワーク再生機能を搭載した「CR-N755」と、ネットワーク再生非対応の「CR-555」を用意。発売時期と価格は、CR-N755が9月末発売で59,850円、CR-555が8月中旬発売で48,300円。CR-N755のカラーはシルバー(S)とブラック(B)を用意。CR-555はシルバーのみ。

 スピーカーは3製品。価格と発売時期は、ベーシックなモデルの「D-55EX(D)」と、低域と量感の豊かな再生を追求した「D-055(B)」が8月中旬発売で、27,720円(ペア)。上位モデルの「D-112EXT(D)」が9月上旬発売で、ペア48,300円。

製品 型番 発売時期 価格
ネットワーク対応
CDレシーバ
CR-N755 9月末 59,850円
CDレシーバ CR-555 8月中旬 48,300円
2ウェイブックシェルフ
スピーカー
D-55EX 8月中旬 27,720円(ペア)
D-055
D-112EXT 9月上旬 48,300円(ペア)

 

ネットワーク対応モデルのCR-N755 CR-N755とD-055 CR-555とD-55EX

 なお、音楽配信サービスの「e-onkyo music」では、今夏よりイーグルスやシカゴ、エリック・クラプトン、マイルス・デイヴィスといったワーナー・ミュージックの洋楽ポップス、ロック、ジャズのカタログ作品を配信開始することも発表。最高24bit/192kHzのFLACで配信され、ダウンロードした楽曲は「CR-N755」や同社AVアンプなどで再生できる。なお、e-onkyoの配信に関する詳細は、別記事で掲載する。



■ CDレシーバ「CR-N755」、「CR-555」

CR-N755のブラック

 CDプレーヤーとFM/AMチューナ、定格22W×2ch出力のアンプを搭載した小型オーディオシステム。上位モデルの「CR-N755」は、ネットワークオーディオ再生に対応したことが特徴で、PCやNAS(LAN HDD)に保存した楽曲をLAN経由で再生可能。WAVやFLAC、Apple Lossless(ALAC)の再生に対応するほか、DSDもWAVに変換して再生できる。オプションの無線LANアダプタ「UWF-1」も接続可能。

 N755は、スマートフォンアプリの「Onkyo Remote」にも対応。Android用アプリを使えば、スマートフォン内の音楽をCR-N755で再生することも可能。オプションのBluetoothアダプタ「UBT-1」を追加すればiPhoneの音楽も再生できる。なお、AirPlayには対応しない。


CR-555

 両機種共通の特徴として、同社の高級アンプにも採用されている3段インバーテッドダーリントン回路によるディスクリートアンプをコンパクトな筐体に搭載。スピーカーのドライブ力を高めている。電源トランスは、薄型に設計されたEI型トランスを採用する。電解コンデンサは大容量タイプを採用。N755には、同社の高級プリアンプ「P-3000R」と同クラスのハイグレードタイプを使用している。筐体は1.2mm厚のスチール板を使用し、振動の発生を抑制している。

 USBでiPhone/iPodとデジタル接続が行なえ、CR-N755/555のDACとアンプを使ってより高音質に再生可能。USBメモリに収めた楽曲ファイルも再生できる。なお、USBメモリの再生対応ファイルは両機種で異なり、CR-N755は前述のFLACやWAV、Apple Lossless、MP3、WMA、DSD(WAVに変換)などが再生できるが、CR-555はMP3とWMAのみ。

 音声入力端子は両機種共通で、光/同軸デジタル各1系統と、アナログ(RCA 2ch)3系統。音声出力はアナログ(RCA 2h)1系統とサブウーファプリアウト1系統。USB端子はCR-N755が2系統(1系統は前面)、CR-555が1系統。スピーカー出力端子はそれぞれ2系統で、N755の端子は金メッキ仕上げ。両機種ともヘッドフォン出力を備える。外形寸法は215×331×119mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.8kgで共通。

CR-N755の内部構造 CR-N755のコンデンサなど CR-N755のEIトランス
CR-N755の背面 CR-555の背面 CR-N755のリモコン CR-555のリモコン


■ スピーカー「D-55EX」、「D-112EXT」、「D-055」

上位モデルの「D-112EXT」

 スタンダードモデルの「D-55EX」と、上位モデルの「D-112EXT」は、リング型振動板やスリット型の前面バスレフダクトを採用するなど、従来シリーズの技術を活かした高音質化を追求したモデル。一方、低音と量感豊かな再生を目的とした「D-055」は、ソフトドーム型ツイータや、背面バスレフダクトを採用。上記2モデルとは異なる個性の製品に仕上げられている。

 上位モデルD-112EXTのみの特徴として、アコースティックギターを同様の手法で響きをコントロールするという力木(ちからぎ)を採用。ツイータ部にはドイツWIMA製のフィルムコンデンサを使用している。また、側板は天然木の質感を活かしたリアルウッド突き板仕上げを採用している。

 スピーカーユニットは、D-55EXとD-112EXTが3cm径リング型ツイータと10cm径の自社開発「N-OMF」コーンウーファで構成。D-055は、2.5cm径ソフトドームツイータと、12cm径N-OMFコーンウーファを採用している。

D-112EXTは「力木」構造やWIMA製のフィルムコンデンサなどで高音質化 スタンダードモデルの「D-55EX」 低域と量感を強化した「D-055」

 

型番 D-55EX D-112EXT D-055
型式 2ウェイバスレフ型
ユニット 3cm径リングツイータ
10cm径N-OMFコーンウーファ
3cm径ソフトドームツイータ
12cm径N-OMFコーンウーファ
周波数特性 60Hz〜100kHz 55Hz〜35kHz
クロスオーバー周波数 2.5kHz
感度 83.5dB/W/m 84dB/W/m 83dB/W/m
インピーダンス
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
148×256×264mm 162×271×267mm 154×258×245mm
重量 3.6kg 4.8kg 3.6kg


(2012年 7月 27日)

[ AV Watch編集部 中林暁]