◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

niconico、エヴァTV版無料配信。ヱヴァMODEも搭載

新バージョンは「niconico動画:Q」。超会議2情報も


「ヱヴァンゲリオン新劇場版 Q」とコラボ
新バージョン「Q」も発表された

 niconicoは17日、動画サービスniconicoの新バージョン「Q」を発表した。17日から既に提供されており、動作の軽量化や、スマートフォン向けアプリとの連携など、細かな改良が行なわれている。

 また、11月17日土曜日から公開予定のアニメ「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」とのコラボレーションも発表。ユーザーが“ヱヴァンゲリオンMODE”を選ぶと、動画の再生画面などが、エヴァ風のデザインになるほか、削除動画の音声が葛城ミサト(CV三石琴乃)、に、時報を伊吹マヤ(CV長沢美樹)が読み上げるなど、音声面もエヴァ仕様に変化。さらに、TVアニメ版の生配信なども発表された。




■niconicoの新バージョン「Q」

新バージョン「Q」のロゴマーク

 niconicoは、新UIなどを盛り込んだ大規模バージョンアップ「Zero」を今年の5月に実施したばかりだが、早くも新バージョンのリリースとなる。「Q」の特徴は、ユーザーから不満が寄せられていた部分もある「Zero」を使いやすく改良した事で、大幅な刷新ではなく、「Zero=0に毛が生えたようなもの」(夏野剛ドワンゴ取締役)だという。そのため、“0に毛を一本加えたQ”というネーミングになっており、これは「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」とも絡められている。

 なお、これまで「Zero」に馴染めないユーザー向けに用意されていた「原宿バージョン」の表示機能は「Q」でも維持されており、「Q」と「原宿」をいつでも切り替える事ができる。

 新しい「ニコニコ動画:Q」では、視聴ページが従来の「ZeroWatch」から「Qwatch」に変更。軽量化し、動作スピード向上させたほか、ブラウザの視聴環境に合わせ、任意で画面サイズを大画面/中画面から選択できるようになった。コメント入力欄が動画の下部に移動するなど、UIのデザインも改良されている。

 また、PCのブラウザやスマートフォンなど、視聴する端末にとらわれず、ニコニコ動画の視聴履歴がアカウントで共通化された。これにより、PCで見た動画の履歴をスマートフォンからチェックする事も可能になる。

 「ニコニコ生放送:Q」では、トップページのデザインをリニューアル。番組アイコンを放送時期(放送中、放送予定、放送終了)別に表示することで、より生放送番組を探しやすいデザインに刷新している。ユーザーがタイムシフト予約・視聴した番組をリアルタイムで通知する機能も設けられている。


「ニコニコ動画:Q」のイメージ 「ニコニコ生放送:Q」のトップページ
番組表もリニューアルされた

 さらに、番組表をリニューアル。これまでは、8日間単位でランダムに番組が表示されていたが、月ごとのカレンダー表示に対応。日付をクリックすると、その日の番組一覧が拡大表示され、おすすめの番組が探しやすくなったという。

 また、ニコニコ生放送のサイト内を表示していれば、画面上部にお知らせが表示される「リアルタイム通知BOX」を用意。お気に入り登録中のチャンネル・コミュニティで放送中の番組がリアルタイムで通知され、他の番組を見ていても、見逃す事が減るという。

 さらに、公式動画を配信する「ニコニコチャンネル」において、「特撮」カテゴリを新設。東映劇場公開の長編特撮作品などを多数配信していくという。




■「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」とコラボ

 前述の通り、エヴァンゲリヲンをイメージしたサイトデザイン「ヱヴァンゲリヲンMODE」が利用できるほか、特設サイトにおいて、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の最新トレーラー映像をニコニコ動画で独占先行公開した。今後も、映画の公開を記念したニコニコ生放送やイベントを実施予定だという。

「ヱヴァンゲリヲンMODE」のniconicoトップページ ニコニコ動画のトップはこのようになる ニコニコ生放送のトップも「ヱヴァンゲリヲンMODE」に
最新とトレーラーもニコ動独占で先行公開 ニコファーレのコメント表示もエヴァ仕様に

 さらに、ニコニコ生放送でエヴァのテレビシリーズを放送。10月25日〜12月20日にかけて、毎週2〜3話ずつ、全26話を9週に渡って配信する。配信曜日は毎週木曜日の21時から。

