ニュース

東芝、クラウドサービス「TimeOn」でTVから家電を操作

REGZA Z8/J8でエアコンの操作などが可能に

TimeOnでの家電コンシェルジュ利用画面イメージ

 東芝は、REGZAクラウドサービス「TimeOn」の新機能として、テレビ画面上でスマート家電の使用状況確認や操作が行なえるサービス「家電コンシェルジュ」に11月上旬より対応する。対応機種は11月上旬発売の液晶テレビREGZA Z8/J8シリーズ。

 東芝ホームアプライアンスが提供する家電コンシェルジュサービスの機能を利用し、テレビ上で、宅内で連携するスマート家電の運転状況の一覧表示や、エアコン、LEDシーリングライトのオン/オフ切り替え操作などが可能。洗濯機の運転終了など家電の運転状況をポップアップで知らせたり、「あかり切換」でLEDシーリングライトのあかりを好みに合わせて切り換えることもできる。

 サービスを利用できるのは、家電コンシェルジュに対応する同社の冷蔵庫や洗濯機、エアコン、LEDシーリングライトで、冷蔵庫や洗濯機などでは、別売の「HAアダプタHNW-ADB1」(2013年11月発売予定)が必要。

 テレビでのサービス利用には別売のBluetooth USBアダプタが必要となるが、東芝ライテックが提供するホームITシステム「フェミニティ」を導入済みの場合は、TimeOnで「フェミニティ倶楽部 連携」が利用でき、Bluetooth USBアダプタが不要となる。フェミニティは、ネットワークでつないだ家庭内の家電機器(エアコン、照明、床暖房など)を携帯電話で遠隔操作したり、運転状態の確認が行なえる月額525円〜の有料会員けサービス。

(一條徹)