◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、新しい「マップ」の品質問題でティム・クックCEOが謝罪


新しい「マップ」

 アップルは28日(米国時間)、iOS 6で新たに採用した「Maps」(マップ)の品質に利用者から不満が出ていた問題について、ティム・クックCEOによる謝罪のコメントを発表した。

 ティム・クックCEOは「我々は、世界最高の製品、最高の体験を消費者に提供したいと努めてきた。先週新しいマップの立ちあげたが、多くの人にフラストレーションを感じさせる原因となり、大変申し訳無い。我々はマップをよりよいものにすべく、できること全てに取り組んでいく。すでに一億以上のiOSデバイスで、新しいマップが利用されており、日を追うごとに増えている。多くの人が利用することで改善されており、フィードバックに感謝している」とコメント。

 また、「マップの改善に取り組んでいるが、その間はApp Storeから、Bing、MapQuest、Wazeなどのアプリをダウンロードしたり、GoogleやNokia mapsをWebアプリとしてホームスクリーンに登録して欲しい。我々の目標は世界最高の製品を作ることで、それがアップルに期待されていること。高い規準でその期待に答えられるよう、マップの改善に取り組んでいく」としている。

 iOS 5まではGoogle マップをベースとした「マップ」アプリが提供されてきた。iOS 6の新「マップ」は、アップルがデザインし、ルート案内機能や航空写真、3D表示に対応するなど多くの新機能を盛り込んだが、データに多くの誤りがあるなどで、ユーザーからの不満を集めていた。


(2012年 9月 28日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]