 さらに、お正月にはテレビシリーズの一挙配信もニコ生で実施。1〜13話までを2013年1月1日17時〜23時30分に、14〜26話を1月2日の17時〜23時30分と、2日に分けて一挙配信する。

 また、日本テレビの「金曜ロードショー」において、新劇場版の「序」と「破」がテレビ放送される事に合わせ、ニコ生で実況を行ない、ファン同士で盛り上がろうという「裏実況」も予定されている。ただし、この裏実況ではテレビ映像は配信されない。

 また、各地のお祭りにniconicoが参加&中継し、お祭りを盛り上げる「ニコニコ町会議」に関連した展開として、身長2mのエヴァンゲリオン初号機が、ニコニコカーと共に全国キャラバンとして各地を巡り、その最終地点として「アジア最大級の建造物に、謎のエヴァ神社が建立する」という。具体的な場所は明らかにされなかったが、紹介動画の中で、東京スカイツリーと思われる映像が流された。

身長2mのエヴァンゲリオン初号機は、発表会場にも展示された

 さらに、コラボを記念したグッズも製作。ニコファーレで行なわれた発表会では、表が「新劇場版:Q」のロゴに、裏が「ニコニコ新バージョン:Q」のロゴになったポスターや、劇中に登場するネルフマークをベースにしたニコニコマークのステッカーや、マグカップなども紹介された。

左が夏野剛ドワンゴ取締役、右が川上量生ドワンゴ代表取締役会長 コラボグッズを紹介する夏野氏。登壇者は皆、エヴァのコスプレ姿だ


■電子書籍のニコニコ静画で有料コンテンツ配信

 電子書籍配信サービスのニコニコ静画では、集英社や講談社、小学館、角川グループなど、出版社124社と提携。10月24日から有料コンテンツの配信を開始する。コンテンツはコミックを中心に、ライトノベルや写真集など、約3万冊以上で、コンテンツ配信プラットフォームとしては日本最大級となる。

 また、iOS版アプリの「ニコニコ静画(電子書籍)」が、アプリ内課金に対応。AppStoreから「ニコ書券」と呼ばれるポイントを購入(500pt/1,000pt/2,000pt/3,000pt/5,200pt/8,500pot/1pt=1円)。そのポイントを使って書籍データを購入するもので、仮想通貨によるアプリ内課金とした事で、「各く出版社が抱えていた電子書籍アプリへのコンテンツ提供に関する課題が改善された」という。

 なお、「ニコニコ静画(電子書籍)」のアプリ自体は無料。Android版も検討しているという。

 さらに、niconicoでは、静止画や文字だけでなく、動画も活用でき、ブログやメルマガの要素も取り込んだ新しいサービスとして「ブロマガ」を実施しているが、10月24日の有料コンテンツ配信開始に合わせ、ニコニコ静画の書籍ビューワでブロマガ記事が閲覧できるようになる。

 今までは表示にEPUBデータが閲覧できるビューワが必要だったが、このアップデートにより、ニコニコチャンネルで購読しているブロマガ記事を、niconicoサイト上でシームレスに閲覧できる。



■ニコニコ超会議2の赤字額目標は「1億円以内」

ロゴマークもネット視聴者投票で4番に決定した

 発表会では、幕張メッセで4月27日、28日に開催予定の「ニコニコ超会議2」の新情報も発表。昨年は有料エリアと無料エリアが分かれていたが、今年は全ホールが有料エリア化。チケットの価格も、前売り1,500円、当日2,000円、2日間通し券2,500円と発表された。ネットチケットも用意される予定。

 全ホールが有料になったのは、前回の超会議が4億円を超える赤字を出したためだが、「有料と無料を分けるゲートが混雑した一因で、お金だけのためでもない」(川上量生ドワンゴ代表取締役会長)とのこと。イベントをサポートする企業スポンサーも決定しつつあるという。赤字額の想定について川上会長は、「昨年は1億以内に収めると言いながら4億7,000万になったが、今年こそは1億以下に収めるという言葉を守りたい」と笑った。

 また、超会議2のロゴマークを、オンライン視聴者からの投票で決定。詳細は未定だが、超会議2終了後には、来年も「ニコニコ超パーティー II」を開催する事も発表された。


(2012年 10月 17日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]